2014 5月

マンスリーアーカイブ 5月 2014

スロベニア

スロベニア ▼首都▼ リュブリャナ ▼主要都市▼ マリボル ▼主な国際空港▼   ▼行き方▼  日本からスロベニアの直行便はありません。ヨーロッパのほかの国から経由していきましょう!ウィーンやチューリッヒ乗り継ぎの便。乗り継ぎの時間を含めて、日本からは11-14時間くらい。リュブリャナ空港及びスロヴェニアに近いベネチア空港、トリエステ空港、グラーツ空港、クラーゲンフルト空港に格安航空会社の便がイギリス、ドイツ、イタリア方面などから運航されている。【バス】近隣国からバスで行くことも可能です。料金も安いです。www.ap-ljubljana.si/eng 【電車】参考サイト 【自動車(レンタカー)】レンタカーはインターネットのほか、空港、旅行会社やホテルで手配ができる。スロヴェニアは道路の状態が何も問題なく、スロヴェニア語と英語の交通標識が多い。2008年からヴィンニエタ(Vinjeta)という高速道路の券が必要。スロヴェニアでレンタカーを貸す会社は全ての車にヴィンニエタがついているが、オーストリアやクロアチアのレンタカー会社を使用するお客様はスロヴェニア用のヴィンニエタがついているかどうかお確かめください。スロヴェニアで運転するには国際運転免許が必要です。▼隣接国▼ イタリア、オーストリア、クロアチア、ハンガリー ▼言語▼ スロベニア語 ▼英語▼ スロベニアでは、英語も第二言語として一般に話されているので通じます。 ▼両替▼ 外貨両替は簡単にほとんどの銀行、両替所、旅行代理店そして少数のホテル、スーパーマーケット、ガソリンスタンドでさえ交換することができます。 ▼通貨レート▼  1ユーロ = 139.0 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ コーヒー一杯 1.4~1.6€、自動販売機のコーヒー 0.25~0.40€、トマト1キロ 1.3€、キュウリ1キロ 1.3€、パスタ1キロ0.8€、米 1キロ 0.9€、リンゴ1キロ 1.2€、レタス1キロ 1.4€ 基本的に安いです! ▼安宿▼ ドミトリーで一泊約10ユーロで宿泊可能 ▼水▼ スロベニアの都市部での水道水は良質で、飲料水としても利用できますが、一部農村地域では化学薬品による汚染も指摘されていますので、農村地域ではミネラルウォーターの飲用をお勧めします。 ▼チップ▼  ▼治安▼ スロベニアはヨーロッパで最も安全な国のうちの1つと考えられ、めったに旅行者が問題に巻き込まれることはありません。窃盗と暴力はこの安定した友好的な国において通常ありません。しかし、犯罪の発生率は日本の約3倍なので最低限注意しましょう。 ▼地球幸福度▼ ▼ビザ▼ 日本とスロベニアの間には査証免除取極があり、観光などの非営利活動目的による3か月以内の滞在については査証が不要です。 ▼大使館▼  ▼電圧コンセント▼ 220VでC型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼   ▼服装▼  ▼国内の移動▼  ▼国際運転免許▼   ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ スロベニア及び近隣国(オーストリア、ドイツ、ハンガリー、チェコ、スロバキア等、中・東欧地域)では、ダニを介したウイルス性脳炎(症状は日本脳炎に似ている)に感染するおそれがあります。この脳炎は、一旦罹患すると麻痺等の後遺症が残ったり、場合によっては死亡するケースがみられます。スロベニア入国のために特別な予防接種は必要ではありません ▼トイレ▼  駅には無料のトイレがあります。外には公衆トイレが少ないです。観光地のトイレは有料が多いです。 ▼クレジットカード▼  ▼小ネタ▼ ▼法律・マナー▼▼もっとスロバキア情報▼   

ニカラグアの世界遺産・見どころ

ニカラグアの世界遺産&見どころの紹介 ニカラグアには2か所の世界遺産があります!   レオン・ビエホ遺跡群 レオン旧市街の遺跡、1524年に最初の街が建設され1610年の火山噴火で放棄された街です。現在のレオンから東へ約30km(マナグア湖西岸)、首都マナグアから北西へ約50kmです。     レオン大聖堂  中米最大級の聖堂建築で、1747年から19世紀初頭にかけて建築された。設計はグアテマラ出身の建築家、ディエゴ・ホセ・デ・ポレス・エスキベルであり、1810年には塔とメインファサードが完成した。     世界遺産じゃないけどみどころ♪   グラナダ ニカラグア4番目に大きい都市です。ニカラグアの古都でもあります。コロニアル様式の建物や教会が建ち並び、通りには馬車が通っており、コロン公園で観光馬車に乗れます。観光馬車はUS7ドルくらいです。    アポヨ湖カタリーナ展望台(El Mirador de Catarina)のカタリーナの町営の観光地。 真っ青な綺麗な湖。日本でいう摩周湖です。      ニカラグア湖 世界で10番目に大きい淡水湖。ニカラグア湖は、サンフアン川でカリブ海とつながっいます。面積は8,029km2で、日本が世界に誇る琵琶湖(670.33km2)の12倍の大きさ。      カジノニカラグアのは合法的な「カジノ」があります。マナグア市内には10件くらいあります。遊んでいるお客様にはドリンク飲み放題です。米ドル利用できます。            

スロバキア

スロバキア ▼首都▼ ブラチスラヴァ ▼主要都市▼ コシツェ ▼主な国際空港▼   ブラチスラヴァ空港 ▼行き方▼  日本からスロバキアへの直行便はないので隣国から行きましょう。飛行機ではオーストリアのウィーン空港から陸路による移動になります。ウィーン空港からブラティスラヴァのバスターミナルまではバスで1時間10分程度。 日本を朝出発し、ウィーン空港でバスに乗り換えれば、時差の関係で出発日の夜にはブラティスラヴァのバスターミナルに着くことができ、今のところ日本からスロバキアへの最短ルートとなる。 プラハ(チェコ)、ロンドン(イギリス)、モスクワ(ロシア)、チューリヒ(スイス)などからブラティスラヴァへの飛行機便がある。【電車】ワルシャワ、クラクフ、ウィーンなどからそれぞれ国際列車が出ています。▼隣接国▼ ポーランド、チェコ、ウクライナ、ハンガリー、オーストリア ▼言語▼ スロバキア語 ▼英語▼ スロバキア人はスロバキア語に誇りを持っているので、首都でも英語を見ることが少ないです。ビジネスマンや若者は通じることが多いです。話しかけるときはビジネスマンか若者にしましょう。 ▼両替▼ ユーロへは銀行や旅行会社、大きなホテルなどで両替できます。銀行が最もレートがいいと思います。繁華街には私営の両替商が店を出しています。現金しか受け付けてくれないが、営業時間が銀行より長いし、休日でも開いているところもあり便利です。 ▼通貨レート▼  1ユーロ = 139.0 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ ヨーロッパの中でも比較的に安いです。1日2500円で生活可能です。 ▼安宿▼ 約1200円でダブルに泊まることも可能です。ホテルキエフという場所が安いです。 ▼水▼ スロバキアの水道水は飲用できますが,古い建物では水道管が錆びていて鉄分が多く含まれている可能性があります。 ▼チップ▼  ▼治安▼ 全般的には、近隣諸国と比べて特段治安情勢が悪いということはありません。 ▼地球幸福度▼ ▼ビザ▼ 観光等を目的とした短期滞在については、2013年10月18日から、「あらゆる180日間の期間内で最大90日間を超えない」との規定が適用されます ▼大使館▼  〒106-0046 東京都港区元麻布2-11-33 電話:03-3451-2200  http://www.embassy-avenue.jp/slovakia/index-j.html ▼電圧コンセント▼ 220V/230V C型 ▼SIMフリー▼  普及してます。価格 6ユーロ (でも 8.46ユーロの支払いだった) 有効期限1ヶ月、クレジット(通話可能金額) 10ユーロ、インターネット500MB 参考サイト▼Wifi▼  町中のインターネットネットカフェを利用することができます。ただし、日本語入力は不可の場合が多いです。旧市街広場そばの市庁舎前では、無料で無線LANに接続できる。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  路面バス、船、鉄道、レンタカー▼国際運転免許▼  スロバキアでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 7時間▼病気▼ 夏季(4~9月)には森林地帯のダニ(ドイツ語ZECKEN、スロバキア語KLIEST)の活動が活発化しますが、ダニの中には脳炎ウィルスを持っているものもあります。予防接種をしていない場合、これに咬まれると脳炎になるおそれもありますので、森の中や茂みに入る際には注意してください。。薬局の数は多く,在庫も十分にあり,当番制で24時間オープンですが,現金での支払いを求められます。薬価は比較的安価で,英語で対応できる薬局もあり,処方箋無しで購入できる薬も少なくありません。歯科治療も西欧に比較して遜色ありません。 ▼トイレ▼  スロバキアでは、公衆トイレはほとんど有料で、料金は男性の場合は大小によっても違うが、1回だいたい€0.2~0.5が一般的。 ▼クレジットカード▼ スロバキアでは、ホテル、みやげもの店、スーパー、ショッピングセンター等で主要クレジットカード会社のカードが使用できます。 ▼小ネタ▼ ▼法律・マナー▼▼もっとスロバキア情報▼   
全米オープン・ジュニア 【爆サイ】人間の脂肪から作られた石鹸RIF 【爆サイ】コネティカット・オープン 【爆サイ】94歳元ナチ親衛隊員の裁判開始 17万人殺害に関与 【爆サイ】民主党の輝かしい実績 【爆サイ】ポーランド 【爆サイ】Wołyń we krwi 【爆サイ】ヘタリアの好きなキャラと嫌いなキャラ 【爆サイ】ポロシェンコはユダヤ人らしい 【爆サイ】ワールドカップ男子大会 【爆サイ】女子FIVBワールドグランプリ2016 決勝ラウンド 【爆サイ】東欧に4000人規模大隊=ロシア抑止で決定 【爆サイ】【テレ朝】UEFAユーロ2016 ポーランドvs北アイルランド 【爆サイ】【TBS】バレーボール男子世界最終予選日本vsポーランド② 【爆サイ】男子リオ五輪最終予選 日本vs.ポーランド 【爆サイ】【TBS】リオ五輪バレーボール男子世界最終予選日本vsポーランド 【爆サイ】1938年のリヴィウ(レンベルク) 【爆サイ】ウクライナコサックvsポーランド有翼重騎兵フサリア 【爆サイ】ハーフ・クオーターのAV女優 【爆サイ】この時代にも奴隷制度が 【爆サイ】【フジ】W杯バレーボール2015男子 日本vsポーランド 【爆サイ】全日本男子、ベネズエラ下し5勝目 【爆サイ】ナチス「黄金列車」発見か、波蘭で古い俗説に再注目 【爆サイ】2008年の親日ランキング 【爆サイ】アインザッツグリュッペン 【爆サイ】『朝まで生騒ぎ』作戦 韓国 【爆サイ】ポーランド女が可愛い 【爆サイ】団体戦もポーランドが金だな

