2015 9月

マンスリーアーカイブ 9月 2015

フレデリック・F・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin) 歴史

ショパンの歴史について(Chopin)

生い立ち 偉大なピアニストであり、作曲家のフレデリック・F・ショパン(Fryderyk Franciszek Chopin)は、1810年にワルシャワ郊外のジェラゾヴァ・ヴォラでフランス人の父とポーランド人の母の間に生まれた。 ショパンは生後7ヶ月の時にワルシャワへと移住し、20歳までを過ごす。7歳で初めての作曲をするなど「ワルシャワの天才児」と呼ばれたショパンだが、体が弱く、療養のためポーランドの田舎で過ごすことが多かった。彼の作る音楽は、当時療養先で出会ったポーランドの民族音楽「マズルカ(mazurek)」や「ポロネーズ(polonaise)」に大きな影響を受けたと言われている。 ショパンは20歳で活躍の場を広げるためウィーンへと旅立つが、満足な活躍ができず父の母国であるフランスへ移住し、そこで世界的な音楽家としての地位を確立する。当時のポーランドはロシア帝国の統治下に置かれていた時代だ。ショパンがワルシャワを離れた1830年11月2日のわずか25日後の同月27日に、ワルシャワ市民による蜂起が勃発した。ショパンはポーランドへの望郷の思いを常に抱えながらも二度と母国に戻ることは出来なかったが、それは蜂起メンバーと関係があり、蜂起失敗後、ロシアの追及を恐れて戻ることができなかったのではないかと言われている。 39歳の若さで亡くなったショパンは、遺言として「体は戻れなくとも、せめて心臓だけでも持ち帰ってほしい」と姉のルドヴィカに伝えている。その言葉通り、死後ショパンの心臓はワルシャワに運ばれ、聖十字架境界の柱の中に安置された。 年表 1810年 ポーランドのジェラゾヴァ・ヴォラに生まれる。生後7ヶ月でワルシャワに転居。現在のサスキ公園内の宮殿別棟に住む。 1817年 7歳でポロネーズを作曲。楽譜が出版される。現在のワルシャワ大学内カジミシェル宮殿に転居。 1818年 ワルシャワで初めての演奏会を行い好評を博す。(8歳) 1823年 普通の子供として育てたいという親の願いによりワルシャワ高等中学校に入学。ワルシャワ音楽院長から作曲の個人レッスンを受ける。 1824年 シャファルニャで夏休みを過ごし、ポーランドの民族音楽に関心を抱く。 1826年 16歳の頃、ワルシャワ音楽院に入学。体が弱かったため、夏にはドゥシニキ・ズドルィで療養。 1827年 妹の死をきっかけに現在「ショパン家のサロン」として公開しているクラシンスキ宮殿(現チャプスキ宮殿)に転居。 1829年 ワルシャワ音楽院を卒業。 1830年 音楽家として世界で活躍するため、20歳でオーストリアのウィーンに旅立つ。その直後ワルシャワで11月蜂起が起こる。 1831年 ウィーンで思うような活躍ができず、フランスのパリへ。 1832年 パリで最初の講演会を開く。有能な音楽家として認められる。 1835年 チェコのカルロヴィ・ヴァリでひと夏を両親と過ごす。その後、ドイツのドスデンでかつて交流があったポーランドの貴族ヴォジンスキ一家と会う。娘のマリアに恋をして「ワルツ」を彼女のために書く。パリへ戻る途中で吐血。 1836年 マリアに求婚するが、翌年には婚約が破棄される。この年、マリアーンスケー・ラーズニェで療養する。 1838年 フランスの女流作家ジョルジュ・サンドとの関係が始まる。サンドの元で多くの作品を生み出し、安定した音楽生活を送る 1847年 サンドと決別。「子犬のワルツ」などを作曲。 1848年 二月革命で混乱したパリを抜けだして、ロンドンへ渡る。吐血を繰り返す体を押して、生活のためレッスンや演奏会を行ったが、病状が悪化しパリへ戻る。 1949年 10月17日パリにて永眠。(39歳)

スワンナプーム国際空港の飲食店・Wi-fi・コンセント情報

さぁさぁ!僕もついにタイ・カンボジア旅行を終え、今日、日本に帰るので今日はスワンナプーム国際空港(Suvarnabhumi International Airport)にやって来ました!いつものごとく空港を探検してきたので、「飲食店」「Wi-fi」「コンセント情報」をご紹介しますぜ! :-)   スワンナプーム国際空港について スワンナプーム国際空港は2006年に全面開港した空港で新バンコク国際空港とも呼ばれている中心的な空港です。バンコク市内からは少し離れているのでARL(エアポート・レール・リンク)を利用して町まで行く必要があります。 空港から市内の駅(パヤタイ駅 Phaya Thai)まで片道45バーツで、時間は30分程で行くことができます。パヤタイ駅から中心であるサイアム駅は2駅隣なのでアクセスに便利です。タクシーやバスを利用する方法がありますが2015年9月現在、この方法が一番安くて早い方法だと思います。(^^) Wi-Fi事情 結論から言うと、ここスワンナプーム国際空港でも無料でWi-Fi(ワイファイ)を使用することが出来ます。他のサイトでも紹介していると思いますが、記事の内容が古かったりするのでこの記事を参考ししていただけると良いと思います! :-)  (2015年9月現在) まず、接続するネットワークは「.@AirportTrueFreeWiFi」という名前のやつです。他のサイトだと少し名前が違ったりしてたりしますが、現在はこのネットワークが使用できます(^^)そして接続したら、適当なページを開いていただけると、毎度おなじみのように勝手に認証ページに連れて行ってくれます(笑) 嬉しいことに日本語があるので日本語をクリックしましょう!個人情報を入力してくださいとありますが、実際にちゃんとした個人情報を入力しなくても大丈夫です。公共のWifiはちょっと怖いですからね・・・メールアドレスと国名だけちゃんと入力して、あとは適当でも利用できました(笑)パスポートNoは「TK(適当に7ケタの数字)」でOKです!そしたら、規約に同意して登録しましょう! :lol: このような画面が表示されるのでログインをクリックすれば接続できます!このログイン名とパスワードはメモらなくて特に大丈夫です。実はここのWifiは2時間しか使えません。ですが、途中でログアウトすればタイマーは停止されるので分けて使いたい方はメモっておく必要があります。とは言え登録したアドレスにログインIDとパスワードが送られていると思うのでこのページは「ログイン」をクリックしていただいてOKです!(^^)このページに来ればもう接続されています!(^^) 上の赤い文字のとこに2Hour 0Minuteと書いてあり、2時間使用できるのがわかります。ただ、このページを更新してしまうとこの表示が消えてしまうので実際にあと何分使用できるかはわかりません。。。あと、さっきのログインIDとパスワードを使用すればスマホでも接続出来ますが、そうするとPCの方は途切れてしまします。どちらか片方だけ使えるので注意してくださいね! :-) 2時間以上繋ぎたい方㊙ 僕も2時間以上繋ぎたい方なので他の方法はないか試したところ・・・2時間以上つなぐことが出来ます! お次は「.@AirportAISFreeWiFi」につなげます!そしたらさっきと同じ画面が出てくるので同じように進めていきましょう!もちろん、パスポート番号とかも適当でOKそうするとまたまた2時間使用できるようになりましたぜ!!やったー! お店情報 今回は3階ロビーのトコロにあるお店達をご紹介します!(2Fの到着フロアは行けなかったので・・・) 「Airport Cafe 1」というカフェ&お土産屋さん!もちろん2もありました!ドラえもんのお菓子とか売ってましたよ!「KING POWER」 ここはいわゆる普通の免税店。エスカレーターの近くにあるのですぐに目に着くと思います(^^)その向かい側にあるのが「Magic Food Village」という新鮮なフルーツを売っているお店。マンゴーをゴリ押ししていました!その向かい側には本屋さん。「naiin」「Boots」という名前のドラッグストアもあります。日焼けを忘れた方はここで買えますぜ!珍しく、セブンイレブンじゃなくて「FamilyMart」でした!「TOP TEN」というバーガー屋さん。「金 KIN」というジャパレス。日本食をどうしても食べたい方はこちらへどうぞ。ラーメンとかカツサンドとかありました!「BlueCup Coffee」という可愛い鳥さんが目印のカフェ。ガラガラでしたー!「AIRPORT CAFE 2」内容は1と同じ気がします。。「LEE Cafe」という中国風のカフェ。写真を見るとわかりますが、やけに店員さんが多い(゚∀゚)!!ここからだけでも8人いらっしゃいます(笑) 静かにお食事をしたい方は、他のお店に行きましょうー! :-) 「TATE CAFE」というお店。お店の外にWIFIのマークが貼ってあるので使用可能!?と思ってよく見ると1人500バーツと書いてありました!たきゃい!高い!Wifiには期待しない方が良さそうです。「Eat tion」というタイの屋台的なお店。タイの出店が恋しい方はこちらへどうぞ。「CHINATOWN」ということで、空港内にも進出しましたか(笑)「バーガーキング」がない空港なんてこの世にあるのでしょうか???「The Coffee Bean & Tea Leaf」 というカフェ。スタバの隣にある割にはお客さん多かったです!「Starbucks」もどっこにでもあります。そういえば、飲料水もあるので生きていくのには困りませんぜ!やったねみんな!w コンセント情報 スワンナプーム国際空港にはちゃんとした正規のコンセントゾーンとかはありませんが、柱にこうやってコンセントが付いているので特に電源に困らないと思います。そして僕は気づいてしまった!よく見ると・・・「床に埋まっているやーつ❢」機械の裏とかにあってみんなここに集まっていました!これなら完全に空港で暮らせます!やったね! セキュリティ後 僕が来たことのある国際空港で一番でかいです!店がめっちゃあるので写真全部見るの大変でっせ!(笑) MICHAEL KORSBOSSCROSSING CONTINENTSSWAROVSKI スワロフスキーBALLYCartierLONGCHAMPVICTORIA'S SECRETEYE メガネ屋MONTBLANCTWG TEA おしゃれなお茶屋さんSai Jai ThaiVOYAGE OF STYLEJIM THOMPSONセキュリティ後の充電コーナはほとんどありません・・・・電気屋 TOMIメガネ屋がたくさんある!スウォッチ SWATCHKiehl'sJo MALONEMACTHAI SNACKSACICTDOITUNGSai Jai ThaiOTOPmango treeConnectwatch 世界の時計を売っていますMEMORIES OF THAILAND 免税店 お土産屋BOOTS ドラッグストアSPORTS シンプルなスポーツ店SCENTS OF THAILAND すっごいいい匂いがする香水屋Chang マッサージ 料金は700バーツから Aiya 愛亜っていうかばん屋Char Haru レストランHALALBILL BENTLEY っていうバー。欧米の方々がたくさんいたCaffe RITAZZADQ Dairy Queenピザ バーガーキング Pretzelmister donuts ミスタードーナツCOLD STONEJuice&MoreSimply W金 KIN ラーメンCREAM&FUDGECoffee&WorldSIENNATASTES OF THAILAND 試食とかやってた読めないけどぬいぐるみ屋MOONTASTES&TRAVELMETOD'SROLEX ロレックスdunhill ダン・ヒルBURBERRY バーバリー EMPORIO ARMANI エンポリオ・アルマーニ HERMES読めない 読めない CHANEL シャネルグッチ GUCCIブルガリ BVLGARICOACH コーチLACOSTE ラコステPRADA プラダ時計屋2ポロ・ラルフローレン Ralph LaurenDior まとめ いかがだったでしょうか?スワンナプーム国際空港にはちゃんと「水」「電源」「Wifi」というライフラインがあったので余裕で滞在出来ます(笑) 早めに着いてしまい、時間を潰すのもありですし、路頭に迷って空港で泊まるのもアリです!Wifiは同じネットワーク先でもパスポート番号とか変えれば使い続けることが出来そうです!それじゃまた!
バンコク ジム・トンプソンの家 2015 入場料

