2018 5月

マンスリーアーカイブ 5月 2018

トルコの遺跡を見に!イズミルからEphesus(エフェソス)へ!

トルコの遺跡を見に!イズミルからEphesus(エフェソス)へ!

こんにちは!今回もトルコのイズミル旅行についてご紹介します! 前回の記事 ↓ ◯トルコ人友達とIzmir(イズミール)観光をしてきました! 前回はイズミール市内を観光しましたが、その次の日にエフェソスという歴史的な場所に行ってきました! エフェソスって? Wikiによると、、、 エフェソス(ギリシャ語:Έφεσος, ラテン文字表記:Ephesos/Ephesus)は、トルコ西部の小アジアの古代都市で、現在のイズミル県のセルチュク近郊に位置している。古典ギリシア語読みではエペソス、エフェソ、エペソとも表記され、現在はトルコ語でエフェス(Efes)とも呼ばれる。アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市であったが、のちにキリスト教を受容し、新約聖書にもエフェソの信徒への手紙がある。 ということです。書いてある通りでトルコ人はEfes(エフェス)と呼びます!世界遺産ということで人気の場所になっているようです :) 行き方 今回僕は、イズミル市内からエフェソスのあるSelçuk(セルチュク)という街まで行きました! トルコ人の友達のアドバイスによると色んな行き方があるみたいですが、個人的には電車で行くのが一番シンプルかなぁと思います! 電車はこちらから乗るのがいいでしょう!イズミル市内のBASMANE GAR(バスマネ駅)からセルチュク行きの電車に乗ることができます!電車の本数はそんなに多くないですが、2時間おきくらいに出ていると思います :) お値段もお手頃で片道7トルコリラ(約175円)で乗れます! 時間は1時間半くらいです!僕は朝9時の電車に乗りました! ;) 駅の場所! こちらがチケットです!券売機はないので駅の窓口で購入しましょう!電車に乗るとチケットチェックの人が検査に来るのでそしたらチケットを見せましょう!なくさないようにね! BASMANE駅はホームが3つしかないのでその時間に来た電車に乗るそうです笑 一応行き先を確認してから乗りましょう! 電車のタイプはこんな感じ! こちらが車内の様子です!シートはどれも座り心地がよかったです!僕は間違えて進行方向と反対向きの席に座ってしまいました笑 モニターがあるので到着駅の情報がわかります! テーブルもあるので何か食べたりできます!たまぁに水を売るおっちゃんが来たりしてました! すべての席ではないですが、車両に4つほどコンセントがありました!これはいいですね!:) 到着! セルチュクの駅に着いたら歩いてすべて周ることができます! こちらがエフェスミュージアムです!友達に勧められたので行ってみましたが、展示物は「ん、、、、」って感じでした笑 ちなみに入場料は10トルコリラです。 展示物はイマイチでしたが、ここのトイレはトルコで見た中で一番綺麗なトイレでした! :)  日本人の感覚だとこれが普通ですが、トルコだと中々お目にかかれません。 素晴らしい! そしてこちらが外にある方のミュージアムです!こちらも入場料は10トルコリラ。あんまり理解していないですが、ミュージアムパスというものがあるので、それを使ったほうがオトクなのかもしれません! ちなみにこの写真は日本人の友達がいるというトルコ人のおっちゃんが撮ってくれました。普通にめっちゃいい人やんと思ったら、案の定、仲良くなったところで古いお金を見せてきて 「これは僕が自分で掘り起こしたやつなんだよね。日本では100万円の価値があるけど、特別に君に1000円で売ってあげるよ。」 と、今どき誰が引っかかかるねんっていう手口で騙そうとしてきました笑 じゃあ、自分で日本に行って売ってくださいなーって感じです笑 中に入ると遺跡が広がっています!これはアユタヤ遺跡を彷彿させます! いいですね!遺跡群の様子は最後に動画を作ったのでそこで見てもらえるとわかりやすいと思います! ちなみにトルコで無料Wifiを見つけるのはほぼ不可能です!でも、レストランに行けばWifiを使うことができます!これは駅付近のレストランでランチをした時の写真。ボリュームあるピザで10トルコリラでした!Wifiもサクサク使うことができました! 動画 エフェスの動画を作ったので是非見てくださいね! :)   

トルコ人友達とIzmir(イズミール)観光をしてきました!