ポーランド情報 物価,治安,英語,通貨

ポーランド ▼首都▼ ワルシャワ ▼主要都市▼ ウッチ、クラクフ、ヴロツワフ、ポズナン、グダンスク、トルン ▼主な国際空港▼   ヨハネ・パウロ2世・クラクフ・バリツェ国際空港、カトビツェ国際空港 ▼行き方▼  日本からポーランドへの直行便はありません。ウィーン(オーストリア)、フランクフルト(ドイツ)、ミュンヘン(ドイツ)、アムステルダム(オランダ)などの都市で乗り継ぐとその日のうちにワルシャワやクラクフに到着することができます。【列車】 モスクワ(ロシア)~ワルシャワ          毎日3~4便 所要時間17時間半~21時間10分 ウィーン(オーストリア)~ワルシャワ       毎日2便 所要時間8時間10分~9時間 ベルリン(ドイツ)~ ワルシャワ         毎日4便 所要時間5時間半~5時間50分 プラハ(チェコ)~ワルシャワ           毎日2便、所要時間8時間15分~9時間半 ブラチスラヴァ(スロヴァキア)~ワルシャワ    毎日1便、所要時間8時間20分 ベルリン(ドイツ)~クラクフ           毎日1便、所要時間10時間 プラハ(チェコ)~クラクフ            毎日1便、所要時間8時間50分 ブダペスト(ハンガリー)~クラクフ        毎日1便、所要時間10時間25分 ウィーン(オーストリア)~クラクフ        毎日1便 所要時間8時間15分      【バス】 ベルリン(ドイツ)~ワルシャワ   4~5社が毎日1便、所要時間8時間10分~9時間半 ベルリン(ドイツ)~クラクフ    5社が毎日1便、所要時間9~12時間 ウィーン(オーストリア)~クラクフ 毎日1~2便、所要時間約8時間   【フェリー】 ニィニョスハムン(スウェーデン)~グダンスク   週1~7便 所要時間約19時間 コペンハーゲン(デンマーク)~シフィノウィシチェ 週4便 所要時間9~12時間 イスタ(スウェーデン)~シフィノウィシチェ    毎日1便 所要時間6時間15分~8時間 ▼隣接国▼ロシア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、チェコ、スロバキア ▼言語▼ ポーランド語 ▼英語▼ ポーランドでは観光地においては英語が通じます。ちなみにドイツ語の通用度も高いです。 ▼両替▼ ポーランドの両替所は日本でいうコンビニくらいたくさんあります。町なかにカントルKantorと呼ばれる両替商がたくさんあるが、T/Cの両替は受け付けない。レートは店によって差があるが、週末の両替、ホテル内や駅の近くのカントルは、比較的レートが悪い。 ▼通貨レート▼  1ズウォティ = 26.5 円 2016年▼物価▼ ヨーロッパの他国より物価が安く、外食を抑えれば食費は一ヶ月10000円以内に押さえることができます。 ▼安宿▼ ユースホテルのドミトリーで約1000円くらいです。 ▼水▼ ポーランドの水道水は硬水で、飲用には適しません。なのでミネラルウォーターを買いましょう! ▼チップ▼ 習慣はありませんが、タクシーではお釣りの切り上げ、レストランでは10%ほど、ホテルでは荷物1個につき3zl渡しましょう。 ▼治安▼ 日本に比べて犯罪発生率は高いですが,欧米主要国と比較して著しく高くはないです。悪名高い場所はワルシャワ中央駅の地下通路とプラガ地区と呼ばれるところです。 ▼地球幸福度▼ 77位▼ビザ▼ 日本とポーランドとの間の査証免除取極に基づき、就労・留学など特定の場合を除き、90日を超えない期間の短期滞在には査証は不要です。 ▼大使館▼ 153-0063, 東京都 目黒区目黒 1-24-12 , オリックス目黒ビル2F  http://tokyo.trade.gov.pl/ja ▼電圧コンセント▼ 220VでC型 ▼SIMフリー▼  普及しています。通信料は安くてお勧めです!街中の適当な売店でも販売されており、身分証明書不要で各社のプリペイドSIMカードを購入できます。 ポーランドのSIMカード事情を調査!手当たり次第買ってみた!2016年▼Wifi▼  主要都市にはインターネットカフェがいたるところにあるので、とても便利です。15分間で1zl=40円くらいが相場です。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  列車、車。車の交通ルールが日本より複雑なので注意しましょう! バリ安!快適!Polski Busの乗り方!▼国際運転免許▼  ポーランドでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 8時間,7時間▼病気▼ ポーランドの医療は、日本や西欧と比較すると、まだかなり遅れているところがあります。 一般に国立病院や診療所の建物・設備は老朽化したものが多く、またポーランド語しか通じないことが多いので、外国人にとっては利用しづらいと思われます。 これに対して、私立クリニックは施設・設備共に充実しており、英語も通じることが多く、外国人はこちらを利用するのが一般的です。しかし、一般的に治療費は高額で、現金又はカードで支払います。 ポーランドは空気が乾燥している上に、車の排気ガスなどで喉を痛めやすくなっています。ワルシャワやクラクフは汚染地帯ではありませんが、一部の地域にはダニ脳炎を媒介するダニが生息するので、森林に入る際には長袖長ズボンを着用するなどダニにかまれないよう注意してください。 ▼トイレ▼ ホテルの自室や、博物館など入場料を払って入る施設以外のたいていの場所は有料です。トイレが汚れていることが多いみたいです。 ▼クレジットカード▼ ポーランドの中級以上のホテルや旅行会社、レストランならたいてい使えるほか、ATMも普及している。 ▼小ネタ▼ ▼法律・マナー▼ レディファーストを厳守しましょう!公共の交通機関では、老人、妊娠中の女性、小さな子供を連れた人、体の不自由な人には必ず席を譲ること。乗り物への乗降や、階段などで、ベビーカーを押している人にあったら、手伝ってあげよう。日本人の中には大きなくしゃみをする人がいるが、これはやめたほうがよい。顰蹙というのとは少し違うのだが、滑稽であきれられてしまう。  全米オープン・ジュニア 【爆サイ】人間の脂肪から作られた石鹸RIF 【爆サイ】コネティカット・オープン 【爆サイ】94歳元ナチ親衛隊員の裁判開始 17万人殺害に関与 【爆サイ】民主党の輝かしい実績 【爆サイ】ポーランド 【爆サイ】Wołyń we krwi 【爆サイ】ヘタリアの好きなキャラと嫌いなキャラ 【爆サイ】ポロシェンコはユダヤ人らしい 【爆サイ】ワールドカップ男子大会 【爆サイ】女子FIVBワールドグランプリ2016 決勝ラウンド 【爆サイ】東欧に4000人規模大隊=ロシア抑止で決定 【爆サイ】【テレ朝】UEFAユーロ2016 ポーランドvs北アイルランド 【爆サイ】【TBS】バレーボール男子世界最終予選日本vsポーランド② 【爆サイ】男子リオ五輪最終予選 日本vs.ポーランド 【爆サイ】【TBS】リオ五輪バレーボール男子世界最終予選日本vsポーランド 【爆サイ】1938年のリヴィウ(レンベルク) 【爆サイ】ウクライナコサックvsポーランド有翼重騎兵フサリア 【爆サイ】ハーフ・クオーターのAV女優 【爆サイ】この時代にも奴隷制度が 【爆サイ】【フジ】W杯バレーボール2015男子 日本vsポーランド 【爆サイ】全日本男子、ベネズエラ下し5勝目 【爆サイ】ナチス「黄金列車」発見か、波蘭で古い俗説に再注目 【爆サイ】2008年の親日ランキング 【爆サイ】アインザッツグリュッペン 【爆サイ】『朝まで生騒ぎ』作戦 韓国 【爆サイ】ポーランド女が可愛い 【爆サイ】団体戦もポーランドが金だな