“ジム・トンプソンの家”が値上げしてるで!(バンコク)

さぁさぁ!バンコクにいるのもあと少しになって来ました!今日も天気予報に反してラッキーなことに晴れたので、バンコクの有名スポットであるジム・トンプソンの家に行って来たのでご紹介します! ジム・トンプソンって? ジム・トンプソン(James Harrison Wilson Thompson)を超簡単に説明すると、タイシルクを世界中に広めた人です。「タイのシルク王」と呼ばれていますが、ジム・トンプソンはアメリカ人です。プリント模様のシルクを生み出し、自分の名を持つブランドもあります。 場所 最寄りの駅はナショナルスタジアム(National Stadium)駅です!ここから歩いて5分ほどで着きます!駅内にも看板があるのですぐにわかると思います。(^^) 入場料 実は僕は3年前のるるぶを持ってタイに来ているのですが、なんと・・・・・値上がりしていらっしゃる❢❢ :-o 当時だと一人 100B (24歳以下は 50B)となっていました!がしかし、今回行ってみたら、一人150B(22歳以下は 100B)となっていました!わぉ大胆に値上げしてきましたね!と言ってもまぁ50Bの差なのでまぁ良いですが(笑) ちなみに22歳以下の方はちゃんとパスポートチェック✔をされるので!(笑) そして入場料を払うと、解説の紙をくれるのでもらいましょう。「タイ語」「英語」「日本語」「中国語」があったと思います。ね、ちゃんとレシートに150B×2って書いてあるでしょ!タイの観光地も味を占めてきましたなー(笑) ちなみにこの12:00というのは12時から日本語のガイドが始まるということ!僕らはちょうどタイミングよく行くことが出来ました!この解説をもらいました! 「ジム・トンプソンハウスにようこそいらっしゃいました。ジム・トンプソンは1906年生まれのアメリカ人です。第二次世界大戦前は建築家として働いていましたが、34歳の時、アメリカ陸軍に志願して、ヨーロッパで従事しました。第二次世界大戦の終了間際にOSSの情報将校としてタイに派遣され、退役するまでバンコクに勤務し、タイに永住しました。彼は家内産業であったシルクの手織りに興味を持ち、その普及に没頭しました。デザイナーとしても、染色家としても、天賦の才能の恵まれていた彼は、プリント模様のシルクを生み出し、その結果、タイシルクの名を世界的に広めました。」 「ジム・トンプソンハウスはタイの古い建築様式を多く取り入れて、チーク材でできた家を6券取り集めて造られたものです。大部分は100年から200年以上経っており、そのうちの何軒かはタイの古い都アユタヤから川を下って運ばれたものです。昔の建築法にしたがって復元しましたが、随所に彼の建築家としてのアイディアが生かされています。古い様式に従った中で、シャンデリアだけが電化されています。しかし、このシャンデリアも18世紀ならびに19世紀のもので、すでに富裕な貴族の家にはありました。ジム・トンプソンハウスの建築にあってはこの国の風習に従って占い師が必要な宗教上の占いを行いました。」 「この家は1959年の完成後まもなく一般に公開されました。展示品は昔のタイのものばかりでなく、周辺諸国の古美術品も含まれています。彼は1967年3月26日、マレーシアのキャメロン高原で休暇中、謎の失踪をとげましたが、いまだに手掛かりもつかめていません。」 「一般公開以来、ハウスの収益金はバンコクの盲学校のために使われています。毎日日本語ガイドがおります。尚、毎週火曜日の午前中には日本人のボランティアがガイドを行っております。」 「1976年にジム・トンプソンの法定管財人はタイ王国の省庁からジム・トンプソンの名を冠した財団設立の認可を受けました。トンプソンの資産は財団の所有となり、その邸宅と美術コレクションは現在、私設博物館として公に登録されています。財団設立の際の認可状によって、財団はジム・トンプソンの永続的な権利を擁護し、タイの豊かな文化遺産の維持、保存のために貢献、専念するものです。」   と書いてありました! さぁ!行ってみよう! これが入り口、路地の奥にあるのでわかりにくいかも知れません!ちょうご日本語のガイドの時間に着けました!この絵は版画になっていてこれを使って印刷をしていたようです。日本で言う狛犬さんだって!さっきの坪は中国製だそうです!なかに炭を入れて温めることが出来ます。 シルクの原料の蚕の糸の作り方が紹介されています。イモムシが苦手な方はビックリするかも! これはジム・トンプソンの納屋!ガイドに参加するとジム・トンプソンの家の中に入ることが出来ます!荷物はすべて預けて、家の中の写真の撮影禁止になります。外からはOK~♪お土産屋には日本語の本も売っていました! 展示館もあります。ジム・トンプソン失踪の謎って気になりますね(笑) ジム・トンプソン 失踪の謎 ウィリアム・ウォレン Archipelago Press 2004 Amazonで探す 楽天市場で探す Yahooショッピングで探す ヤフオク!で探す 7netで探す この方は本物の蚕から糸を紡ぎだしていました!すごい手際がよくてビックリ!中々見れない光景ですよ!蚕を煮込みながら糸を取るみたいです! 2015年10月31日までイベントをやっています!上の階で映画を見ることが出来ます!英語字幕もあるのでみなさんも見ることができると思います! まとめ いかがだったでしょうか?入場料アップには少しビックリしましたが、タイの歴史に触れることが出来たのでよかったです!ナショナルスタジアム駅からすぐに行けますし、ジム・トンプソンの家の敷地内にはお土産屋やレストランがあるので雨の日でも楽しむことが出来ます!是非行ってみてくださいなーー!(^^) こっちの記事も読むといいかもね! ◯バンコクで世界一周!?「ターミナル21」に行こ! ◯バンコクで安い飯屋・レストランを見つけた! ◯雨季のバンコクの楽しみ方! ◯タイの物価を公開!(2015年)
ターミナル21 バンコク

バンコクで世界一周!?「ターミナル21」に行こ!

