英語でプレゼンをする時のコツ Tips that help you have a presentation in English



英語でプレゼンをする時のコツ Tips that help you have a presentation in English

こんにちは!遂にリトアニアは雪が本気で降り出しまして真っ白になりました!寮からでるのは億劫ですが、今日も図書館に来て色々と作業を行っております!

そんな今日はみなさんに英語でのプレゼンのコツを教えようと思います!\(^o^)/

英語でのプレゼン

ってか僕がこんなことを言ってもいいのかとは思いますが、なんと僕は今回のセメスターで英語でプレゼンを何回か行いましたが、すべてが10点満点中10点でした! 🙂 僕よりも英語が上手な生徒はめっちゃいますが、他の人は8点とか悪い人は6点とかもいました。

さて、何故僕が英語のプレゼンで満点を取ることができたのか?簡単に下にポイントをまとめたので参考にしてください!

ちゃんと準備する

まずこれでしょう。なんと言ってもまずは準備が大事です。テーマが何であれスライドのレイアウトが何であれ、しっかりと話すことをまとめておくことが大事です。もし英語に自信がない場合は紙にメモって本番で手に持っておくのもありでしょう。大切なのは自分のスライドに載っていることをしっかりと自分が理解しておくことだと思います。よく見かける失敗例は、恐らくネットからコピペしただけの文をスライドに載せてそれを読んでいるだけの人。これじゃこっちの頭に入ってきません。あと、すでにスライドに全部載っているので聞き手は読むほうが速いので同じことを話しても意味がありません。こういうのはマイナスポイントになります。

一つのスライドにテキストを載せすぎない

上の続きですが、スライドにテキストを載せすぎないことはかなり重要です。外国人の多くはスライドにテキストをたくさん載せてそれを読むだけをプレゼンと思っている人が多いようですが、それならネットで調べればいいのでプレゼンの意味がありません。パワーポイントを使う意味は、喋りだけじゃ伝わらないことを補うことだと思うので基本的にはテキストは本当に少しにして、写真やグラフを使ってビジュアライズ用にスライドを使いましょう。僕が聴衆で、テキストだらけのスライドが出てきたら読むのも聞くのもやめてスマホをいじってしまうでしょう。 😆 

本当にこういうスライド作ってくる人います。。。。これは完全にマイナスポイント。。。
これが僕が実際に使ったやつ。どう?シンプルでしょ。ダラダラ話さなくてもシンプルに聞き手に伝わればいい。

聴衆と目を合わせる 背を向けない ボディランゲージ

こちらも大事。プレゼンでは嘘でもいいから自信を見せる必要があります。大事なことは聞き手の集中力を切らせないことです。なので常に聞き手をチェックしてアイコンタクトをする必要があります。そうすることで聞き手飽きずに自分のプレゼンに集中してくれます。また聞き手の注意を引くという意味ではボディランゲージも大事になってきます。身体の動きを付けることで、より聞き手が集中して聞いてくれるようになります。

ゆっくりと、ハッキリと喋る

こちらは英語が苦手な方にも嬉しいポイントです。実はプレゼンの時に速く話し過ぎてしまうのはマイナスポイントです。速く話し過ぎると、こっちが緊張しているように思われたり、相手が聞き取れなくなるなどのデメリットがあります。プレゼンはみんなにしっかりと伝わるように行うことが大事なのでゆっくりと、単語をしっかりと発音することが大事です。なのでプレゼンの前にはしっかりとすべての単語を発音できるように確認しましょう。時々他の人のプレゼンで見かけるのは、自分で作ったプレゼンなのに単語を上手く言えてなかったりする人がいます。こういうのは聞き手としては理解できないので集中力が切れたりしてしまいます。

ビデオは短いのを使うべし

こちらのよく外国人がやってしまうダメなポイントです。最近はテクノロジーが発達して簡単にYoutubeとかで色んなビデオが見れるようになりました。なので自分のプレゼンの補足を行うためにみんな進んでビデオを使ったりします。それは良いのですが、一回のビデオが長過ぎるんです。時にはスピーキングの時間10分に対して5分のビデオを使っている人とかいます。いや、それだったらビデオ見たほうがためになるやんって思ってしまいます。ビデオ長すぎると、ビデオが終わった後からのテンションの切り返しが難しくなったります。あと、自分のスピーチを見せる時間が少なくなってしまうので逆効果です。僕は今までのプレゼンでは一度もビデオを使わずに満点を取り続けてきました。もしどうしてもビデオを使いたい時は見せたい場所だけ再生するか、動くGifファイルに変換するなどするといいです。大学のプレゼンは練習なので大事なことは、自分で話すこともしプライベートで普通に友達に何かを説明したい時はビデオをガンガン使って説明すればいいですが、大学では自分の力で説明しましょう。 By Hoda

最後はクイズとかする

上でも書きましたが、プレゼンで大事なことは聞き手の注意を引くことと、聞き手に理解してもらうということです。なのでプレゼンの最後に簡単なクイズを用意しおくのはこの2つのポイントを達成するのにベストな方法です 🙂 もちろんトピックによっては必要ないかもしれませんが、自分のプレゼンがみんなにしっかりと伝わったのかはこっちも気になります。なので簡単に誰かに聞いてみるのもいいでしょう。もしみんなの反応がイマイチだったら次回のプレゼンをもっと改善する必要があります。 🙂

 

 

他にも大事なことはいくつかありますが、この上のポイントを抑えておけば英語が苦手な方でもいい印象のプレゼンを行うことができると思います。 🙂 

まとめ

いつもだったらここに簡単にまとめを書くんですが、ある意味このブログもプレゼンみたいなもんなので、最後に簡単なクイズをしてみんなが理解したか確認しようと思います笑

※問題文をクリックすると答えが表示されます!

プレゼンで1番大事なポイントは?
ちゃんと準備する
スライドにはたくさんテキストを載せた方がいい?それともテキストは少ない方がいい?
少ない方がいい。
プレゼンではペラペラと速く喋った方がいい?
No. ゆっくり、ハッキリ話すほうがいい。
説明するのが難しいと思ったら長いビデオをみんなに見せればいい?
No. ビデオは最小限使用して、あとは自分の力で説明しましょう。

全問正解できたでしょうか?? 🙂 プレゼンの最後のクイズはこんな感じでOKです!

では!

About 旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :)

将来不安なジャパンから脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて今こんな感じ。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味で大体のことは人並み以上にできます。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)

現在はヨーロッパのリトアニアにて活動中!

座右の銘「去る者追わず 来るもの拒まず」

全部見てみる