リヒテンシュタイン

リヒテンシュタイン ▼首都▼ ファドゥーツ ▼主要都市▼ シャーン 、トリーゼン ▼主な国際空港▼   空港がない国。最寄の国際空港はスイスのザンクト・ガレン=アルテンハイン空港とドイツのフリードリヒスハーフェン空港。最寄りの主要空港は、スイスのチューリッヒ空港です。 ▼行き方▼  リヒテンシュタインには空港がないので隣国から陸路での入国になります。スイス領内からはスイス国鉄+バスの利用がスムーズ。チューリッヒ中央駅とクールを結ぶ幹線にあるザルガンス(Sargans)からリヒテンシュタイン・バス11番がファドゥーツ、シャーンの市街地を通り再びスイス領内のブックス(Buchs)まで運行しています。ザルガンス駅からファドゥーツ中心部までは約30分程度、ブックスSG駅からは約25分となっています。途中ライン川を渡るときに国境を越えますが、出入国・税関検査はありません。また、リヒテンシュタイン領内には鉄道駅が4つがありますが、オーストリア国鉄管轄の駅でブックスSG駅とフェルトキルヒ(Feldkirch)を結ぶ路線ですが、完全にローカル線で1日に数本しか停車しないので、旅行に使うには実用的ではありません。参考サイト レンタカーでも可能です。 ▼隣接国▼ スイスとオーストリア ▼言語▼ ドイツ語 ▼英語▼ 基本的にはドイツ語ですが、観光地などでは比較的に英語は通じるので問題ないです。 ▼両替▼ 通常はスイスから入国するので、スイスに入国したとき、又は宿泊したときに、空港、銀行、駅、ホテルなど各所で、円、ドル、ユーロからスイスフランに両替しておきます。また、駅の両替所は24時間、休日でも営業しているので便利です。 ユーロは現金で使用できます。最近は日本円でも支払えるところが増えてきました。 ▼通貨レート▼  1スイス・フラン = 113.8 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ 世界一物価が高い国の一つ。 ビックマクセット1200円。コーラ120円。卵6個約500円 ▼安宿▼ 約3000円で泊まれればいいほうです。 ▼水▼ 水道水を飲むことができますが、ミネラルウォーターを買うのが無難です! ▼チップ▼ 基本的に不要です。 ▼治安▼ 治安の良い国として知られていますが、工業、商業及びサービス業の発展に伴い外国からの移住者が増え、一般犯罪は増加傾向にあります。 ▼地球幸福度▼ ▼ビザ▼ 日本とリヒテンシュタインとの間には、スイスに準じた査証免除取極が締結されているため、観光などを目的とした90日以内の滞在については、査証の取得は不要です。 ▼大使館▼  http://www.mfa.gov.hu/kulkepviselet/JP/jp/ ▼電圧コンセント▼ 220VでC型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  ホテルや宿にWi-fiがあるところもあります。また、カフェやファーストフード店にはWi-Fi環境が整っている所もあります。市内にはインターネットカフェがあるようですが、そこまで数は多くないようです。店舗によっては日本語対応しているようなので、使用前に店舗に確認をした方が良いでしょう。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  国内の主要な交通は路線バスであり、各所を結ぶ路線が頻繁に運転されている。黄色い車体のリヒテンシュタインバスをよく目にすることができる。主なバス停は郵便局の前であることが多い。バスはライン川対岸のスイスの鉄道駅(ザルガンスやブックス)のほか、オーストリアのフェルトキルヒ駅への路線もある。また、ユーロで運賃を支払うこともできる。 国内を鉄道が走っており、駅が4駅ある。運行をしているのはオーストリア国鉄である。オーストリアとスイスを結ぶ国際急行列車も通るが、リヒテンシュタイン国内の駅は全て通過する。汽車みたいな形のバスが観光バス。▼国際運転免許▼  リヒテンシュタインの交通規則は、スイスのものと同じです。スイス国内の運転が可能な条件をお持ちの方(スイスの免許証・EU圏内の運転免許証・国際免許証)であれば、この国でも運転ができます。 ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼  ▼トイレ▼  市内には無料のきれいなトイレがあります。 ▼クレジットカード▼ リヒテンシュタインではクレジットカードではVISAやMASTER、EUROKARTE(オイロカルテ:ヨーロッパで普及しているクレジットカードのブランド)が、ほとんどの店・レストラン・電車の駅で使用でき便利です。ファドゥーツのおみやげ屋でのみ、JCBも使用可能なようです ▼小ネタ▼ 世界で6番目に小さい国。「二重内陸国」の一つ。「ルパン3世カリオストロの城」のモデルになった国と言われています。リヒテンシュタインは切手が名物。、リヒテンシュタインでは冬場でも水風呂に入る習慣がある。▼法律・マナー▼   