どーも!今日もバンコクを引き続き探検してきました!今日は「るるぶ」には載ってないオススメスポットに行ってきました! ターミナル21 「ターミナル21」は、2011年10月にオープンした空港をテーマとしたショッピングモールです!アソーク(英語:Asok タイ語:สถานีอโศก)というビジネス街にできたこともあり以前から大きな関心を集めてきました。敷地内には9階建てのショッピングセンターと20階建てのサービスアパートメントが入っています。ここの特徴は「空港のターミナルをテーマにしている」ということで、東京(TOKYO)、アメリカのサンフランシスコ(San Francisco)、ハリウッド(Hollywood)、フランスのパリ(Paris)、イタリアのローマ(Rome),トルコのイスタンブール(Istanbul)、イギリスの(London)など各階テーマを決めて作られています。ファッション街、レストラン街はもちろんのこと、他にはブティック、映画館、スーパーマーケット、フィットネスジムなどもあります。 場所 バンコクのアソーク(英語:Asok タイ語:สถานีอโศก)から歩いてすぐのトコロにあります!駅とターミナル21はつながっているので雨の日でも濡れることなく建物に入ることが出来ます!(^^) さぁ!早速行ってみよう! アソーク駅からターミナル21への通路にはこのような看板があるので一目でわかります!これがターミナル21に入っている国の数々!我らが東京が入っているのは親近感持てますね!実際に日本人の方もたくさんいました!(^^)入ってすぐのトコロに空港を思わせるような長いエスカレーターがあります!そしてゲートには「DEPARTURE」と書いてあります。まさに空港らしいつくりになっています! 下を見ると地下フロアのローマの街並みが見えます! そしてここのオススメはトイレもその国をモチーフに作られていることです!そしてタイでは珍しくトイレはすべてウォシュレット付きになっています!これは嬉しい! :-) ちなみにこれはパリのお手洗いです!おしゃれな感じです!便器も日本のものとはちょっと変わっている!これがパリなのか・・・!?こういう細かい箇所もパリみたいになっております!(僕はまだ行ったことないけど・・w)3Fはイスタンブール(Istanbul)です!アジアとヨーロッパの境と言われる街!行ってみたいよ!ストリートごとに分かれていてとにかくオシャレ!この階にはアクセサリーが多かった!オート三輪とか飾っちゃう感じ!これがイスタンブールなのか・・・!?こういう細かい照明とかもオシャレ! そして2Fはロンドン(London)です! 兵隊さんがお出迎えしてくれる!ここは男性向けのファッションが多かった!お店が電車をかたどっていてオシャレ!そしてLondonのトイレはこの地下鉄を進んでいくと・・・・現れます!!そういえば、ここのトイレの清掃員さんもその国々のコスプレをしているのでさらに雰囲気が出ます!ロンドンの地下鉄の地図もありました!(^^)そして2Fの東京へ・・・・! でっかーい、まねきねこがお出迎え!縁起がいいぜ! そして夜の東京をモチーフにしたファッション街が現れます!柱ごとに東京の駅名が書いてあります。「上野」「目白」「高田馬場」「渋谷」「原宿」「大崎」など。(東京は詳しくないので。。。。)売っているものは東京とは関係ないです(笑) 柱にお相撲さんが稽古をしています!どすこい! 日本の富士山!日本語を見つけるとふと立ち止まってしまいますねー :-P 江戸の町!な感じでしょうか?提灯には「平和」「希望」と書いてあります。こっちにもたくさん提灯があります!でもよく見てみると・・・・「共存共栄」「完全無欠」「奇想天外」の3種類の言葉しか書いてありませんw なぜこの言葉をチョイスしたのでしょうか(笑)そして日本のトイレ!洗面台に蛇口がない!?!?手を出すと壁の奥から水が出てきます!さすがJAPANオシャレと思ったけど日本でこういうの見たことないぞ(笑)! ま、楽しいからいっか!そして4Fのサンフランシスコ(San Francisco)へ!電車が中に浮いてますけど!そしてトイレは船をイメージした感じ!サンフランシスコはカニが有名なのかな?カニをゴリ押ししてた!そして5Fもサンフランシスコ!4階5階はフードコートになっているのでお好きな店でご飯を食べちゃいましょう! 5Fにはサンフランシスコ名物のゴールデンゲートブリッジ(Golden Gate Bridge)があります!結構リアルに作られています!んで6Fはハリウッド(Hollywood)になっています!バズライトイヤー! ウッディー!シネマワールドがあるので映画好きな方は映画を見てはいかがでしょうか??値段は月曜~木曜は160B、水曜は100B、木曜金曜は180B、土曜日曜は200Bとなっています!(デジタル版で一番安い席の場合) どっちにしても日本よりも安いですね!水曜日なら100Bで映画が見れるのはかなりお得だと思いますぜ!英語かタイ語だけどね!(笑)ゲームセンターもありました!タイのゲーセンは10Bで遊ぶことが出来ます!これまたお得! ここにも携帯・スマホを売っている方たちがいるのでSIMフリーとか探している方は行って見ましょう!Hollywoodのトイレは名物の手形が飾ってありました❢ まとめ 階ごとにまとめると、地下(ローマ)、1F(パリ)、2F(東京)、3F(イスタンブール)、4F(サンフランシスコ)、5F(サンフランシスコ)、6F(ハリウッド)となっています!ショッピングに興味がない僕でも内装を写真を撮って満足出来ました! :-)  雨の日でも楽しむことが出来るので是非アソーク駅に行くときは寄ってみて下さい!トイレも忘れずに寄ってみて下さいねー(笑) こっちの記事も読むといいかもね ◯バンコクで安い飯屋・レストランを見つけた! ◯タイの物価を公開!(2015年) ◯雨季のバンコクの楽しみ方!
バンコクで安く飯を食え!

バンコクで安い飯屋・レストランを見つけた!

どーもどーも!現在タイのバンコクで沈没気味の旅人ほだですが、それなりにバンコク市内を探検しています!今日は偶然、いい感じに安い飯屋を見つけたのでご紹介します! 場所 バンコクのサパーンタクシン駅(Saphan Taksin)の3番出口から北に歩いてちょっとのところにある「ROBINSON」というショッピングモールです!「R」というでかいロゴがあるので一目でわかるでしょうー! :-) タイの街並みから突如ショッピングセンターが現れるので最初ビックリしました(笑) 夜はこんな感じです!多分21:00までやっていると思われます!(確認したら、フードコートは朝10:30~夜8:00までやっていました!) そして中へ 4Fのフードコートへ行きます!そうするとバンコクでよくある感じの食券で食べれるフードコートに行きます!その一角にこの店はあります!ほかの店が「豚肉+ライス 45バーツ」くらいで売っているのに、ここは「オムレツ 30バーツ!」どうです。この強気なプライス。30バーツって100円ですからね!しかも「オムレツ+α」でも55バーツ!という満足セット。普通に外の屋台よりお得ですし、清潔感があって安心して食べることが出来ます!セットは9種類あります!「野菜スープ」「グリーンカレー」「インド風カレー」とか!ちなみに僕はグリーンカレーを食べました!辛かった!友達はインド風カレーを食べてたけど相当辛そうでした!僕もすこしもらいましたが、半端無く辛いです!もはや痛いレベルのやーつです(笑)みなさんは無難に野菜スープとかにしておくと良いと思います。 :-P そして実際来たのがこれ!(ちょっと食べちゃったけどw) ケチャップは自由にかけれるので味を調節できます!あとソフトドリンクは15バーツでコーラとか飲めるので他のレストランよりもお得です!(^^) ですので100バーツで「オムレツセット 55バーツ」「オムレツ 30バーツ」「ソフトドリンク 15バーツ」を食べることが出来ます!どうですか!?お得でしょ??こんな感じで他の店もあります!ちなみに地下にはミスタードーナツがあります!ドーナッツは15B~あります!安い、常に安い!この写真の3つで47Bでした!これは嬉しい!これは夜のロビンソンの前の通りの光景ですが、こんな感じでマーケットをやっていました!これをみて回るのも面白いかもしれません! まとめ いかがだったでしょうか?安いでしょ?この辺にはゲストハウスもたくさんあるので、この近くにステイしている方は是非行ってみてください!マックとか、やよい軒とか、丸亀製麺とかも入っているので日本でいうアピタみたいな感じかなw(知らない人もいると思いますが・・・) もちろん、屋台で食べたいって人は屋台で食べる料理も美味いので良いと思います! こちらの記事も読むといいかもね! ◯雨季のバンコクの楽しみ方! ◯タイの物価を公開!(2015年) ◯タイ(バンコク)でボートに乗って水上生活を見てきた!
シェムリアップ 物価 街並み

シェムリアップ(カンボジア)の物価と街並み(2015)

