[保存版]2018年 時価総額が高い仮想通貨24個 (これから人気が出るかも)



[保存版]2018年 時価総額が高い仮想通貨24個 (これから人気が出るかも)

こんにちは!2018年になりましたね!今年もよろしくお願いします 🙂 

そんな新年はこれからさらに伸びてくるであろう仮想通貨のお話です! 僕はおかげさまで仮想通貨を利用して少しずつ収入が入ってくるようになりました~ もちろん僕のことなので仮想通貨自体から利益を上げているのではなくてアプリを開発してそこから利益を上げています! :) 何気なく作ったアプリがガンガンダウンロードされているのでそこから僕も仮想通貨に目をつけるようになりました!

そんな今回は現在時価総額が高い注目の仮想通貨を25個ご紹介しますね!

Bitcoin(ビットコイン)

まず仮想通貨と言えば誰もがビットコインを思い浮かべると思います。それほど多くの人が目をつけていて、それと同時に時価も上がっています。ビットコインは匿名の開発者によって2008年に作られました。その目的は「peer to peer cash system」と言って、支払い者から受取人までダイレクトにオンラインペイメントを行うことです。Bitcoinがデジタルキャッシュの他の試みと比較して異なったのは、二重支出を防ぐ「ブロックチェーン」システムを実装したことです。 信頼できる中央パーティを使用してすべてのトランザクションを検証する代わりに、Bitcoinはpeer to peerネットワークを通じて取引を検証します。
Bitcoinはすべての仮想通貨のトップでもあります。 Bitcoinは現在、時価総額が570億ドルを超えており、全体の価値の約45%を占めています。

ビットコインのニュースアプリ(英語)

無料でビットコインをゲットできるサイト 3選

Ethereum(イーサリアム)

Ethereumは2013年にVitalik Buterinによって作られました。Ethereumの主な約束は、開発者がBitcoinの上で簡単には動作しないように、あらゆる種類の分散アプリケーションと技術を構築することを可能にすることです。Ethereumのプラットフォームは、多くの企業が独自のEthereumベースのプロジェクトのために数十億ドルの資金調達することを可能にしました。 これはEthereumの価値をさらに高め、今年のBitcoinの時価総額の約半分に達すると言われています。

Ethereumのニュースアプリ(英語)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

Bitcoin Cashは登場してから数週間しかたっていませんが、すでに時価総額でトップ5に急成長しています。 これは、Bitcoin Cashが実際にBitcoin系列であり、Bitcoinのマイニング会社とBitcoinのマイニングチップ(ASIC)の製造業者によってサポートされているためです。Bitcoin Cashは、BitMainがBitcoinが最近実装したSegWitという機能が嫌いだったために作成されました。 Bitcoinのスケーラビリティ問題の解決策として、SegWitはより安い取引を可能にしました。

Ripple(リップル)

リップルは、「チャージバックなしで、あらゆる規模のセキュアで即時かつほぼ無料のグローバル金融取引」を可能にする決済ネットワークです。リップルは、他の仮想通貨とは大きく異なり、トランザクションのコンセンサスを確立するためにブロックチェーンを使用しません。 代わりに、Bitcoinネットワークよりも速くなる反復コンセンサスプロセスを使用しますが、攻撃にさらされる可能性もあります。

Rippleのニュースアプリ(英語)

無料でrippleをゲットできるサイト

Bitcoin Gold

Bitcoin GoldはBitcoinブロックチェーンの最近の系列で、Bitcoinマイニングを再び分散させることを主な目的としています。 Bitcoinは、最初にCPUを使用してマイニングされました。 ASICはコストが高く、ほとんどのコンピュータでは検出されないため、購入する余裕がある数人の大規模なマイニング運営者の手に集中しています。 これはBitcoinの今後の課題となる可能性があります。。

Litecoin

LitecoinはBitcoinのデジタル・ゴールドに「digital silver」を目指して創り出された最初の「altcoins」の1つでした。 LitecoinはBitcoinの系列でもありましたが、4倍の速さでブロックを生成し、最大4倍のコイン(8400万)を持っていました。SHA256を使用するBitcoinと比較して、「scrypt」と呼ばれる別のマイニングアルゴリズムも使用しています。 これはLitecoinにマイニングの分権化のメリットをもたらします。なぜならBitcoinではなくLitecoinを採掘するためにもGPUが必要で、最近はどのような種類の採掘報酬でもASICが必要になるからです。

Litecoinのニュースアプリ(英語)