ハンガリー

ハンガリー ▼首都▼ ブダペスト ▼主要都市▼ ブダペスト、デブレツェン、ミシュコルツ、ジェール、エゲル、センテンドレ 、セゲド ▼主な国際空港▼   リスト・フェレンツ国際空港 ▼行き方▼  日本からハンガリーへの直行便は運行していません。タイや香港を経由してヨーロッパに向かう手段であれば交通費を安く抑えることができる場合があります。近隣諸国からハンガリーへ行くには、ウィーン、ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ、アムステルダム、モスクワがあります。【電車】オーストリアやチェコ、ポーランド、スロヴァキア、クロアチア等があり、その他の国からもハンガリー(ブタペスト)行きの便が出ています。ハンガリー以外の国も列車で旅行されるのであれば、ユーレイルグローバルパス、ユーレイルセレクトパス、ヨーロピアンイーストパス等がお得です。※ユーレイルグローバルパスとは…西ヨーロッパの22カ国の鉄道利用時に使えるパスで、有効期限内であれば22カ国の鉄道を無制限で乗ることができます。 ※ユーレイルセレクトパスとは…西ヨーロッパ24カ国の中から、3~5カ国を選択し利用できるパスです。 ※ヨーロピアンセレクトパスとは…ハンガリー、オーストリア、チェコ、スロヴァキア、ポーランドの5カ国の国鉄を無制限で乗ることができます。【バス】バスを利用してハンガリーへ入国することもできます。 バスの利点は、他の交通手段に比べて料金が安いことです。最近では、トイレが付いているバスが増え以前よりも快適に移動することができるようになったようです。欠点は、予定時間よりも時間がかかる場合があり、バスが混み合っていると身動きが取れないので疲れてしまう点です。 【船】ドナウ川ではウィーンからブラチスラヴァ経由でブダペスト、ティサ川ではハンガリーの南部にある都市 セゲド~センタ(セルビア)の間を運行しています。▼隣接国▼ オーストリア、スロベニア、スロバキア、ウクライナ、ルーマニア、セルビア、クロアチア ▼言語▼ ハンガリー語 ▼英語▼ ハンガリーの観光地では英語は通じます。首都や、主要都市では若干通じにくいです。 ▼両替▼ ハンガリーでは日本円からフォリントへ両替することができ、両替はホテルや街中の銀行、両替所等で行うことができます。空港やホテルで両替をするとあまりレートが良くないようなので、ここでの両替は最小限にされることをお勧めします。 ▼通貨レート▼  1円 = 2.2 フォリント// 提供: ja.exchange-rates.org 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ ハンガリーの物価は、他のヨーロッパ諸国に比べると低いです。最近は徐々に上昇しています。スーパーのものは安く感じると思います。ただ、外食や宿代は高いと思います。交通費は安いです。水500ml→約250円、タバコ→約1200円 ▼安宿▼ ドミトリーで9ユーロから可能です。参考サイト ▼水▼ ハンガリーの水道水は石灰分が多い硬水のため、長期間の飲用はお勧めできません。飲用として利用する場合には、浄水器の使用をお勧めします。 ▼チップ▼ 基本的に不要です。 ▼治安▼ ハンガリーを治安の面から見れば、大規模テロリズムや暴動、クーデター等の危険性は他国に比べ低く、一般犯罪の被害に遭う可能性が相対的に高いと言えます。残念ながら、現実に毎年多数の旅行者や在留邦人が、すりや置き引きを始めとする犯罪被害に遭っています。世界的に見れば比較的安全といえます。 ▼地球幸福度▼ ▼ビザ▼ 90日以内の滞在であれば、ビザは不要。 ▼大使館▼  http://www.mfa.gov.hu/kulkepviselet/JP/jp/ ▼電圧コンセント▼ 220VでC型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  ホテルや宿にWi-fiがあるところもあります。また、カフェやファーストフード店にはWi-Fi環境が整っている所もあります。市内にはインターネットカフェがあるようですが、そこまで数は多くないようです。店舗によっては日本語対応しているようなので、使用前に店舗に確認をした方が良いでしょう。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  ●鉄道ハンガリーの鉄道は、首都ブタペストを中心に放射線状に運行しています。 ●タクシー ハンガリー(ブタペスト)の正規のタクシーは黄色の車体で屋根の上に黄色のボードが付いているものです。海外観光客をターゲットにし、料金を上乗せする悪質な運転手もいるため乗車前に料金を確認するようにしましょう。●バス ハンガリーのバスは、鉄道では少し面倒くさい地方間の移動時にとても便利な交通手段です。また、国際バスはヨーロッパの数多くの国とハンガリーの間を運行しており、国内でも隅々まで運行しています。 バスの時刻表は販売されておらず、ネットで検索(ヴォーラン協会)するようになりますが、国内線のページは全てハンガリー語になります。(国際線はハンガリー語と英語のページを閲覧することができます。) ●船 ハンガリーの船には国際船と国内船のどちらもあり、国内船の運行期間は航路によって異なります。ハンガリーの国内の移動の為の航路はいくつかあり、4月~10月頃までの夏季のみの運行になるものが多いようです。国際船と国内船の船着場は異なる為、お気をつけください。 ●レンタカー ハンガリーの通行は、日本と反対の右側通行になります。レンタカーを借りて運転をする際は、罰金対象になるいくつかの規則があるので気をつけましょう。 また、レンタカー会社によっては借りる際に年齢制限があるのでご注意ください。▼国際運転免許▼  ハンガリーでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ 中・東欧地域は、ダニの一種(クーランチ)に刺されることによって発症するダニ脳炎の発生地域です。ダニ脳炎は時に死に至る危険性もあり、注意が必要です。 病気を引き起こすダニは主に春から秋にかけて多く発生し、通常、樹木、草むらに棲息していることから、そのような場所に行く場合には服装(帽子、長袖・長ズボン)に注意してください。ハンガリーの医療機関でダニ脳炎の予防接種を受けることも可能です。 ▼トイレ▼  ハンガリーのトイレは様式です。トイレットペーパーは備え付けられていますが、日本のものに比べて少し硬いようですが、どこのトイレも比較的きれいです。公衆トイレは有料になる所がほとんどです。 ▼クレジットカード▼ ハンガリーのレストランやホテル、商店等ではクレジットカードで支払いを受け付けているお店があります。クレジットカード支払うことができれば現金を持ち歩くこともなく安心できる上、クレジットカードで支払ったほうが現金を両替するよりもレートが良い場合があります。 ▼小ネタ▼ ▼法律・マナー▼   

ドイツ

ドイツ ▼首都▼ ベルリン ▼主要都市▼ ブレーメン、ケルン、デュッセルドルフ、ライプツィヒ 、ポツダム、ミュンヘン、ハイデルベルク ▼主な国際空港▼   ベルリン・シェーネフェルト国際空港、デュッセルドルフ国際空港、フランクフルト国際空港、ミュンスター・オスナブリュック国際空港、ミュンヘン国際空港 ▼行き方▼  日本からドイツへの直行便は、フランクフルトかミュンヘンの空港に到着します。【電車】ドイツはヨーロッパの主要都市と鉄道で結ばれていて、運行している鉄道も様々です。近隣諸国から出ている国際特急列車は、フランクフルト、ベルリン、ベルリン、ハンブルク、ケルンとドイツ国内の主要都市と結ばれています。【バス】スペインやギリシャ、ロシア、ノルウェー、モロッコなど、長距離バスの路線網はかなり広域まで広がっています。鉄道料金に比べて割安のことから、若者を中心に人気ですが、移動はかなりハードです。長時間移動の旅に慣れていない方は、体調を崩すしてしまうかもしれません。▼隣接国▼ 日本からドイツへの直行便は、フランクフルトかミュンヘンの空港に到着します。▼言語▼ ドイツ語▼英語▼ ドイツでは義務教育で英語を教えているので割と通じます。特に旧西ドイツでは英語の通用度が高い。▼両替▼ 現地で両替ができるのは、空港、ホテル、銀行、両替所などです。一般に空港やホテルの両替レートはあまり良くないので、当座に必要な分だけの両替にしておいたほうがよいでしょう。ATMも普及しています。空港の 両替所や両替機は深夜まで営業していますが、レートがあまりよくなく、手数料も高くなり ます。銀行のレートはよいですが、営業時間が短いのが難点。▼通貨レート▼  1ユーロ = 139.0 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ ドイツの物価は日本と同じくらいです(ちょっと安いかも)。レストランで1500円ほど。ビール500mlは3.2ユーロ。▼安宿▼ ▼水▼ 水道水はそのまま飲用とすることもできますが、硬度を下げるために、フィルター(簡易浄水器)を利用しているドイツ人家庭も多いようです。▼チップ▼ ▼治安▼ ヨーロッパ諸国のなかでは治安の良い国といわれているドイツです。「秩序の正しさ」はドイツの特徴です。▼地球幸福度▼ 51位▼ビザ▼ 日本とドイツの間には査証免除取極が締結されているため、営利活動(報酬を得る活動)を目的とする場合以外の観光、知人訪問などの短期滞在(3か月)であれば査証は免除されます。▼大使館▼  http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/Startseite.html ▼電圧コンセント▼ 230VでC型(SE型) ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼   ▼服装▼  ▼国内の移動▼  ■Uバーン U-Bahn(ウーバーン) Uバーンはベルリン、ハンブルク、フランクフルト、ミュンヘン、ニュルンベルクにある地下鉄■トラム Tram(トラム)/Strassenbahn(シュトラーセンバーン) 多くの都市で走っている市営の路面電車。■バス Bus(ブス) バスは路線網が複雑で、町により乗降口の場所や乗車券の買い方が違うこともあり、地元の人以外が使いこなすのはなかなか難しいもの。▼国際運転免許▼  ドイツでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ 中央ヨーロッパから極東ロシアにかけ、ダニを介したウイルス性脳炎が発生しており、ドイツではバイエルン州、バーデン=ヴュルテンベルグ州、ヘッセン州、テューリンゲン州等で感染するおそれがあります。ドイツでは年間150~300人ほどの感染例があり、ダニに噛まれると発熱、頭痛、意識障害などがおこり、ひどい場合には、死亡することもあります。回復しても麻痺などの後遺症が残ることがあるといわれています。吸血性ダニは樹木の低い部分や藪、草むらに生息し、ダニ脳炎の流行期は通常3月から10月(特に6、7月、及び9、10月)です。山歩き、ハイキングなど野外活動の可能性のある方はダニよけスプレーなどで予防するようお勧めします。また、該当する地域に長期滞在される方は必要に応じダニ脳炎の予防接種(9ヶ月間に3回の注射を受ける必要があります。)を受けることをご検討ください。万一ダニに噛まれた場合には医師の診察を受けるなどの注意が必要です。▼トイレ▼  ドイツのトイレは基本的に有料です。空港や美術館、レストランで食事をした時などは基本的に無料です。 また、大きいスーパーやショッピングセンターなどでは利用者向けに無料のところもあります。▼クレジットカード▼ 屋台や露天以外のたいていのお店ではクレジットカードを使うことができます。ですが、ドイツは意外とカード社会ではないので一応キャッシュも持っておきましょう!▼小ネタ▼ 世界の先進8か国 (G8) の一つ。世界で初めて公的年金、保険制度を導入した国▼法律・マナー▼ ドイツでは鼻水をすする行為が失礼に当たるのでハンカチを持つことを薦めます。 