シェムリアップからバンコクに帰って来ました!シェムリアップで得た情報をご紹介したいと思います! まずは街並みのご紹介! これがまさにシェムリアップの街並み!タイと違って交通ルールぐちゃぐちゃ(笑) いろんな場所で道を舗装しています。ちなみにカンボジアは右側通行!タイは左側通行だから間違えないでね!ガソリンは市内に行くほど高くなります!レギュラー1Lあたりで3850リエル!約100円じゃないか!カンボジアの物価にしては日本と同じくらいだ!だからみんなバイクに乗るのかー!それにしても高い気がします。とにかくみんな商売している!バイク屋とかも普通にあるよ!でも運転するときは本当に気をつけてね! これは下でも紹介するけど、シェムリアップ市内の普通に安くて普通に美味しい店!2回行ってしまったよ!(笑)カンボジアのお店にはだいたいWIFIが標準装備!これは旅人のみなさんには助かる!パスワードは店員さんに聞いて下さい★(^^)そういえばスマホ屋がかーーなりたくさんあった!どうやらSIMフリーのスマホはシェムリアップで買うのが良いらしい!通話だけのやつは2000円くらいスマホだったら安いヤツで12000円~だそうです!SIMフリースマホをお探しの方は挑戦してみるのもいいと思います!市内の道はこんな感じ!店の人やトゥクトゥクに声をかけられまくるよ!結構そういうの好きだからいいんだけどね!(笑) シェムリアップの物価 2015年9月現在 ( 1ドル=4000リエル ) UDドルは使えて、細かいお釣りはリエルで返ってきます。リエルはカンボジアを出ると紙切れになるのでコレクター以外の方は使いきってしまいましょうー :-) 屋台でチャーハン 1ドル~ チャーハン+卵 1.25ドル チャーハン+豚肉 or 鶏肉 1.5ドル 屋台のソーセージ 4本 1ドル (普通に料理を食べた方がお得です) Tシャツ 2ドル~ 水 500ml 0.2ドル~ ポテチ 0.55ドル~ 洗濯サービス(カンボジアでは洗濯は外でやってもらうのが主流みたいです) 1kg 1ドル(安い場所は 0.5ドル) レンタル自転車 1日6ドル~ レンタルバイク 1日10ドル~ ATMの引き出し手数料 4ドル~ "シェムリアップ市内"から"アンコールワットのチケット売り場"までの往復トゥクトゥク 5ドル(最初は片道10ドルとか言って来ますので交渉必須) シェムリアップ(Siem Reap)からバンコク(Bangkok)へのバス 15ドル シェムリアップ(Siem Reap)からバッタンバン(Battambang)へのバス 8ドル シェムリアップ(Siem Reap)からプノンペン(Phnom Penh)へのバス 8ドル
ベンメリア遺跡は ラピュタじゃない 行き方 アクセス

ベンメリア遺跡は言うほどラピュタじゃない!?

今日はカンボジア最終日!ということで「天空の城ラピュタ」でお馴染みのベンメリア遺跡(Beng Mealea)へ行って参りました!雨季なのに天気も良くてサイコーだったのでご紹介したいと思います!ただ僕にとってあれは、、、、ラピュタなのか!?と疑問が残りますが・・・(笑) ベンメリア遺跡とは? アンコール・ワットから東へ直線距離で約40km、現在も修復が施されないまま森のなかに眠る巨大寺院です。ベンメリアとは「花束の池」という意味。アンコールワットと構造上の類似点が多く、「東のアンコールワット」とも呼ばれます。創建年代を明らかにする碑文はなくいつ建てられたかの詳細は不明。東参道が大規模な貯水池に延びる配置形式や細部装飾などがアンコールワットと似ているので比べてみるのも面白いです。 ここはアンコール遺跡の入場券は必要ないですが、手前のゲートで一人5ドル払う必要があります。 ちなみにベンメリアまでの行き方はこんな感じ!トゥクトゥクのおっちゃんのルートをメモっておきました!現地民も使うルートです!なんか他のサイトだと「現地民じゃないと地雷とかあって危ない」とか書かれていますが、この道の両側は村がたくさんあったので、地図通り行けばレンタルバイク、レンタル自転車でも行けると思います!実際にレンタル自転車でベンメリアまで来ている人もいました! (ちなみにネット上だとシェムリアップにレンタルバイク屋はないと書いてありますが、実際街をちょっと歩くとちらほらあります。実際、外人が乗っているのも見かけたので普通に乗れると思います。ただ警察が取り締まりをしていて、外人が乗っているのを見るけると5ドルの賄賂をとられるみたいなので注意が必要です!) さぁ出発だ! 今日は9時発!11時に着く予定でトゥクトゥクに乗り込む!シェムリアップの街を眺めながら走る!やたらとみんなクラクションを鳴らす。。これは怒っている訳ではなくて、事故防止のため自分が通ることを知らせているからです!でもやけにプープーなっていました(笑)だんだん街がなくなってきて緑が多くなってきたよ! 上の地図上で途中左に曲がるでしょ!これがここ。もう舗装されていなくて小さなマーケット通りを進みます!こういうトコロでも多くの人たちが生活しています。そしてそのまま直進。ここの両側には村があり、多くの子供達の姿が見られました!子供の飛び出しには気をつけて進みましょう!さらにさらに進むと赤土のゾーンへ!ここからは道がボコボコなので注意して行こう!ここの村にはもう電気は通っていません。高床式の家でみんな暮らしています。貧しいのは見てわかるけどみんな幸せそうに暮らしていると思う。物がないからって不幸とは限らないよね。 突き当りのT字路を左へ行くと舗装された道に出ます!ここからはスピードをあげて走れる!こういう牛が普通に歩いています。たまに道を塞いでくるので注意が必要!ゆっくり走っていると後ろからガンガン追い越してくるので注意が必要!そしてベンメリア遺跡のちょっと前の所にチケット売り場があります。ここはアンコール遺跡のチケットは利用できません。ここでは5ドル払ってチケットをもらって先へ進みましょう(^^)そして着いた!今までにないほどのサンシャイン!最高にいい天気だ!ここでもみんな屋台を出して商売しています! いよいよベンメリア遺跡に行くことが出来ます!ここにも村があり、地元の子供たちが魚を取ったりして遊んでいました。まず正面がこれ!この崩れ具合!今までの遺跡とはちょっと違って迫力があります!近づいてみるとこんな感じ!そしてここ、ベンメリア遺跡には注意をうながすような看板がありません。つまり、行きたい放題、登りたい放題なんです!怪我には注意してね。ここにも巨大根っこおばけの木があります :-) 遺跡の中には通路が作られているので基本的にはここを進んで行きましょう!この崩れ具合がいいですね~~~~!ちょっと神秘的な気分になります!そこら中に通路があるので遺跡全体を回ることが出来ます!もちろん行きたい場所があれば通路をはみ出してもOK!小さな水たまりとかあるよ!こういう木はいったい何歳なんだろうか・・・・時の流れの偉大さを感じるよ。遺跡に登ってイスみたいな場所でパシャリ!★場所はヒミツだよ(笑)そこら中の石が崩れている。。。このコケが味を出しているよね。ほこら的な?そして終了!ちなみに僕は1時間で堪能することが出来ました!(普通の人よりも早いはずw) でも写真を300枚くらい撮れたのでOKだい!ベンメリアのお土産が欲しい人はこちらでどうぞ!多分どこで買っても一緒だけどね(笑)トゥクトゥクのおっちゃん!2日間ありがとう!かなり走ってくれたね!チップとして2000リエルあげました! :-) まとめ そして僕が思ったことは。。。。「言うほどラピュタじゃないやん!(笑)」。ラピュタはマチュ・ピチュだけで良いと思う❢遺跡の感じとかは確かにラピュタに出てきそうだけど、まぁ他の遺跡もこんな感じだったし・・・(笑)。でも見る価値は本当にあります!そして自由に回れるので探検する価値があります!ラピュタかどうかは問題じゃなくて、アンコールワットとはまた違った遺跡の面白さを感じることができるはずです!行くまでの道は意外と単純なのでトゥクトゥクじゃなくても自分で行けると思います!あ、遺跡を登る時、コケの上は滑りやすいので注意してくださいね!それでは!
アンコールワット 情報 半日

アンコールワット遺跡群を半日で回ってきた!