Dash

Dashはより高速な取引(InstantSendテクノロジ)と匿名取引(PrivateSendテクノロジ)を提供するBitcoinのよりプライベートなバージョンです。 また、分散型のガバナンスも導入されており、分散型の自律的な組織となっています。Dashはそのネットワークに2層アーキテクチャを採用しています。 第1層はネットワークを保護し、トランザクションをブロックチェーンに書き込むマイナーで構成され、第2層は「マスターノード」で構成されます。マスターネットノードはダッシュトランザクションを中継し、InstantSendおよびPrivateSendタイプのトランザクションを有効にします。

Dashのニュースアプリ(英語)

IOTA

IOTAは、IOT(Internet of Things)をターゲットとし、ネットワークの計算ニーズを削減し、取引手数料を削減するためにブロックチェーンを使用しない暗号化技術です。IOTAの革新的な元帳技術は、「Tangle」と呼ばれ、取引の送信者は2つの取引を承認する作業証明を要求されます。 これにより、他の大部分の暗号化通信でトランザクションを検証するために必要な専用のマイナーが削除されます。 また、すべてのユーザーが本質的にネットワーク内の「ノード」になるため、システムをより分散化します。IOTAのもう一つの注目すべき点は、すべてのユーザーが他のトランザクションも検証する必要があるため、より多くのユーザーがトランザクションを実行する方が早くなることです。

IOTAのニュースアプリ(英語)

Ethereum Classic

Ethereum ClassicはEthereumのオリジナルバージョンです。 新しい “Ethereum”はこのオリジナルバージョンの系列です。 オリジナルのEthereumの上に構築された分散型の自治組織がハッキングされたときにEthereum ClassicとEthereumは分かれました。 この組織が呼び出された「The DAO」は、Ethereumの上に構築される将来の分散型アプリケーションのベンチャーキャピタルファンドとして機能しました。

Monero

Moneroは、オープンでプライバシーに焦点を当てた理想的で最も活動的なコミュニティとのプライベート取引対応の暗号化通貨の1つです。 多くの人は、特に最近のEuropolバストの後で、最もプライベートな暗号侵害と考えています。これは、追跡できなかった唯一の暗号化トランザクションがMoneroトランザクションであったためです。Moneroのプライバシーはリングシグネチャアルゴリズムによって保証されています。これは、コインがプロトコルレベルで「混合」されていることを意味します。Moneroの開発者によれば、取引は「追跡不能」になると言われています。

Moneroのニュースアプリ(英語)

NEO

以前は「Anthares」と呼ばれていたNEOは、米国や欧州で開発された他の仮想通貨グループとは異なり、Ethereumと同じ目標を持ち、中国で開発されているため、しばしば「中国版Ethereum」と呼ばれます。 中国にいることは、規制当局と地元の中国企業との関係が改善されていることから、西側の暗号侵害よりも優先する可能性があるため、いくつかの利点があるかもしれません。NEOは、Ethereumのように、あらゆる種類の金融契約やサードパーティの分散アプリケーションを開発することができるスマートな契約プラットフォームです。 開発者が独自のJavaScriptのような「Solidity」プログラミング言語しか使用できないEthereumとは異なり、NEOは開発者が好きなコーディング言語を使用できるようにします。

NEM

ニューエコノミームーブメント(NEM)を別にすることの1つは、その “重要度の証明”(PoI)アルゴリズムです。 PoIは、マイナーが新しいコインを得るためにかなりの処理能力を必要とするのとは異なり、PoIは、新しいものを得るためにある量のコインを既に所有することをユーザーに要求するPoSとは異なり、実際にユーザーにコインを費やすよう促す。 PoIアルゴリズムは、ユーザの取引を追跡して、そのユーザがNEM経済全体にどれだけ重要であるかを決定します。Bitcoinは「デジタル・ゴールド」とみなされており、その記述の主な理由の1つは、コインの数が限られていることです(最大2,100万まで作成可能です)。 これは、より多くの人々がBitcoinを購入し始める限り、Bitcoinの価値は時間の経過とともに上昇し続けるはずであることを意味します。 これは、Bitcoinを買う人の大部分が製品を購入するのに費やすのではなく、長期間それを保持するよう促すはずです。一方NEMは、コインの所有者に、より多くのNEMコインを得るために、それらを高速かつ激しく費やすことを奨励しています。

NEMのニュースアプリ(英語)