チェコ

チェコ ▼首都▼ プラハ ▼主要都市▼  チェスキー・クルムロフ、チェスケー・ブジェヨヴィツェ、プルゼニュ、カルロヴィ・ヴァリ、ブルノ、オストラヴァ ▼主な国際空港▼   ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港 ▼行き方▼  日本からチェコへの直行便はありません。ウィーン(オーストリア)、フランクフルト(ドイツ)、ミュンヘン(ドイツ)、アムステルダム(オランダ)などの都市で乗り継ぐとその日のうちにプラハに到着することができます。【陸路】ミュンヘンやウィーンからチェコまでは、ヨーロッパ大陸を縦横に走っている国際列車や国際バスを利用して行くこともできます。 ・直通列車 ミュンヘン(ドイツ)~プラハ(チェコ)   毎日2便 所要時間6時間 ウィーン(オーストリア)~プラハ(チェコ) 毎日9便 所要時間4時間半~8時間 ・長距離バス ウィーン(オーストリア)~プラハ(チェコ) 毎日2~3便 所要時間4時間~5時間半列車(周辺国からプラハ) ミュンヘン(ドイツ)     毎日2便、所要時間6時間 ウィーン(オーストリア)   毎日9便、所要時間4時間半~8時間 ベルリン(ドイツ)      毎日7~8便、所要時間4時間半~5時間 ブラチスラヴァ(スロヴァキア)毎日8便、所要時間4時間半~7時間半 ブダペスト(ハンガリー)   毎日5~6便、所要時間6時間55分~10時間20分 ワルシャワ(ポーランド)   毎日3便、所要時間8時間10分~10時間55分 クラクフ(ポーランド)    毎日1便、所要時間8時間40分【バス】長距離バス(周辺国からプラハ) ベルリン(ドイツ)毎日5~6便、所要時間4時間半~7時間半 ウィーン(オーストリア)毎日2~3便、所要時間4時間~5時間半 ブラチスラヴァ(スロヴァキア)毎日13~15便、所要時間3時間50分~5時間20分 ブダペスト(ハンガリー)毎日8~10便、所要時間6時間半~8時間 ワルシャワ(ポーランド)週7便、所要時間10時間~13時間10分▼隣接国▼ ポーランド、スロバキア、オーストリア、ドイツ▼言語▼ チェコ語。ちなみにチェコ語は、文法が複雑で、取得するのが世界でも1、2を争うほどむずかしいといわれるほどです。▼英語▼ チェコでは英語はなかなか通じない国です。チェコの人たちはチェコ語を愛しているので英語の表記も少ないです。▼両替▼ 両替は銀行や観光案内所、両替所、ホテルなどで可能で、いずれも手数料がかかります。また、大きな駅やバスターミナル、空港でも両替することができます。比較的レートが良いのは銀行で日本円の両替も可能です。▼通貨レート▼  1チェコ・コルナ = 5.1 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ チェコの物価は徐々に上昇しています。物価もあがってきてインフレになっているので日本より少し高い感じです。▼安宿▼ 約13ユーロから泊まれるとこがある。▼水▼ チェコの水道水はそのままでは飲用に適さないので、ミネラルウォーターを買いましょう!▼チップ▼ タクシーを利用した際のチップは基本的に不要ですが、特別に何か頼みごとをした場合は支払い料金の10%程度を渡しましょう。▼治安▼ 凶悪犯罪などは少なく、治安は基本的には悪くはないと思います。しかし、春から夏にかけての観光シーズンには地下鉄や観光スポットでスリ事件が多発することも。とくに地下鉄やトラム(市電)ではスリ集団による組織的な犯罪が目立ちます。▼地球幸福度▼ 92位▼ビザ▼ 90日以内の滞在であれば、ビザは不要。▼大使館▼  〒150-0012 東京都渋谷区広尾2丁目16番14号 電話番号 : 03-3400-8122 http://www.mzv.cz/tokyo/  ▼電圧コンセント▼ 220VでC型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  プラハではwifi対応のホテルが増えています!またプラハのメインの鉄道駅にも対応のお店があります。「スタロプラメン」「ポトレフェナー・フサ(HUSA)」http://tabitabi2400016.blogspot.jp/2010/07/wifi.html ▼服装▼  ▼国内の移動▼  ●鉄道 チェコ鉄道Ceske Drahy(CD)が全国をカバーし、首都プラハを中心に9500kmの鉄道網を持っています。 鉄道の種類は、普通(Os)、快速(Sp)、特別快速(R)、急行(Ex)、特急(IC/EC)、国際夜行(EN)、高速列車(SC)があります。 ●バス バスの路線は国内を網目のように細かくカバーしています。 中・近距離はバスを利用した方が料金が安く速いためお勧めです。しかし、プラハでは道が狭いのと環境汚染を防ぐため市街中心部への乗り入れは行われていません。 ●トラム トラムは路面電車でプラハ市内を縦横に走っており、毎日4:30~翌0:15まで運行しています。トラムでは頻繁に検札が行われており、正しい乗車券を持っていないと無賃乗車扱いとなり罰金を徴収されるので注意しましょう。 ●タクシー タクシーを利用する際は、観光客が集まるような場所で客待ちをしているタクシーはなるべく避けましょう。電話で呼び出す無線タクシーが安心です。 初乗りは40コルナで1kmにつき28コルナです。待機時間は1分につき6コルナ程度となります。 ホテルのタクシーは料金が高くつく傾向があります。▼国際運転免許▼  チェコでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 8時間▼病気▼ 中東欧地域は、ダニの一種(ツェッケン)に刺されることによって発症するダニ脳炎の感染地域であり、このダニ脳炎による死亡例が若干報告されています。このダニは、主に春から秋にかけて樹木や草むらに生息するので、そうした場所に行く場合は、帽子や長袖・長ズボンを着用するなどの注意を払った方が良いでしょう。また、チェコの病院でツェッケンの予防ワクチン(計3回)を接種することも可能です。▼トイレ▼  日本とは異なり、チェコのトイレは一般に有料のところが多いです。たとえば、地下鉄の駅、デパートやファーストフード店内のトイレも有料。金額は5~10コロナ程度です。ただし、観光スポットにある公衆トイレは、ほかよりも値段が高めに設定されていることも。レストランや居酒屋では、スタッフからトイレの鍵を借りる必要があるところもあります。▼クレジットカード▼ チェコではクレジットカードが普及しています!大きなホテルやレストラン、旅行会社、観光客相手のショップなどでは、世界的に有名なVISAやマスターカードなどのクレジットカードに対応しています。▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼   