どーも!カンボジアと言えば世界遺産である「アンコール・ワット!」 という事で行ってきましたよ!もちろんアンコールワットだけでなく、その周辺の遺跡たちもね!思ったよりもすぐに遺跡群を全部回れたのでご紹介します!! アンコールワットってどこにあるの? シェムリアップの街からトゥクトゥクで20分くらいしたところにあります!徒歩では厳しいですが、自転車でなら行くことが可能です!噂によると、17:30以降ならチケットなしでも入れるとか・・・・お試し下さい! :-) そして入場料はアンコールワット遺跡群全体で1日券だと20ドル、3日券だと40ドル、1週間券だと60ドルです。僕らは1日券をGETしました! ざっくり見どころをいうとこんな感じ!行ったことない方は距離感とかわかんないと思いますが、だいたい遺跡間はトゥクトゥクで5分くらいです! そしていざ!アンコールワットへ! まずはアンコールワットの手前にあるチケットブースでチケットをGETする必要があります!ん?なんでこんなに暗いかって!?それはアンコールワットからのサンライズを見るためです!宿を朝5時に出発しましたよ!それでもこんなに人がたくさんいます!そして1日チケットをGET!遺跡の前では見せる期待が多いので取り出しやすい場所にしまっておこう! 5:30頃。まだ空は暗い。なにも見えない。ちょっとずつ日が登って来たよ!今日は曇りだったけど、多少雲がない場所もあるからなんとか綺麗に見えそうだ!空が紫! ISOを上げて観光客を撮影。みんな集まって撮影に夢中。なんでここにたくさんいるのかと思ったら、この人たちの前に池があった!反射したアンコールワットの朝日を撮るためなんだねー!中々赤くなってきた! そして僕が本気で撮った写真がこれ!朝日だけで、写真を400枚もとっていたよ・・・(笑)でもこれが撮れたからOKでしょ!よく見たら修復中の入り口。そして空は曇り。 こんなにも池の前に人が集まって頑張っています!確かに池に写ったアンコールワットはステキだと思う! 多分アンコールワットの写真はどこのサイトでも紹介していると思うのでサラッと紹介しますー!アンコールワットの壁画には「デバター」と言う女神がたくさんいます。当時の女官をイメージしたもので、すべて違う人がモデルになっているので同じデバターは一つもありません!お気に入りのデバターを探そう! 7:40から塔の上に登れるみたいです!僕らは早すぎた!庭は超広い!人々が去ってから、さりげなく池に映るアンコールワットを撮影。雨がぱらついていて綺麗に写らなかった(笑)この池のすぐ近くに売店がたくさんありました!客引きがすごいね相変わらずに・・・ジュースは2本で1ドルでした。街に行けばもっと安いのでここで買う必要はないと思います。 アンコールワットに猿出現!近づくと爪を立てて掴まれるので遠くから撮影しましょう!ちょっと危険です。アンコールワット前では子供達が物を売って頑張っています。マグネットやポストカードを1ドルで売っています。僕はこの光景に考えさせられる。生きるためには仕方がない、でも、、、、わからない。次はアンコール・トム(バイヨン)に来た!マウンテン・テンプルだ!とたまたま遭遇したガイドに説明させられて塔に登ってみた! すーーーーっごく急なので登り降りには気をつけて下さいね!超スベリます!塔の上を見上げると光が差し込んで来るのが見えます。これがユニバース、ギャラクシーだと説明していただきました!確かに、月と太陽と地球に見える!!深いね!アンコール・トムの周辺にはあと5個くらい見どころの寺があるので全部回っちゃいましょう!アンコール・トムのすぐ近くにあるのがこれ、バプーオン(Baphuon)という遺跡。門をくぐるとこのような200mも続く空中参道があります。これは地上と天界をつなぐ「虹の懸け橋」の意味があるみたいです。写真を撮る人を撮るシリーズ。バプーオンの中は登ることができ、結構高い場所まで行くことが出来ました!眺めがサイコーです!真ん中に見えるのが、先ほどの「空中参道」です!この周りにも崩れた遺跡がたくさん転がっています。一番上までくればいい景色を見ることが出来ますよ!近くにある木はかなり成長している!そして根っこが複雑だ! そしてこれが、像のテラス(Elephant Terrace)という遺跡です!王族たちが閲兵を行った王宮前にあるテラスです。順路通りに進んで行くと、壁一面にナーガの彫刻がありました!ここはライ王のテラス(Leperking Terrace0)です! そして休憩。ここまででまだ10時前!結構歩いたぞ!そしてバイヨンの売店で昼飯をたべたけど、どれも6ドル以上します!高い!街だとちなみに1ドルでチャーハン食べれます。まぁ観光地価格ということでしょうね(笑) でもご飯はタイに比べてはるかに美味しい!日本人向けの味がする!そして続きの遺跡へ!これはプリア・カン(Preah Khan)という遺跡で、「聖なる剣」という意味です。この辺りからすべての遺跡が同じに見えてくるのは僕だけでしょうか。。。。こういう遺跡が多いよ!鏡みたい!そして次は中々良かった!ニャック・ポアン(Neak Pean)と言います。水に囲まれた中を橋で渡っていきます! 中央には2匹の大蛇によって取り巻かれた正堂が浮かんでいます。 そして、これはタ・ソム(Ta Som)という遺跡です!・・・とりあえず根っこがすごいヤツ!ここでも子供たちが頑張って商売をしています。こちらはアユタヤに近い感じの遺跡(名前不明)!上まで登ることができます!もう名前を覚えてないです・・・かなり色んな遺跡に行きました(笑)これはタ・プローム(Ta Prohm)という遺跡!ここは巨大な木がたくさんあるのが見どころです。自然のチカラを思い知らされます。みんなここで写真撮ってた!ガイドブックにも載っているやーつ。これは最後に行ったバンテアイ・クディ(Banteay Kdei)遺跡です!とりあえず根っこがすごいのをまたパシャリ! そして終了!時間は12:30!なんというスピード!今日周ったルートがこれアンコールワットの回り方には「大回り」と「小回り」があるんですが、僕らはどちらも周って貰えました!遺跡を10個くらいは見たかな(笑)大体1つの遺跡当たり30分で回っていたぜ! :-) まとめ ガイドブックや、ネットを見ると「すべて見るには1日は必要です。」とか書いてありますが、実際は半日5:00~12:30で回ることが出来ました。もちろん、まだまだ他に遺跡はあるのでちゃんと回ろうとしたらもっと時間はかかります。しかし、遺跡を周っているうちにどれも同じに見えてきてしまうのと、歩き回っているうちに体力的に疲れてしまうと思うので、半日くらいがちょうどいいと思います!(^^) もちろんこのスピードで回るにはトゥクトゥクをチャーターする必要があります。各遺跡間の距離はそこそこあるので信頼出来そうなトゥクトゥクをチャーターしましょう!あとは遺跡を楽しむためには事前に勉強しておく必要があると感じました。そうすれば遺跡の違いにもっと気づけたかなぁと思いました! :-)
シェムリアップ 紛失 盗難

シェムリアップで物を紛失・盗難にあったら・・・

どーも!今日はアンコールワットに来ています!すべての遺跡がほとんど同じに見えてしまう中、シェムリアップのツーリストポリス(警察・交番)情報を入手したので紹介したいと思います。   紛失、盗難の場合 他の海外でしたら、上記の場合は交番に行く必要があります。が、ここカンボジア(特にシェムリアップ)ではそこをちょっと考えたほうが良いです。聞いた話によりますと、何をするにも警察に「賄賂」を払う必要があるからです。具体的に言うと・・・・ 紛失届けを出してもらう 被害届けを出してもらう 等です。 これは警察が権力を使って好きなようにやっているとしか思えませんし、カンボジアの警察の給料が月10000円程しかないということで、ぼったくって稼ぐ必要があるからだと思われます。また、シェムリアップの盗難率は顕著になっていて街としてはイメージダウンを避けるために、警察としても中々被害届を出したがらないみたいです。結局は金で解決しようとしてきます。ちなみに賄賂は大体10~20ドルのようです。 紛失だと保険は効かない これはみなさんご存知だと思いますが、保険会社の物に対しての保険は「紛失」「置き引き」等では適用されません。自分の自己管理不足となってしまうからです。 なので、海外で物をなくした時によく盗まれたことにして警察に説明して「紛失届」ではなくて「被害届」をもらおうとする人がいますが、これはカンボジアではやめておいた方がいいでしょう。カンボジア(特にシェムリアップ)の警察はここに関してかなり敏感ですし、日本人の保険金詐欺目的の供述も結構あるみたいなので簡単に信じてもらえないようです。下手に嘘の説明をしてそれがバレると余計に厄介ですし、賄賂をさらに要求してくるみたいなのでやめておきましょう。 なくしたら諦める シェムリアップで物をなくしたら諦めるのが一番だと思います。現地の警察は賄賂で動いています。何をするにも警察側に有利になってしまい、お金を払わないと動いてくれないみたいです。また、ほとんどの人がカンボジアに短期滞在だと思うので紛失届を出して、見つかったとしてももうカンボジアにいないというパターンが多いと思います。携帯とかを落とした場合はすみやかに回線を止めてもらいましょう。パスポートとかはさすがに大切なので警察&大使館に行く必要があると思います。 まぁ無くさないことが一番です! :-)  旅行は楽しいですが、しっかり自己管理をして行きましょう! :-P
タイ→カンボジア

電車でタイからカンボジアまで国境越え!(ぼったくり情報)