こんにちは!みなさんいかがお過ごしでしょうか?ブログでもお伝えした通り、僕は先週トルコに行っておりました!トルコのイズミル(Izmir)という街で良い時間を過ごさせていただいたので、みなさんにもご紹介しようと思います! イズミルって? イズミルはトルコのアジア側にある大都市です(一応"県")。人口は約300万人ということで、僕の住んでいるリトアニアよりも多いです笑  イズミルで有名なもの 今回僕がイズミルに行こうとした理由は、単純に友達がそこに住んでいるからということでした。なので特に何かを見に行こうとしたわけじゃありませんが、トルコ人の友達から聞くといくつか観光地があったのでご紹介します! 市内 Tarihi Asansor(アサンソル) アサンソルはイズミルの街を一望ができる塔のような建物で、中は無料のエレベーターになっていて簡単に展望台まで行くことができます。夜になるとライトアップされ、地元の人にも人気のスポットです。 Agora Open Air Museum ここは名前の通りで、オープンミュージアムです。外に遺跡が転がっている(表現が難しい、、)のでそれを見ることができます。入場料は一人10トルコリラ(250円)です。 Konak Square(コナックスクエア) ここは時計台(Saat Kulesi)として有名なイズミルの中心地です。朝から夜まで多くの方がここで時間を過ごしております。すぐ近くにはピクニックのできる芝生広場があるし海もあるしという最高の場所です。ただ、ここではハトの餌が売っていてかなり多くのハトがいるのでハトが苦手な人には向いていないかもしれません。。。笑 Kemeralti Market 名前の通り、マーケットです。イズミル最大級のマーケットで食べ物から衣類までなんでも売っております。おみやげを買うならここがいいかもしれません。ただ、人が多いのでここを歩く時はスリ等に気をつけましょう! 市外 efes(エフェソス) エフェソスは、トルコ西部の小アジアの古代都市です。古代都市って聞くだけでワクワクしますね!イズミルから電車で1時間半くらいで行くことができます! şirince(シーリンジェ) ここもイズミルの郊外にある村です。街並みが綺麗ということで有名です! Foça(フォチャ) フォチャはイズミルの北の方にある街で、綺麗なビーチがあるので泳ぎたい時はここがオススメです! 治安 街を色々歩いた感じだと、イスタンブールよりもだいぶ安全だと思います。お店の前を通っても全然声をかけてくる人がいなかったです。実は僕が宿泊していたホテルはBASMANE駅の近くにあって友達に治安が悪いといわれましたが、夜歩いてもそんなに危ない雰囲気はなかったです。 英語 驚いたことが、ここでは全然英語が通じなかったことです。いいレストランの店員さんは簡単な英語を使いますが、スーパーの店員さんやケバブ屋のお兄ちゃんたちは英語を話してくれなかったです。まぁそれはそれでいいんですけどね! 動画 Izmirの動画を作りました!写真よりもわかりやすいと思います!是非見てくださいね! まとめ いかがだったでしょうか?僕は以前にイスタンブールに行ったことがあったのでまたトルコに行くのに少し抵抗がありましたが、イズミルはイスタンブールほど危険そうな雰囲気はなかったですし歴史的な物が見れたので本当によかったです! :)  ちなみにトルコを旅行する際はトイレに注意して下さい!注意というか、トルコの公衆トイレは99%が有料です(0.50~1.50リラ)。そしてトイレはぼっとん便所が多いのと、紙が備え付けられていないことが多いので、トイレットペーパーまたはティッシュペーパーを常に持参して行動しましょう!では!

ブルガス(ブルガリア)からチョルル(トルコ)へバス移動!