Cardano

Cardano は、いくつかの興味深い新しいイノベーションを伴う新しい仮想通貨です。 これは、複数の大学の技術重視の開発者と学者のチームによって構築されました。 これらの革新の1つは、コードがCardanoネットワーク上のバグの存在を最小限に抑えられる、よりメモリ安全なプログラミング言語であるHaskellで書かれたことです。さらに、Cardanoの開発者は、セキュリティの大幅な強化が必要なステークス(PoS)システムの証明など、ネットワークのいくつかの主要コンポーネントを正式に検証しました。 PoSシステムのための “Ouroboros”アルゴリズムは、複数の暗号学者によってピアレビューされました。

Cardonaのニュースアプリ(英語)

EOS

EOSは、ユーザーがネットワーク内の他の人に議決権を委譲してトランザクション検証時間を短縮し、 ネットワークをより効率的に実行できます。EOSは読み込みと書き込みの動作を分離して速度を上げ、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンが非同期で通信できるようにします。 長いアドレスの代わりに、プラットフォームのユーザーはアカウント名を作成することもでき、それらのアカウントは異なる権限レベルを持つことができます。

Stellar Lumens

Stellar Lumensは、Rippleに類似した暗号化方式であり、銀行や他の金融機関で使用されている事実上の暗号化システムになることを目指しています。 「ルーメン」は、ステラネットワーク上に存在する通貨単位です。Stellarネットワークの開発者は、ルーメンが最終的に異なる暗号化通信の間の「橋渡し」として使用されると考えています。 ただし、暗号化された通貨を交換するには、暗号化取引を信頼して通貨を別の通貨に変換する方法と同様に、第三者の「アンカー」を信頼する必要があります。 主な相違点は、これらのアンカーがステラネットワーク上に生存することです。最近では、IBMはStellarとの提携を発表し、銀行間で即座に国境を越えた取引を完了できるようにしました。これは、Stellar Lumensをトップ25のキャッシュフローに戻したようです。 IBMはトランザクション・クリアリングの大半を独自のカスタム・ブロックチェイン・ソリューションを使用しますが、トランザクションの決済はステラ・ネットワーク上で行われます。

Qtum

Qtumはビジネスアプリケーションを対象とするBitcoinとEthereumの技術の合併です。 また、効率的なPoSシステムを使用して、ネットワークトランザクションの効率を向上させます。基礎となるテクノロジーは、Ethereum仮想マシンとBitcoin Coreの未使用トランザクション出力モデルの間のブリッジとして機能する「アカウント抽象化レイヤー」を使用します。 これにより、ネットワークBitcoinの信頼性が得られ、スマートコントラクトや分散アプリケーション(DApp)の開発が可能になります。これは、Ethereumネットワークでの動作と同様です。

Qtumのニュースアプリ(英語)

Zcash

Zcashは次世代のZerocoinプロトコルであり、真の匿名暗号化を実現することを目指しています。 これは、ゼロ知識ナレッジシンクロナクト(zk-SNARK)と呼ばれる最近開発された画期的な技術を使用しています。これは、ゼロ知識暗号の新しい形態です。「Zero-knowledge証明」は、ある当事者(証明者)が、そのステートメント自体の妥当性を超える情報を明らかにせずにステートメントが真であることを証明することを許可します。
Zcashは秘密の秘密鍵である可能性がありますが、秘密鍵の最初の「信頼できる設定」と同様に、開発者のコメントは、多くのプライバシーに重点を置いた人々が、信頼できるかどうかを判断する際に一時停止します 。 これは技術的には印象的ではないかもしれませんが、Moneroは今のところ最もプライバシーに重点を置いた暗号解読性を維持しており、それを証明する実世界のデータがあります。

Zcashのニュースアプリ(英語)

OmiseGO

OmiseGOは、デジタルウォレットで使用できるEthereumベースの一般的な金融テクノロジであり、リアルタイムで通貨(米ドル、ユーロなど)と暗号化のピアツーピア交換を可能にします。 このプロジェクトの目標は、ユーザーを解き放つことです。言い換えれば、デジタルマネーを使用するために銀行口座を必要としないことを人々に認識させることによって、銀行業界を混乱させることです。OmiseGOの開発者によると、「支払い、送金、給与預金、B2Bコマース、サプライチェーンファイナンス、ロイヤルティプログラム、資産管理と取引、その他のオンデマンドサービスなどの金融取引は、誰でも完全に 分散型で安価な方法です。
OmiseGO分散型交換機は、ネットワーク上の暗号化された通貨よりもはるかに優れた通貨を扱っていません。これは、最高の通貨が勝つようにシステムが構築されていることを意味します。