どーも!今日はバンコクからおさらばでアンコールワットのあるシェムリアップに向かいます!方法は色々あるのですが、僕はどーしても「電車」で行きたかったので電車で行くことに!ぼったくられたり色々あったので、タイ・カンボジア間を電車で越えようとしている方はご参考にして下さい!(2015年9月)   今日のルート ファランポーン駅(バンコク)→アランヤ・プラテート駅(タイ側の国境)→ポイペト(カンボジア側の国境)→シェムリアップ(アンコールワット) ざっとこんな感じですね!夕方までに着けばいっかな~って感じでいきました(笑) それでは 今日もいつもお世話になっている「ファランポーン駅」からスタート!しかし今日はいつもよりかなり早いです!なんとファランポーン駅行きのは1日2本しかなく、5:55発と13:05発だけです!国境まで6時間程かかるので昼に出たら今日中にシェムリアップに着かないので早朝の電車でGO! 値段は相変わらずお手頃の48バーツ(150円)!20分前に行きましたが、すでに電車が来ていて、座れるようになっていました!もちろん3等席でも席が空いていればガンガン座ってOKだ!意外と多くの人が利用しているようでそんなに空きの席がない・・・・こんなに朝早いのにスゴイなーー!車内はこんな感じ!全部向き合っているシート!とりあえずイェーイ!この時間は外はまだ暗かった! そしてとことん走る!チケットには11:35分に着くって書いてあるけど遅れそうな感じでゆったりと進む列車・・・野生か飼われているかわからないような牛が歩いている。各駅停車だから色んな街が見れるよ!なんか新しく線路を作っている途中みたい!(2015年9月現在)朝から何も食べていなかったので車内で売っていた駅弁を購入。これは30バーツ!そぼろと、卵の感じがサイコーに美味しかった!もう一個食べても良かったなー(笑) そういえばトイレももちろんアリますぜ!水は流れるけど、トイレットペーパーはないので持参しましょう!そして5:55にバンコクをでて、12:00にアランヤプラテート(ARANYAPRATHET)に到着!いやー長かった!天気は雨が降ったりしてたけど、この時はなんとか晴れていた!☀そしていつもながら、トゥクトゥクのおっちゃんに声をかけられて国境まで100バーツと行ってたので、とりあえず乗車。これが「ぼったくり」への始まり始まり・・・・・・・みなさんはこちらの「ソウテン」という乗り合いバスに乗りましょう!安いし、多分安全なのでトゥクトゥクはシカトしよう!ぼったくられた僕が胸を張ってオススメします!アランヤプラテートは意外と栄えててセブン-イレブンとか普通にある街。カラオケとかあっちゃったりー。国境まではトゥクトゥクで20分くらいだった! そして問題のビザ発給所がここです!アランヤプラテートからトゥクトゥクに乗ってしまうとここの裏側に連れてこられて違法な金額でビザを発給させられます。通常ビザ発給は20ドルなのですが、ここは、なんと1800バーツ!!(払いましたよ。。。)そして「どこへ行くんだい?」と言ってきて。シェムリアップまでのタクシーを2400バーツで勧めてきます!やば!バスだと900バーツだ!とか言ってきます(すべて嘘)。そしてバスだと5時間かかるけどタクシーなら3時間だぞとか言ってきます(これも嘘)。あとでもっと安いのがあります。僕はさすがにタクシー・バスは断り、国境の方に向かいました! 国境へ向かって左側を歩いていくと、タイ側の国境へ続く道に出ます!この青い看板の先に行くとタイ側イミグレがあります!実はタイ側から出るだけならVISAはまだ必要なかったんです!ドヒャー!やられたーー(笑)話は変わりますが、2016年からカンボジアは電車が通るみたいです!線路はあるのでもうすぐですね!これでもっと国境越えが楽になると良いんですが・・・ これはタイ側の出国スタンプを押されてカンボジアのイミグレの手前にいる時の写真!みなさんはここでVISAを取ることが出来ます!ここだったら20ドルで取れます!詳細な場所はスイマセンわからないです・・・・そしてカンボジア側のイミグレを超えると晴れてカンボジアに入国出来ます!出てすぐのところにバス停までの無料のシャトルバスに乗れるので乗りましょう!(これは大丈夫なヤツですw)本当にでてすぐの所にあります!というか必ず声をかけられます!そして乗ること10分位でバス停まで連れて行ってくれます!外人さんが多かった!カンボジアの街並み!道が舗装されてないのがタイと大きな違いかな。 そして連れて来られたバス停がここ!なんとあのぼったくりイミグレのおっちゃんが言ってた値段より遥かに安い! ●タクシー ポイペト→シェムリアップ 12ドル ポイペト→バッタンバン 10ドル ポイペト→プノンペン 25ドル ●バス ポイペト→シェムリアップ 9ドル ポイペト→バッタンバン 10ドル ポイペト→プノンペン 15ドル しかも所要時間はタクシーだとシェムリアップまで2時間、バスだと3時間でした。なんだよ、全然安いし、早いやんけ!僕らはシェムリアップまで10ドルのミニバス(VAN)を使ったので2時間くらいでシェムリアップまで行けました!これがチケットカウンター!値段が書いてあって良心的。すぐ向かい側に両替所があったガンガン勧められるけど、あやしすぎるでしょ(笑)ここではやらない方がいいです。 ちゃんと見える値段表。みんなでミニバスに乗り込みシェムリアップまでGO!そしてホテルについた・・・バス停を降りたトコでかなり絡まれてツアーを予約したけど明日からどうなることやら。。。とりあえず今日はよかった!ここまで来れて!カンボジア・リエルをGET! 4000リエルで1ドルという紙切れ同然のお金。まぁ大事にしよっと! まとめ いかがだったでしょうか?あまりちゃんとした情報がないままに行ってしまったので僕は3000円程VISA代でぼったくられました(笑) 計画的なみなさんは日本にいるうちにVISAを取っておくのをオススメします!今はネットから申請出来ますからね!バンコクからシェムリアップまでかかった費用は ファランポーン駅→アランヤプラテート駅 48バーツ アランヤプラテート→国境 1人50バーツ(ソウテンならもっと安い) VISA 1800バーツ (通常20ドル) 国境→シェムリアップ 10ドル 僕の場合はぼったくられたので7000円くらい取られてしまいましたが、ちゃんと安くいけばVISA込で約3500円でバンコクからシェムリアップに行くことが出来ます!! :-)  怪しい人は多いので気をつけましょう!怪しい人には絡まないのが鉄則です! :-) ※追記 ちなみに帰りはシェムリアップから国際バスを利用しました!(勝手に現地ツアーに組み込まれただけだけどw)15ドルでシェムリアップ市内からカオサン通りまで行くことができました!朝8:00にバスに乗り、着いたのは17:00頃でしたイミグレで一旦バスを降りてミニバンに乗り換えたので結構時間がかかりました。あと提携しているお土産屋とかに連れていかれるのでそこでも時間がかかりました。でも電車よりも楽ではありましたよ!ツアー会社は「5時間で着くよ!」とか言ってきますが物理的に難しいでしょう。高速ではかなりスピードを出していましたから。。。(笑) これはこれで面白かったし、エアコンが効いていたので暑いの苦手な方はいいかもしれません!是非お試しを!シェムリアップにはたくさん旅行会社があってどこでも扱っていると思います!(^^) 記事の反響 電車でタイからカンボジアまで国境越え!(ぼったくり情報) | 旅人ほだ https://t.co/TEaY4Pyanu 記事そのものは面白いし「あるある」な内容なんだけど、ディーゼル動力のタイ国鉄の列車を「電車」と呼ぶのは昭和生まれとして違和感ありまくり…。 — fujiyama@わごんりお疲れ様でした (@fuji_express) 2016年5月3日 ポイペトからシェムリアップの行き方ほんと謎だよなあ…。 民営バスターミナルの値段もぼったくりなんだけど(書いてある値段かなり高い)、この人良心的って書いてる…(´Д⊂ まあ12ドル程度で心配なく着けるなら日本人には安いけど…https://t.co/XrFy0w7SUA — Kumi@🇻🇳VN 海外放浪4年め (@kum_i) 2016年3月8日 シェアありがとうございます!
雨の日の バンコク 雨季 タイ

雨季のバンコクの楽しみ方!