こんにちは!ブルガス観光を終えて、僕は友達の住むトルコのIzmir(イズミル)という街まで向かいます!色んな方法を探したのですが、バスで向かうのが一番良いということだったのでブルガスからイズミルまでバスで向かいます! チケットの取り方 ブルガス(Brugas)⇔イズミル(Izmir)間は相当マニアックなルートなので誰かの役に立つかわかりませんが、ブルガリア→トルコの移動する際に参考になるかもしれません!   まずブルガス(Brugas)⇔イズミル(Izmir)間に直行便はないので、どこかで乗り換える必要があります。イスタンブールで乗り換えでも良いのですが、2年前に行ったことがありますし、何よりも大きな街なのでバスターミナルが多数存在します。なのでバスターミナル間の混乱を避けるためにイスタンブールでの乗り換えは避けました!   そこで役に立ったのは、「ルームメイトのトルコ人(笑)」   ラッキーなことに、現在僕は2人のトルコ人のルームメイトがいるので彼に乗り換えにベストな場所を聞いたら「Corlu(チョルル)」という街を紹介してくれました!調べて見るとそんなに大きな街ではなさそうだし、バスターミナルも一つだし、乗り換え時間も余裕がありそうなのでここでバスを乗り換えることにしました!   そして、本題のチケットの取り方です! 友達によると、ブルガリアートルコ間のバスは主にMetroというトルコの大手の会社が運行しています。 サイト:https://www.metroturizm.com.tr/ さっそくそのサイトに行って予約をしようとしたのですが、、、 なんと、「トルコ人のIDナンバーが必要」とのことでした。たまにマレーシア人に間違えられる僕ですが、さすがにトルコ人には間違えられません。(←どうでもいい話しです。はい。) トルコ人の友達も手伝ってくれて色々調べてくれたのですが、どうしても必要のこと。   そして次は旅行代理店のObiletというサイトを通じてMetroのバスチケットを予約する方法を思いついたのでサイトに行ってチケットを買おうとしてカード情報を入力しおうとしたら、 サイト:https://www.obilet.com/ 「銀行の住所?」が必要とのこと。 Wtf? 普通はカードの名義、カード番号、月年、CVコードがあればいいのですが、まさかの銀行の住所?? ちゃんと調べて入力しても弾かれてしまいました。。。   一筋縄ではいかないのがトルコです(意味深)。トルコ人の友達は彼のIDを使っていいよと言ってくれましたが、本人じゃないし確認されたらめんどくさいのでそれはせず。色々とアイディアを模索したら解決策を思いつきました! アプリがあるからアプリから買ってみよう! サイト:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.obilet.androidside&hl=ja   そう、Obiletにはモバイルアプリがあったので、それを使ってチケットを購入したら、スムーズに買うことができました!しかも後からわかったことですが、アプリがあれば購入履歴が残るのでチケットを印刷しなくてもいいとのこと!素晴らしい~~! ↑こんな感じにアプリで確認できます!でもネットがないと見れないので、スクリーンショットしておきましょう!   ということでチケットの買い方はアプリが一番いいです! ブルガスのバス停へ! さぁ、チケットを持っているので後はバスに乗り込むだけなのですが、ちょっと不安材料でブルガスには2つのメインバスターミナルがあります。寮にブルガリア人の友達がいるので聞いてみてもブルガスの街自体がマイナーなのでよくわからないとのこと。ネットで色々調べたらSouth bus Terminalの方が国際便を取り扱っているということなのでそっちに向かうことにしました!   もし違った時のことを考えて早めにバス停に来ました!そしたら建物の中に「Metro」の受付を発見!聞いてみたらここのバスターミナルからバスが出るとのことです!よかった!12:45のバスでしたが、8:00に着いたのでバスターミナルでアプリを作りながら時間を潰すことに!快適なことに電源もWifiもあったので暇せずに時間を使うことができました! とても綺麗です!冷房も完備! こちらは一階の待合室です! こちらは2階の待合室です!レストラン風になっているので使うときは何かをオーダーした方がいいでしょう。 しっかりコンセントもありますよ!\(^o^)/   さぁ、時間通りにバスが来ました!ターミナルといってもプラットフォームは6個しかないのでどのバスに乗ればいいか迷うことはありません!バスが来たらスタッフのおばちゃんが「乗って乗って」とジェスチャーするのでチケットを見せることなく乗り込む。バスはメルセデス製のバスで、僕のお気に入りのLUX EXPRESS並に快適でした!人もそんなにいなかったので2席を悠々と使えました! バスのプラットフォームは6個だけなので迷わなくて済むはず!!   そして驚いたのが添乗員さんがいることでした!日本やヨーロッパの格安バスでは運転手さん一人が当たり前でしたが、今回は添乗員さんがいました。何をするのかなぁと思ったら、水を配ってくれたり、コーヒーをくれたり、乗客のチェックをしたり色々と仕事をしておりました。   そしてバスは順調にトルコの方に南下していきます!そして国境に来ると、国境警察があって入国の手続きがありました。ブルガリアとトルコの国境は山の中にあるので突然検問所が現れてビックリ!そしてめちゃめちゃ車で混んでいました!   どんな感じで入国手続きをするのかなぁと思ったら、まずは国境警察がバスの中にきてみんなのパスポートを回収します。そして僕は明らかに旅行者なので呼ばれて、「どこから来た?どこへ行く?申告するものはあるか?」という質問をされて終了。荷物の中身をチェックされることなくブルガリア側の入国審査を終えました。   そしてちょっとバスで進んだらトルコ側の入国手続がありました!車でめっちゃ混んでいたのでバスはそのままで乗客だけ降りて入国手続をしました。今回は何も聞かれずにスムーズにスタンプを押してもらえました!  「ここからはトルコですよ。」の看板 車だ多かったので、乗客はバスから降りて先に入国~   さぁ、もうトルコだぁ~と思ったら、このタイミングで荷物チェックがあるということなので自分の荷物を持って超簡易的な荷物検査マシーンのベルトコンベアに乗せてチェック。検査官はスマホいじりながらやってたけど、、まぁこれがトルコだよね。もちろんなんの問題もなくトルコに入国できました! そしてそこからはちょくちょく休憩をはさみながらチョルルまで着きました!そう言えば、トルコのバスにはトイレは基本的にはありません!なのでどちらかというと日本のようにサービスエリアに止まってくれます。でもトイレは大体が有料(1.0~1.5リラ)なのであらかじめにトルコリラを用意しておきましょう! ↑ トイレはだいたいこんな感じ。。。洋式なんて珍しいよ。そして紙がないことも多いので紙も準備しておきましょう! チョルルのバスターミナルです! まとめ いかがだったでしょうか?ちなみにブルガリア→チョルルまでは100トルコリラ(約2500円)でした!国境を越えるのにこの価格は良心的でスね!そして記事内でも書きましたが、バスの中には添乗員さんがいるので、ヨーロッパの格安バスとは違ってまた違った良さがありました! :) みなさんも是非!