オーストリア

オーストリア ▼首都▼ウィーン ▼主要都市▼グラーツ、リンツ、インスブルック、ザルツブルク ▼主な国際空港▼ウィーン国際空港 ▼行き方▼日本からオーストリアへは直行便があり、成田⇒ウィーンで11時間くらいです。東ヨーロッパ諸国やイギリス、フランス、ドイツ、スイス、イタリアからウィーン国際空港までは約1~2時間で着くためとても便利です。【電車】周辺国であるイタリアやドイツ、チェコ、スイス、ハンガリーからは、ヨーロッパ各国と国境を越えている国際特急ユーロシティー(EC)を利用してオーストリアへ入国することができます。イタリアとドイツは高速列車(ICE)も乗り入れています。 シティナイトライン(CNL)はウィーンとドイツのドルトムント間を結んでいます。【バス】周辺国であるハンガリー、スロバキア、チェコ、ポーランドからは、国際長距離バスを利用してオーストリアへ入国することができます。 ほかにも、パリやロンドン、ベルリンからも便があります。【船】周辺国であるハンガリーのブダペストとスロバキアのブラチスラヴァからオーストリアのウィーンまでは、ドナウ川定期船が運航しています。▼隣接国▼ リヒテンシュタイン、スイス、イタリア、スロベニア、ハンガリー、スロバキア、ドイツ、チェコ ▼言語▼ ドイツ語 ▼英語▼ オーストリアはヨーロッパでも比較的に英語が通じる国です。 ▼両替▼ 日本円からユーロの両替は、現地の空港や銀行、大きなホテル、中央駅構内や駅周辺の両替所などで可能です。空港や駅は、朝早くから22時頃まで営業しています。▼通貨レート▼  1 ユーロ = 138.9 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ オーストリアの物価は日本より高いといえます!ほとんど高いですが、乳製品のみ安いです。▼安宿▼ オーストラリアの安宿は安くても2500円ほどからです。 ▼水▼ オーストリアの水道水は、ほとんどがアルプスの湧き水を利用しているため飲用として飲むことができます。 ▼チップ▼ 基本的には不要ですが、いいサービスを受けたら渡しましょう!▼治安▼ オーストリアの治安は、ヨーロッパ諸国のなかでも比較的良好な国です。 しかし、近年では空港や公共交通機関内、駅周辺、地下道、ホテル、レストランなどでスリや置き引きなどの被害が多発しています。貴重品は肌身離さず身につけ、夜道のひとり歩きを避けるなどの対策を常に心がけましょう。スリ、置き引き、ニセ警察には注意! ▼地球幸福度▼ 57位▼ビザ▼ 6ヶ月以内の観光なら不要。 ▼大使館▼  〒106-0046 東京都港区元麻布1−1−20 http://www.bmeia.gv.at/jp/botschaft/tokio.html ▼電圧コンセント▼ 230VでC型(SE型) ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  無線LANが使える「ホット・スポット」が増えてきています。チェーン店や空港でWifiが使用可能です。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  電車、地下鉄 オーストリアには、特急列車やローカル列車、私鉄、蒸気列車、登山鉄道などがあり、オーストリアの鉄道が移動の足として活躍してくれます。鉄道のほとんどは、オーストリア連邦鉄道(国鉄)によって運営されています。また、ウィーンには、地下鉄U-Bahnがあり、U1、U2、U3、U4、U6の5系統があります。 ●バス オーストリアのバスは、鉄道が通らない村の奥のほうまで運んでくれます。 なかでも全国的に最も多く路線があるポストバス(Postbus)は、郵便局や駅前などがターミナルになっています。 ポストバスは、オーストリア連邦鉄道OBBと経営統合し、2005年からはOBBポストバス会社OBB-Postbus GmbHによって運行されています。オーストリアのバスは、地元の人々に密着しており登下校の小学生や勤め帰りの人たちで込み合っていますが、路線によっては観光気分でオーストリアの自然を眺めることができます。 ●タクシー オーストリアのタクシーは、流しのタクシーが少ないため主要駅前やタクシースタンドで待つか、ホテルなどで呼んでもらいましょう。 20kg以上の荷物があるときやホテルなどでタクシー呼び出した場合は追加料金が加算されます。空港など市外で乗り捨てた場合は€11の追加料金が加算されます。チップは料金の10%程度が目安です。 ▼国際運転免許▼  オーストリアでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ オーストリア及び近隣国(ドイツ、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スロベニア等中・東欧地域)では、ダニを介したウイルス性脳炎(症状は日本脳炎に似ている)に感染する恐れがあります。過去にオーストリアのザルツブルグ近郊の農村地帯で、日本人旅行者がダニに刺され脳炎を発症し死亡した例があります。この脳炎は、治療法がないため一旦罹患すると麻痺等の後遺症が残ったり、場合によっては死亡したりするケースも見られます。汚染地区に長期間滞在する予定がある場合や、汚染地区の特に標高1,000m以下の山道や湿地帯、また、森や公園を歩く可能性のある旅行者は予防接種を受けることをお勧めします。 予防接種はオーストリアの保健センター(Bezirksgesundheitsamter)で受けることができます。ワクチンは通常3回の接種が必要です。1回目の接種後4週間後に2回目、9か月から1年目に3回目を接種します。3回の接種を受ければ5年間有効です。旅行者の場合には緊急ワクチンとして 1~2週間をあけて2回受ければ、90%の効果があります。 ▼トイレ▼  オーストリアの公衆トイレは、有料と無料のものがあります。 ▼クレジットカード▼ オーストリアでは、VISAやマスターカード、アメリカン・エクスプレスは一般的に通用度が高いです。▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼  

ルクセンブルク

ルクセンブルク ▼首都▼ ルクセンブルク ▼主要都市▼   ▼主な国際空港▼   ルクセンブルク-フィンデル空港 ▼行き方▼  日本からルクセンブルクへは直行便がないです。ヨーロッパの主要都市を経由するのが一般的な行き方。またパリから直通する列車もあります。【飛行機】成田・関西⇒パリ⇒ルクセンブルク、成田・関西・中部⇒フランクフルト⇒ルクセンブルク 【鉄道】パリ東駅からルクセンブルク、ブリュッセルからルクセンブルク ▼隣接国▼  フランス、ベルギー、ドイツ,ベルギー、オランダ ▼言語▼ ドイツ語 フランス語 ▼英語▼ ルクセンブルクは割と英語が通じます! ▼両替▼ ルクセンブルクはユーロです。ユーロは現地でも日本円からの両替が可能なため、使う分だけの日本円を持参してもOKです。両替場所においては、空港、ホテル、両替所なども豊富にあります。 ▼通貨レート▼  1 ユーロ = 138.9 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ ▼安宿▼ "YMCAルクセンブルク 6人ドミ 20ユーロ(朝食付き)トイレ・シャワー共同、wifi、カフェ、キッチンなし(お湯と電子レンジが使える)" ▼水▼ ルクセンブルクの水質は欧州の他の地域に比べればかなり良いと言われていますが、石灰分を含む硬水ですので、水道水を長期間飲むのは避けた方がよく、日常的には市販のミネラルウォーターを飲むことをお勧めします。 ▼チップ▼ ▼治安▼ ルクセンブルクはヨーロッパでは割と昔から治安の良い国として知られていた、ルクセンブルク。犯罪発生率も比較的に低いです。欧州で最も低い失業率を誇り、経済格差も低いこの国は観光業も盛んです。その自然の豊かさから「欧州における緑の中心地(Green heart of Europe)」と称されることもあるほど、自然豊かで平和な国。外国人に対する差別意識もさほど強くない国なので、海外旅行者にもウェルカムな国だと言えるでしょう。 ▼地球幸福度▼ ▼ビザ▼ ルクセンブルクへは、3か月以内の短期滞在の場合は査証不要です。3か月以上の長期滞在の場合は、滞在許可証の取得が必要です(下記「滞在時の留意事項」を御参照ください。)。 ▼大使館▼  http://tokyo.mae.lu/jp ▼電圧コンセント▼ 220VでSE型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  ルクセンブルクのホテルにあります。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  タクシー、鉄道、飛行機、バス ▼国際運転免許▼  ルクセンブルクでは日本の国際免許での運転が可能です。日本の免許も忘れずに! ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ 風土病はありませんが、年間を通じて日照時間が少ないことや寒冷地であることから、神経痛・関節痛やリュウマチの患者が多くみられます。総合病院や開業医ともに医療は標準的と言われています。神経痛、重病、技術的に難易度が高い手術等の場合は、隣国(ドイツ、ベルギー又はフランス)等で治療する人もいます。 ▼トイレ▼  有料な場合が多い。 ▼クレジットカード▼ ▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼   