どーも!今日は遂に、天気予報通りに朝から雨☂が降ったので、遠出するのをやめてバンコク市内をウロウロすることにしました!!今日僕らが向かったのはサイアム駅周辺でショッピングをすることにしましたぜ!! 場所 今回は「セントラル・ワールド」と「プラチナム・ファッション・モール」に行ってきました!どちらもサイアム駅から歩いて行くことが出来ます! :-) セントラル・ワールド セントラル・ワールドはタイを代表する巨大なショッピングセンターで55万平方メートル、500軒以上のショップ、50軒以上の飲食店を構えています。また、映画館やホテルも併設してあり、毎日多くの方が集まる場所です。 住所 999 Ratchadamri Rd Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan Bangkok 10330 営業時間 10:00~22:20 年中無休 7階 スーパー、映画館、フードコート(CoCo壱番屋など) 6階 紀伊國屋書店、伊勢丹フードコート、雑貨屋さん、ファーストフード 5階 家具、インテリア 4階 宝石類、時計、カメラ、電化製品、携帯電話、銀行 3階 ファッション、カバン、靴、日用雑貨、スポーツ用品 2階 ファッション、カバン、靴、化粧品、両替所、銀行、スパ 1階 ファッション、雑貨、時計、日用雑貨 プラチナム・ファッション・モール 7つのフロアに2500店以上の小さなショップが集まっているモールです。基本的に女性物が多く、値段はナイトマーケット並に安いのが特徴です。お手頃価格のフードコートもあるので男性の方も時間を潰すことが出来ます! 住所 Ratchathewi 営業時間 9:00~20:20 年中無休 7階 駐車場 6階 駐車場、ファーストフード、フードコート、SIMフリースマホ、コンビニ、雑貨、ドラックストア 5階 子供服、アクセサリー、宝石類、靴、カフェ、両替所 4階 レディース&メンズファッション、靴、カバン 3階 レディースファッション、カフェ、カバン、トラベル用品 2階 レディースファッション、カフェ、カバン、ファーストフード 1階 レディースファッション、カフェ、カバン、ファーストフード またまた写真で紹介❢ まずはセントラルワールドからご紹介! セントラル・ワールドの中はこんな感じ!たくさんお店がありすぎてどこへ行けばいいのやら、、、とりあえず1Fに地図があるのでそれを見てから行動しましょう!これは5階のフードコートあたり!YOSHINOYA(吉野家)があります!!他にも日本の企業はありました!値段は日本とそんなに変わらなかったです!黒豚のステーキは149バーツですって!ここは割りとお得な感じがします!丸亀製麺もありました!外に値段が書いてなかったので値段は不明。。。バリバリの日本語のメニューのお店もあります!ラーメンは99バーツ!天ぷらは135バーツですって!でもタイに来て思うんですけど、タイの料理って一回り小さい気がします。だから実はそこまで安くないのかもしれません・・・でもお得っちゃお得なのは間違いないと思います!(^^)回転すし発見!ちなみに今日の朝食は「8番ラーメン」でラーメン・ご飯・餃子・フライドポテトをいただきました!ざっと210バーツ!外食でこれだけ食べてもこの値段!まだまだタイは安いです!★ :-) んでサラッと次の建物のプラチナム・ファッション・モールへ!実はここのファッションモールは写真とっちゃダメって書いてあったので珍しく自粛(笑)(実は撮り忘れただけだけど・・・w)ってことでここは6階のフードコート!すっごく広いし、1品30バーツくらいからご飯が食べれるのでおすすめです!僕は豚のクリスピー with Rice と注文!これで50バーツ!もう一個食べれるわ!そして美味い!昨日屋台で食べたのよりもうまし!ちなみにタイのレストランには無料の水はないので買う必要があります。節約したい方は自分で持ってきましょう!ここではこのクーポンにお金を入れて料理がもらえる仕組みになっています!中央のカウンターで簡単に貰えます!係員さんにお金を渡せばこのカードをくれます! まとめ いかがだったでしょうか?ちょっと写真を撮り忘れてしまい、ちゃんと伝わりにくかったかもしれませんが、バンコクは雨の日でもショッピングとかで時間を潰すことが出来ます!女性の方はショッピング出来ますし、男性の方はタイ料理をガツガツ食べることが出来ます!またサイアム駅~チットロム駅の高架下は歩道になっているので雨の日でも濡れることなく移動することが出来るのでとても助かります!ちなみに、タイでは1日中ずっと雨ということは少ないので、止んだら外へ出て他のことをするのもOKです!あと、雨季で天気予報が大雨とか雷雨になっていてもバンコクは1日中雨が降ることはめったにありません。スコールが一瞬だけザー-っと降ってそっから晴れるという日も多かったです!それでは良い旅行を! こっちの記事も読むといいかもね! ◯バンコクで世界一周!?「ターミナル21」に行こ! ◯バンコクで安い飯屋・レストランを見つけた! ◯タイの物価を公開!(2015年)

タイ、バンコクの物価を大公開!(2015年)

どーもとーも!現在タイにいるのでタイの物価をちょいと公開したいと思います!近年、発展してきて物価が上がってきているという噂をよく聞きますが実際のところどうなんだ!?!?! と言ってもタイの「セブンイレブン」と「スーパーマーケット」で簡単に調査したのと滞在してみてわかった値段とかをお伝えしたいと思いますぜ! 8-)   コンビニ 日本だと100円くらいする紙パックのジュース達は20バーツ(66円)前後!味は自分の直感を信じよう!(笑) こういうちょっとしたおつまみは16バーツ(50円)ほど。コンビニの雑貨コーナー!テープ(29バーツ)、ボールペン(14バーツ)、ホッチキスの芯(10バーツ)紙類はこんな感じ暑い時はアイスが食べたくなる!そしてアイスは15バーツ(50円)から買えるぞ!!これは日本人にとってありがたい!食べ過ぎてお腹を壊さないように!種類も豊富です!!コーン系のアイスでも25バーツ(約80円)❢洗濯用の洗剤コーナ!ダウニーが40バーツという神価格!他のもこの量で20バーツ前後だからね!★長旅でお洗濯した時も安く済みそうです!!なんのコーナーか忘れたけど、車用の芳香剤が179(520円くらい)バーツと高い・・・・やっぱり高いものは高いんですね!歯ブラシは55バーツとか!モンダミン的なやつは27バーツ(90円)で買えます!歯磨き粉は14バーツ(50円)で買えます!石鹸とかは30バーツ(100円)で買えるよ!基本的に安い!ちょっとしたおつまみシリーズ2!5バーツからいかがでしょうか?日本人が好きそうな魚の練り物系は30バーツ(100円)だ!味付け海苔は20バーツ!これと米を買えば最高にうまい飯が食えるぞ!お酒コーナー!スミノフは56バーツ(170円)これはあまり日本と変わらないかな。お酒は買ってないので身分証が必要かどうかわ不明です。 :roll: ↓次ページ「タイのスパーマーケットの物価はどうよ?」 スーパーマーケット 日本のお米!Sticky Rice 何キロかわかんなかったけど89バーツ! 何か日本のキャンペーンやってて特大ポッキーを売ってた!359バーツ(約1100円)!高い!日本のお菓子シリーズ!TOPPO抹茶(47バーツ) GRAND NUTS(72バーツ)Cream Collon (95バーツ) プティスリー(50バーツ) カントリーマーム(105バーツ)肉は安い気がする!(49バーツ)鶏肉も安い!ここで買って作った方がいいかも!(88バーツ) 調味料シリーズ!タバスコ(95バーツ) テリヤキソース(136バーツ)キッコーマン中濃ソース(139バーツ) ウスターソース(129バーツ) とんかつソース(98バーツ) そうめんつゆ(104バーツ) ごまだれ(104バーツ) 醤油(106バーツ) みりん(142バーツ)冷凍ギョウザ(75バーツ)ドレッシング(59バーツ) 麺(焼きそば用) 23バーツラーメン用の麺 38バーツ これは安くない気がする。日本の味方、納豆! 92バーツ~マルコメの味噌 149バーツキムチ 25バーツカニカマ 115バーツTARO 37バーツ 2個で50バーツポテトチップス 25バーツメントスのお得セット 28バーツパイナップルの缶詰 39バーツライチの缶詰 76バーツタイで有名なヌードル 6バーツ これは安いけど、辛い!タイはカップ麺が安い!これは13バーツ! ハンガーセット109バーツ。日本の100均の方がはるかに安いね!ブルボン プチ 65バーツ その他 バンコク⇔アユタヤ間(電車) 20バーツ バンコク⇔パタヤ間(電車) 31バーツ バンコクのボートで観光 2時間 900バーツ レストランでチャーハン 50バーツ トゥクトゥク 最安 10バーツ レンタル自転車(1日) 50バーツ レンタルバイク (1日) 150バーツ カオサン通りの安宿 最安 50バーツ 屋台のフルーツ 20バーツ ペットボトルの水(1L) 20バーツ カップヌードル 17バーツ コンビニ弁当 37バーツ ナイトバザールの偽物のロレックス 1500バーツ→300バーツまで値切れる! ナイトバザールのTシャツ 100バーツ 映画館 100バーツ~ ゲームセンター 10バーツ 随時更新していこうと思います!ご参考になれば幸いです!いい旅を!
アユタヤ 必ず行くべき!

電車でアユタヤ!遺跡を見学!