Lisk

Liskは、最初の「モジュール式ブロックチェーン」を目指しています。ここでは、各分散アプリケーションはトークン(Ethereumの場合のように)ではなく、独自のブロックチェーン(またはサイドチェーン)です。 開発者は、このテクノロジをどのように使用できるかについていくつかの例を挙げました。

  • 分散ストレージは、スタンドアロンのブロックチェーンまたはLiskで実行できます。
  • 匿名トランザクションは、スタンドアロンのブロックチェーンまたはLiskで実行できます。
  • 社会的なブログシステムは、独立したブロックチェーンやLiskで行うことができます。

Hshare

HshareはHcashの先駆者です。 Hshareトークンは、主に初期コイン・オファリング(ICO)用に作成され、Hcash暗号化の開発者が資金調達を行った。 ICOの後10ヶ月間、Hshare所有者はHsharesをHcashに変換することができます。Hcashプロジェクト全体は、大きな利点(1秒あたりの無制限トランザクション数、量子抵抗、ゼロ知識証明、分散型ガバナンス)のためだけでなく、仮想通貨の時価総額が爆発したために、最初の論争にも取り囲まれています ほぼ一晩で10億ドルを上回っています。これは多くの人々が通貨が中国の億万長者によって操作されていることを心配し、プロジェクト全体が詐欺になる可能性があります。 なので投資をする前にはよく考えてから投資をしましょう。

Tether

Tetherは、その価値が米ドルに固定されているという点で、特殊な暗号化方式です。 これは、人々がUSDを仮想通貨に保管することを可能にし、仮想通貨が毎日参照するのと同じ種類のボラティリティを認識しないことを意味します。Tetherのトレーダーは、特に市場がダウンしているときはいつでも、それを使ってすべての暗号化通貨の価値を取って、Tetherにお金を保管することができます。 市場が回復の兆候を見せているとき、他の暗号化通貨を再び取引することができます。

BitConnect

BitConnectはブロックチェーンベースの貸出プラットフォームで、ユーザーはBitConnectでBitConnectコインを購入してから、BitConnectコインを他のユーザーに貸し出して利益を得ることができます。 開発者によると、BitConnectの貸し手は月に最大40%の利益を得ることを期待できます。これはかなり信じられないように思えます。 なのでBitConnectが詐欺になる可能性があると多くの人は思っています。

Waves

WavesはEthereumに似たプラットフォームで、誰もが独自のデジタル資産/トークンを作成して立ち上げることができます。 しかし、Wavesにはプログラミング機能が限られています。 開発者はこれが攻撃面を減らし、プラットフォームをより安全にすると主張しています。Wavesプラットフォームは独自の分散型交換を可能にするため、Wavesデジタル資産の所有者はWavesプラットフォームから直接Wavesトークンの所有者とコイン/アセットを直接交換できます。Wavesはまた、プラットフォーム上に存在するトークンに平文通貨を変換する機能も提供します。 たとえば、USDの所有者は、安定したドル価値を維持するwUSDトークンを購入することができます。 この機能により、Wavesユーザーは通常のUSDを銀行経由で転送するよりもはるかに高速なブロックチェーンで高速トークンを転送できます。

Stratis

Stratisは、Stratisプラットフォームの上に独自のプライベートブロックチェーンを構築できるようにすることで、金融セクターにおける企業向けのソリューションを提供することを目指したBlockchain-as-a-Service(BaaS)プラットフォームです。 すべての企業が、誰かが追跡するために開いている状態で取引を行うことを望んでいるわけではありません。特に、使用する必要がある暗号化プラットフォームにプライベートトランザクション機能がない場合。 これはStratisのようなプラットフォームが役立つところです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?この記事を読んでいらっしゃる方は恐らく仮想通貨投資に興味がある方だと思います!もちろん今回紹介した仮想通貨以外にも多くの仮想通貨があるのでしっかり調べてから投資を行うようにしましょう 🙂  僕はこの仮想通貨ブームを利用してもっと別の方法で稼いでみようと思います!

では!

参考サイト[http://www.tomshardware.com/picturestory/778-biggest-cryptocurrencies.html#s21 (英語)]

About 旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :)

将来不安なジャパンから脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて今こんな感じ。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味で大体のことは人並み以上にできます。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)

現在はヨーロッパのリトアニアにて活動中!

座右の銘「去る者追わず 来るもの拒まず」

全部見てみる