ベルギー

ベルギー ▼首都▼ ブリュッセル ▼主要都市▼  ブリュッセル、アントワープ(アントウェルペン)、ヘント、シャルルロワ 、ブルージュ -、、、 ▼主な国際空港▼   アントウェルペン国際空港、ブリュッセル国際空港(市内までタクシーで20分,45ユーロ。電車で20分,約5ユーロ)、ブリュッセル・サウスシャルルロワ空港、 コルトレイク・ウェフェルヘム国際空港、オーステンデ・ブルッヘ国際空港 ▼行き方▼  日本からベルギーへの直行便はありません。ヨーロッパの主要都市からの飛行時間は、パリやアムステルダムからは1時間弱、ロンドンからは1時間、ジュネーヴからは1時間20分、ローマからは2時間10分、マドリッドからは2時間20分。【電車】パリの北駅からブリュッセルまではTGVで約1時間20分、毎日24往復しています。 アムステルダム中央駅からは、タリスで約2時間40分、平日1日7往復しています。ロンドンのセント・パンクラス駅からはユーロスターで約2時間、1日7~9往復前後しています。ケルンからはタリスで約2時間かかります。【船】イギリスのハルからベルギーのゼーブルージュまではフェリーが出ています。 夜行で、所要時間は約12時間半程度です。 参考サイトhttp://www.belgium-travel.jp/base/traffic.html" ▼隣接国▼  フランス、ルクセンブルク、ドイツ、オランダ ▼言語▼ フランス語 オランダ語 ▼英語▼ ベルギーは多くの言語が存在するので英語はまぁまぁ通じます。特に都会だとさらに通じやすいでしょう。 ▼両替▼ 日本円からユーロに両替する場合、両替所や空港、国鉄主要駅、一部のホテルなどで両替することができます。銀行のレートが一番いいです! ▼通貨レート▼  1 ユーロ = 138.9 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ ベルギーの物価は日本と同じか、それそりちょっと高いくらいです。美術館の入場料は大人で4~10ユーロくらいです。安いレストランでも約10ユーロです。交通費は安いです!参考サイトhttp://allabout.co.jp/gm/gc/382630/ ▼安宿▼ 約13ユーロから泊まれるとこがある。▼水▼ ベルギーの水道水は飲用に適していますが、鉱物質や石灰分を多く含む硬水なので、気になる人はミネラルウォーターを買いましょう! ▼チップ▼ ベルギーではチップを渡すのが一般的です。だいたい5~10%を渡しましょう! ▼治安▼ ベルギーの治安はそこまで気にすることはありません。しかし、欧州ということでスリの発生率は日本の100倍になります。最低限のことは注意してください!特に、首都または大きな駅周辺はホームレスの人たちが狙っています。歩くのは避け、タクシーなどを使いましょう! ▼地球幸福度▼ 64位 ▼ビザ▼ ベルギーでは、6ヵ月のうち90日または3ヵ月以内の観光目的の旅ならビザは不要です。 ▼大使館▼  住所:〒102-0084 東京都千代田区二番町5-4 電話:03-3262-0191 http://www.diplomatie.be/tokyo/" ▼電圧コンセント▼ 220VでC型、SE型  ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  ベルギーではカフェなどで、無料のWiFiが飛んでいること多いです!メールのチェックしたいとか、地図を調べたいという時便利です!「FON_BELGACOM」というパスワード不要の電波が飛んでいます!設定することで使用可能です! ▼服装▼  ▼国内の移動▼  タクシー、地下鉄、市電、バス ▼国際運転免許▼  ベルギーの運転免許証に日本語の翻訳文(指定された機関に限る)を付して、日本入国後1年間、運転ができるようになりました。指定された翻訳機関としてJAF(社団法人日本自動車連盟)があります。なお、入国日からの経過日数を確認するため、警察官からパスポートの提示を求められることがあります。 ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ 風土病の類はありませんが,怪我をした場合には破傷風に注意する必要がありますので,ワクチンの接種について医師に相談することをお勧めします。 ▼トイレ▼  ベルギーのトイレは有料で数も少ないです。もちろん洋式。 ▼クレジットカード▼ ベルギーではVISAやMASTERなどであれば、ほとんどのホテルやレストラン、ショップなどで使用することができます。クレジットカードを使用してATMから現金を下ろすことも可能。 ▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼   

フランス

フランス ▼首都▼ パリ ▼主要都市▼  リヨン、マルセイユ、リール、ストラスブール 、トゥールーズ、ボルドー、ヴェルサイユ  ▼主な国際空港▼   シャルル・ド・ゴール空港 (Charles de Gaulle : Paris-CDG) 、また、南へ約15kmにオルリー空港 (Orly : Paris-ORY) と、2つの国際空港がある。 ▼行き方▼  日本からは日本航空やエールフランスが直行便を運航しており、日本からの直行便はシャルル・ド・ゴール空港に到着する。その他、北部約13kmの位置にル・ブルジェ (Le Bourget) 空港があるが、こちらは現在定期便は運行されていない。格安航空路線の発着が行われているボーヴェ空港(Aéroport de Paris Beauvais Tillé)は北西約80kmのピカルディ地方オワーズ県に所在しており、パリのポルト・マイヨ(Porte Maillot)から発着しているバスからアクセスが可能である。 ニースやリヨンにも国際空港があり、欧州各地からのアクセスポイントとなっている。▼隣接国▼  ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、スイス、イタリア、モナコ、アンドラ、スペイン▼言語▼ フランス語 ▼英語▼ 若い世代はたどたどしい英語で話しかけてくる人も多いなど、状況は日本と同様に考えて良い。日本の観光客の多い場所では簡単な日本語がごく稀に通じる場合もある。▼両替▼ 現金は日本で両替をしていくことをおすすめします。フランスと日本でレートを比較してみると、フランスの良心的な両替所のレートより日本のほうが少し良いといったところ。日本の国際空港でも両替所があるので、出発前に両替ができなかった人はこちらで両替ができます。逆に現地での両替は、時間も手間も取られます。レート表示もユーロベース/円ベース、手数料の有無などまちまちで、慣れていないと比較も難しいのが実情です。▼通貨レート▼  1 ユーロ = 138.9 円// 提供: ja.exchange-rates.org 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ 基本的に物価は高くつきます!タクシー初乗り 約800円、ビックマック 約520円、スターバックスのカフェラテ(トール) 約500円、コカコーラ 約137円、ランチ 約2000円、タバコ 約900円▼安宿▼ 参考サイト⇒▼水▼ パリの水道水は,石灰分が多く含まれている硬水ですが,飲料水としての使用は問題ありません。ただし,一般に日本人は市販のミネラル・ウォーターを飲用しています。▼チップ▼ 基本的に不要ですが、いいサービスを受けたら渡してもOKです!▼治安▼ フランスの治安は悪いと評判です。特に夜に一人歩きは危険なのでやめましょう。自分のまわりでも襲われた人がいます。▼地球幸福度▼ 74位▼ビザ▼ 日本とフランスの間に査証免除取極があるので,観光等就労目的以外で3か月以内の滞在には,入国査証は不要です。ただし,帰路の航空券を所持していない場合や,パスポートの残存有効期間が3か月に満たない場合は入国を許可されない場合もあります。▼大使館▼  〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44  Tel : 03-5798-6000 http://www.ambafrance-jp.org/-Japonais- ▼電圧コンセント▼ 220VでC型、SE型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  ランスでは、早くからこのWifiが普及し、スピードも速く、ネット環境は上々です。旅行者にとっても、すごく便利な環境です。ネットカフェがあまりないほどwifiが普及してます!参考サイト ▼服装▼  ▼国内の移動▼  公共交通機関(タクシー,バス,地下鉄等)が整備されており,いずれも比較的安全な交通手段と言えます。しかし,マルセイユのサンシャルル駅等からタクシーに乗車する場合に,高額な料金を要求されたり,出発駅(出発地)に戻る料金を請求されたり,さらには他の客と相乗りになるなどのトラブルが発生しています。▼国際運転免許▼  参考サイト ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ フランス入国に際し,特に義務付けられている予防接種はありません。フランスの医療は,世界でも最高水準です!▼トイレ▼  フランスでは、日本では普通にある所にトイレがなかったりします。また、公衆トイレは有料です。マクドナルドやスターバックスなどのセルフサービス系に多いのが、トイレに入る時にコード入力が必要な場合。利用客以外のトイレ使用を防ぐためと思われますが、そういった所は会計のレシートに「Code Toilettes(トイレ・コード)」が明記されているので、必ず捨てずに持っておきましょう。参考サイト▼クレジットカード▼ フランスではVISA、MASTERなら市内のほとんどの店で使えます。AMEX、DINERS、JCBは店によっては使えないところも。10ユーロ程度の下限額を設けているお店もありますが、モノプリやカルフールなどの大型スーパーでは1ユーロからカードが使えて便利です。▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼  [amazonjs asin="4478046646" locale="JP" title="A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)" 
ラングレー カナダ 観光