今日は僕の大好きな街であるアユタヤに行ってきたので、現地情報も踏まえてご紹介します! Hello guys! Today I went to Ayutthaya, which is my favorite place. I'll show you what I did there. :-) アユタヤって? アユタヤはバンコクから北に80kmのところに位置している小さな県です。1350年にアユタヤ王朝が開かれ、417年にわたって繁栄したと言われています。街を囲うように流れる「チャオプラヤー川」が大きな要因でかつては水の都とも呼ばれていました。1767年にアユタヤ王朝は終わりを告げましたが、今でも遺跡や王宮の跡地には当時の様子が垣間見れます。 Ayutthaya is 80km away from Bangkok and located within easy distance of it. アユタヤへの行き方は色々ありますが、今回は「ファランポーン駅」から電車で行ってきました!僕らが乗ったのは8:20の電車!1日に35本出ているので何時行っても乗れると思います!ちなみにバンコクからの始発は4:20でアユタヤからバンコクへの終電は21:42です。一応こちらのサイトでご確認ください!アユタヤまで約1時間20分で、なんと一人20バーツ(約66円)!なんちゅー安さや!ちなみにこの値段は3等席で立ち席なんだけども、大体空いているので座ってもOKです!電車に乗って少しすると車掌さんが切符のチェックに来るので普通に見せればOKです!(^^) 今日はこちらの電車に乗ります! 結構人がいる!みんな通勤・通学でこの電車を利用するようだ!現地の人はタダで乗れるという噂があるけども・・・(笑)いえーい!アユタヤへ出発!タイの車窓から。カメラとか体とか出し過ぎると危険だよ!対向列車がすれすれで通るから電車が来ないことを確認してから覗きましょう!! そして到着!アユタヤに着くまでに何個か駅に止まるから、早めに降りないように注意しようね!5年ぶりのアユタヤに感動! 5年前と同じようにバイクをレンタルしようとしたら、パスポートのコピーじゃ出来なかったので徒歩で街まで来たよ! そしてアユタヤ・ヒストリカル・パーク(Ayuttahya Historical Park)に到着ここに有名ドコロの遺跡とかあります!ここにワット・プラ・マハタートとかあります!入場料は50バーツ(約160円)!中はこんな感じ!もうとにかく遺跡!ISEKI!そして観光客が多い、日本人も多い。うん!いい感じに写真撮れたお!これが有名な、ワット・プラ・マハタート!「慈悲深い表情の仏像」というフレーズで有名なようです。 仏像の頭部より上に立たないように写真を取りましょう!僕は気にせず立って取ろうとしたら、警備員に注意されてしまいました(笑)ちゃんとしゃがんで取りましょう!チェディ(仏塔)には3種類あるそうです。手前に見える円状のは「クーメル様式」。奥に見えるとんがってるのは「スリランカ様式」。あとは数が少ないですが、「スコータイ様式」というのがあります。 象形文字みたいなのがあります。そこら中に遺跡があります!この「Wat」っていうのは「寺院」という意味だそうです。そういえば、バイクがダメだったのでレンタルチャリをGETしました!でも自転車のレンタルでもパスポート必要でまじか!と思ったら僕には国際運転免許証があったことに気づいてそれを渡したらOKでした!実は既に有効期間切れで一応持っていたんですが、ここで使用することが出来ました(笑)ラッキー!ちなみに自転車は1日借りて50バーツ!遺跡の周りは普通の街なのでセブン-イレブンとかなります!大学とか裁判所とかプールとかある普通の街です!遺跡と街の共存。ステキですな。こういう鳥を見たら写真を取りましょう!そこら中にいます(笑)中心の公園にも行きました!こちらの寝そべっている大仏も有名ドコロです!この看板を見つけたら左折!こいつが寝転んでいる大仏さん。ワット・ロカヤ・スターと言います。無料!とりあえずパシャリ!全長28mもあるんだとさ!ジュースとかは25バーツで売っているので喉が渇いたら買いましょう!9月はムシムシしててかなり汗をかきます!そして帰路へ・・・15:35の電車でバンコクへ戻ります!帰りも20バーツ!そこまで混んでいないので座って帰れます! まとめ いかがだったでしょうか?アユタヤはタイの中でもかなり歴史のあるステキな街です!歩いて一周するのはキツイので是非レンタルチャリを借りるといいと思います!僕は次に行くチャンスが有れば国際運転免許証でバイクをレンタルしようと思います!あと、アユタヤもバンコク並にムシムシしてて熱いので水分補給だけはしっかりしましょう!また、遺跡とかは貴重な遺産なので登ったり壊したりしないようにしましょう! :-) この記事も読むといいかもね! ◯タイの物価を公開!(2015年)
タイ(バンコク)でボートに乗って水上生活を見てきた!

タイ(バンコク)でボートに乗って水上生活を見てきた!

サワディー クラッ(プ)(สวัสดี ครับ)!今回はタイに来ています!今日はタイの1日目ということでバンコク市内をフラフラしたのでご紹介したいと思います! :-) 今日のルート 今日は僕の宿から歩いて行ける範囲でワットポーとファランポーン駅の2つに絞って観光することにしました!(結果は全然違ったけどw) ファランポーン駅 明日、アユタヤに行こうとしているので下見も兼ねてファランポーン駅に来ました! 外観はこんな感じです!ここから色んな場所に列車が出ています!バンコクでもかなり中心的な駅です!中に入ると両側に多くのレストランがあったり、お店があったりしています!この写真の左側が切符を買う場所になります!ちなみにここをウロウロしていると、すーごく声をかけられます!特に日本人だとわかると、日本語でガンガン話しかけてきます(笑)僕は話しかけるのが好きなので普通にしゃべりますが、苦手な方はスルーしましょう(笑)基本的に優しい人たちだし、たまに良い話を持ちかけてくるので話すのもアリです! ちなみに今日は駅のホームで映画の撮影をやっていました!(チケットを買わなくてもホームまで来ることはできます!)こんな感じでカメラとスタッフさんがたくさんいました! で、まさかのボート(笑) 今日は歩いてフラフラする予定だったのですが、先程上で書いたようにキャッチのおっちゃんが「2人で30バーツでボート乗り場に連れてってやるよー」とか言ってきたのでワット・アルンの方にも行きたかったのでちょっと乗ってみることに! やっぱりトゥクトゥクは気持ちがいい!ってか雨季なのに今日の天気はサイコーだ!連れて来られた船乗り場。初めは2時間で2000バーツ(2人)って言ってきたけど、ネギって1800バーツにした!2人でこの値段なら安いと思う!魚用のパンとか売ってる!そして乗ってみた船!というかゴンドラみたいなやつ!思ったよりも楽しいぜ!結構揺れたり、水しぶきがかかるけどそれ以上に楽しい!バンコクの街を両側に堪能。 ムシムシのバンコクだけど、ここは風が気持いぜ!色んな船が川を利用していらっしゃる。船が早過ぎてなんの建物かわからないけど、とりあえず写真をとるシリーズ ワット・アルン!またあとでご紹介します!!チャオプラヤー川から横の小さな水路に入って行くと水上生活しているエリアに来ました! こういう生活にも憧れてしまう自分がいる(笑)途中、水上マーケットに30分ほど寄ってくれました!ここでご飯を食べたり、お土産を買ったり出来ます!水の上のレストランってステキですな!結構多くの人がいてる!僕らが頼んだのはポークソテーの串刺し。15本で60バーツ!安い!味付けはちょっと甘かったかな。待ってくれていたおっちゃん!まだまだ水上エリアは続きます!気持ちよさそう!大雨が降った時とか大丈夫かいなーって思ってしまう。。「ここは魚がいるからエサをあげるといいぞ!」って言っておっちゃんがパンをくれた!それをあげてから後から「エサ代で50バーツちょうだい」って言ってきた(笑)。若干予想はしてたけどそれも値切って2人で50バーツにした!みなさんは気をつけましょう! そして最後は岸の対岸のワット・アルンに降ろしてもらった!ワット・アルンはこの地に王朝を切り開いたタクシン王のゆかりの寺院です。ワット・アルンとはタイ語で「暁の寺」という意味だそうです!入場料は50バーツ。 飲料水もあるので水を買わなくてもOKだ!入場料を払わなくても結構回れる場所はあります!塔の近くは無料でフラフラ出来ます!おいおいこの塔、曲がってるぞ。記念撮影は大事!帰りはというと、対岸への船がたった3ドルで出ています!安い!そして本当に3ドルで行くことが出来ました!大きめの船にみんな乗り込みGO!こんな感じ!対岸へ行くだけなので3分程で到着! ちなみに今日の船のルートはこんな感じのはず!バンコクにもこんな水の都みたいな一面があったことに驚き! :roll:  なかなか楽しめました!ワット・アルンから対岸へ行った後はすぐにワット・ポーに行くことが出来ます! ワット・ポー 多分ワット・ポー情報はどこのブログでも書いてあるので参考までに見てくださいな!入場料は100バーツで、無料で水がもらえるチケットも一緒についています!館内は写真撮影OKです! これがワット・ポー!人が多すぎる!そして大仏はデカすぎる!(笑) こういう壁の絵が好き!無料の水はここで貰えます!(ワット・ポーから出て少ししたトコの片隅にブースがあります)チケットを箱に入れると350mlくらいの小さな水が貰えます!太陽と塔が綺麗に重なったのでUPしてみました! まとめ いかがだったでしょうか?個人的には今日思いもしなかったボードが想像以上に楽しかったのが良かったです!ちなみにボードの値段を交渉するとき、1時間で2人で1500バーツの話しもアリましたが、絶対2時間楽しんだほうがいいです!あと9月の今は完全に雨季で、天気予報では毎日雨の予想でしたが今日は完全に晴れました!雨季でも晴れるときはあるので外に行く計画を立てちゃいましょう! 8-) んじゃ!楽しい旅行を! こっちの記事も読むといいかもね! ◯バンコクで世界一周!?「ターミナル21」に行こ! ◯バンコクで安い飯屋・レストランを見つけた! ◯雨季のバンコクの楽しみ方! ◯タイの物価を公開!(2015年)

最近の記事!