オランダ

オランダ ▼首都▼ アムステルダム ▼主要都市▼  ハーグ、ロッテルダム、ユトレヒト 、デルフト、マーストリヒト 、ザーンセスカンス ▼主な国際空港▼   スキポール空港 ▼行き方▼  日本からオランダへは、成田空港や関西国際空港から直行便が運行しています。直行便を運行しているのはKLMオランダ航空や日本航空があり毎日運行しています。オランダの主要な空港は上に書いてある“アムステルダム・スキポール空港”です。所要時間は、約12時間になります。【列車】ヨーロッパは国際列車が発達しているので、列車を利用した陸路でも近隣国からオランダへ入国することができます。 特に、国際列車のユーロシティは設備も整っており、ゆったりとした旅を楽しむことができます。 ●フランス(パリ)~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約3時間半列車:タリス(THALYS) ●ベルギー(ブリュッセル)~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約2時間45分列車:タリス、インターシティー(IC) ●ドイツ(ケルン)~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約2時間半列車:インターシティーエクスプレス(ICE) ●ドイツ(デュッセルドルフ)~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約2時間15分列車:ICE 【バス】ヨーロッパは列車の他に国際バスも発達しています。 Euro Linesを利用してヨーロッパの国を移動することができます。 国際列車に比べて所要時間はかかりますが、料金は安いので交通費を安く抑えたい方にはお勧めの交通手段です。 ●フランス(Paris Gallieni Porte Bagnolet )~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約8時間 ●イギリス(London Victoria Coach Station)~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約12時間半 ●イタリア(ROMA AUTOSTAZIONE TIBURTINA.)~オランダ(アムステルダム) 所要時間:約5時間 ●ドイツ(Berlin, ZOB Am Funkturm)~オランダ(アムステルダム)【船】イギリスからはフェリーを利用してオランダへ入国することができます。 ●ハリッジ(Harwich)~フックファンホランド(Hoek Van Holland) フェリー会社:ステナ(Stena)http://www.stenaline.nl/ferry/ 所要時間:出発時刻によって大幅に異なります。約5時間半~8時間 ※夜の便での移動は所要時間が長くなります。 ●ハル(Hull)~(ユーロポート)Europoort フェリー会社:P&O Ferries http://www.poferries.com/ 所要時間:約11時間15分 ※夜間のみ、毎日運行しています。 チェックインは出発時刻の90分前に締め切ります。(19:30) 所要時間:約10時間15分▼隣接国▼  ドイツ、ベルギー▼言語▼ オランダ語 ▼英語▼ かなりではないですが、オランダは英語がよく 通じる国です。▼両替▼ オランダ現地では、トラベラーズチェック、日本円のどちらも両替をすることができます。 両替をできる場所は、銀行の他に郵便局やホテル、観光案内所、空港、GWKという両替所です。レートはホテルが一番高く、その他の場所のレートは大きな差はありませんが、比較的両替所のレートが良いです。▼通貨レート▼  1 ユーロ = 138.9 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ オランダの物価は日本の物価よりも少し安い程度です。肉や野菜はとても安いですが、魚はあまりオランダでは食べられないためか少し高くなっています。中にはかなり高いものもあるので注意しましょう!▼安宿▼ 参考サイト⇒http://ha9.seikyou.ne.jp/home/sometimesomewhere/y-netherlands.htm▼水▼ オランダの水道水は飲めますが、硬水なので心配な人は水を買いましょう!▼チップ▼ 10%程度払いましょう!!▼治安▼ オランダは他のヨーロッパの国と比べて比較的治安は良いとされています。しかし、やはり外国人観光客を狙ったスリや置き引きなどの軽犯罪は発生しています。オランダが他の国と異なっている点は、マリファナなどのソフトドラッグの使用率が高い点です。ドラッグに手を出しのはやめましょう!▼地球幸福度▼ 74位▼ビザ▼ 日本とオランダとの間には査証免除取極があり、観光等を目的とした3か月以内の滞在であれば入国査証は必要ありません。ただし、シェンゲン域内における観光等の短期滞在者の滞在可能期間は、域内入域日を起算日として、同日以降の6か月のうち最大3か月以内となっていますので注意が必要です。▼大使館▼  〒105-0011 東京都港区芝公園3-6-3 http://japan-jp.nlembassy.org/ ▼電圧コンセント▼ 230VでB型、C型、SE型 ▼SIMフリー▼  ▼Wifi▼  オランダのインターネット普及率はとても高く、ヨーロッパトップクラスと言えます。オランダでは日本と同じくらいかそれ以上にインターネットが普及していると言えます。日本から持ってきた個人のパソコンでインターネットに接続するには、Wi-Fi接続可能なカフェや駅の構内などでインターネット環境に接続することができます。この場合、、無料で接続できる場所はとても少なく、Wi-Fiカードを購入する必要があります。Wi-Fiカードの料金は、1週間で€15、1ヶ月で€30ほどです。インターネットカフェがある ▼服装▼  ▼国内の移動▼  ▼国際運転免許▼  使用できます。参考サイト ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ 特にありません。▼トイレ▼  オランダのトイレは全て洋式の便座がO型のものになります。オランダのトイレは、他のヨーロッパの国同様にほとんどのトイレは有料になります。デパートのトイレなども入口に係員がいるのでお金を払わないと利用することができません。カフェなどでは有料でないトイレもありますがほぼ有料トイレなので、基本的にトイレは全て有料と考えていると良いでしょう。▼クレジットカード▼ オランダでは、都市部のホテルやレストラン、店舗などではクレジットカードを基本的に利用することができます。 オランダでは主要なクレジットカードであれば使用することができ、基本的に利用できるクレジットカードは、VISAやMaster Cardになります。オランダではクレジットカードよりもデビットカードの方が普及しているのは現状です▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼   
フォートラングレー

イギリス

イギリス ▼首都▼ ロンドン ▼主要都市▼  バーミンガム、マンチェスター 、リバプール、ヨーク 、エディンバラ 、カーディフ  ▼主な国際空港▼   ロンドン・ヒースロー空港、ロンドン・ガトウィック空港、ロンドン・スタンステッド空港、ロンドン・ルートン空港、ロンドン・シティ空港、マンチェスター空港、リバプール・ジョン・レノン空港、リーズ・ブラッドフォード国際空港、バーミンガム国際空港、、、 ▼行き方▼  【列車】パリ北駅(フランス)やブリュッセル(ベルギー)からユーロスターと呼ばれる高速鉄道がロンドン・セントパンクラス駅まで乗り入れている。入国審査は駅で行われるが簡素です。【バス】大型長距離バスはフランスとベネルクスから英国を訪問する最も安価な方法である。ユーローライン (Eurolines) はパリ、アムステルダムとブリュッセルからロンドンのヴィクトリア駅 (Victoria coach station) まで毎日運行している。夜行大型長距離バスと限定された昼間大型長距離バスは、英国とアイルランド間を毎日運行している。接続は、ユーローラインの乗車券を購入する時、ほとんどの目的地行きの乗車券を安く購入できる、英国国内のナショナルエキスプレス大型長距離バス網を経由してイギリスのほとんどの場所へ行く事が可能である。所要時間は8時間から14時間である。【飛行機】直行便あり。▼隣接国▼  島国▼言語▼ 英語 ▼英語▼ イギリスは英語圏なのでバリバリ通じます。▼両替▼ できれば、両替は日本で行った方が良いです。レートが良いことと、日本語が通じるためです。もし、イギリス国内で両替する必要がある場合は、銀行や郵便局などの金融機関、または両替商を利用します。大抵の場合、大きな駅の構内や観光スポット周辺には必ず1、2軒の両替商があるので、困る事はありません。空港はレートが悪いです。▼通貨レート▼  1UKポンド = 170.5 円// 提供: ja.exchange-rates.org ▼物価▼ イギリスの物価は高いと言われています。よく言われるのが1ポンドが100円だったら日本と同じくらいと言われています。実際は1ポンド170円なので東京の1.7倍高いイメージです。▼安宿▼ 料金はエリアによって大きく変わりますが、安いところだと10ポンド~から泊まれるところもあります。▼水▼ イギリスの水道水は飲んでも問題ないとされています。しかし、硬水なので気になる方はミネラルウォーターを買いましょう!▼チップ▼ レストランやタクシーは10%。ポーター1ポンド。ルームサービス1ポンド。ファーストフードは不要です。▼治安▼ イギリスは、他のヨーロッパ諸国に比べれば、比較的治安のいい国だと言われています。常識的な範囲で行動していれば、旅行者が凶悪犯罪に巻き込まれる心配は、ほとんどありません。ATMの盗難にも気をつけましょう!▼地球幸福度▼ 74位▼ビザ▼ 短期滞在⇒6か月を超えない滞在のことです。短期滞在では事前に査証を取得する必要はありません。▼大使館▼  No 1 Ichiban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 日本 https://www.gov.uk/government/world/japan.ja ▼電圧コンセント▼ 240VでBF型 ▼SIMフリー▼  イギリスではSIMはかなり普及しています。日本人でも使用しやすいです。参考サイト▼Wifi▼  ヒースロー空港全てのターミナルで無料のWifiが使えます!イギリスではネットカフェも普及しています。 ▼服装▼  ▼国内の移動▼  ▼国際運転免許▼  英国入国後又は居住開始後1年間は、日本の運転免許証(国際運転免許証を含む)で自動車の運転が可能です。 ▼シーズン▼ ▼時差▼ 時間▼病気▼ イギリスに行くのに予防接種は必要ありませんが、皮膚炎、インフルエンザ、花粉症、流行性脳せき髄膜炎、食中毒等に注意が必要です。なお最近、麻しん(はしか)や百日せきの流行も伝えられています。長期滞在者は、健康維持の観点から、一般的に日照時間が短い季節にも注意して、なるべく屋外で日に当たるように心掛けることをお勧めします。▼トイレ▼  洋式・水洗タイプのトイレです。トイレットペーパーは日本の様にロールではなく、四角いティッシュを引っ張り出すタイプです。公衆トイレは有料です。ちなみにトイレではなくRestroomというので注意しましょう!▼クレジットカード▼ イギリスはクレジットカード社会なので、細かいお会計でもクレジットカードで支払うことが普通とされています。 カードの取り扱いは自分自身になります。VISA,Masterカードに続いてAmerican Expressが使用可能です。▼小ネタ▼  ▼法律・マナー▼ 電車、地下鉄、バス等の公共交通機関は、日本と異なり「乗越し精算」制度がないため、料金不足となった際は高額な罰金が科せられます。  

最近の記事!