ハトのいないビーチタウン ブルガリアのブルガス(Burgas)

こんにちは!僕は新しい国にやってきました!リトアニアから飛行機でブルガリアにやってきました~! なんでブルガリアって言われると、色々と理由はあるのですがとりあえずチケットが安かったからです!ヨーロッパの格安航空会社ではお馴染みのRyanairでカウナス(リトアニア)⇔ブルガス(ブルガリア)が27ユーロでした! 他のヨーロッパ諸国と違って、ブルガリアはまぁまぁ遠いし、実はEU圏内ではあってもシェンゲン圏内ではないんです。そして大学の前期セメスターで仲良くなった友達にいつかトルコに行くねって約束して、最近「ホダはいつトルコに来てくれるの?」と催促をされてしまったのでこの機会にトルコにも行くことに! ブルガスってどんな場所? 行く前に簡単にブルガスについて調べたところ、ビーチのある綺麗な街ということでした!、、、と情報はそれだけです笑 まぁいつものことながら、僕は現地で自分の目で色々見て周るタイプなので先入観を入れずに行きました! 場所はこちら! 空港から市内の行き方 恐らくブルガスに行く際は飛行機が便利だと思うので、空港から市内への行き方をご紹介します!空港から市内へは「15番のバス」を使って行くことができます!バス停は空港から少し歩く必要があってちょっとわかりにくいので気をつけましょう! 場所はこちらです! バスの乗り方 バス停には券売機はありません。ぶっちゃけ僕は空港から市内への行き方すらも調べずに来てしまったので、普通に運転手に聞いてみることにしました! そしたらバスが到着して、一応一番前のドアから乗り込み、運転手に地図を見せながら「〇〇に行きたいんだけど~」と言ったら、バスの後方を指さして「中で買ってね。」みたいな感じだったのでバスの中に進むことに! そして中を見渡しても券売機がなく、 「あれ?無料なん?」 と思っていたらもう一人スタッフのおばちゃんがいて、その方がチケットを売っていました。 さっそく地図で行き先を見せて「ここに行きたいんだけど~」と聞いたら 「jah oauhvao;@;;-3@lg3@;ef」 という完全なブルガリア語で返されてしまいました。笑 実は僕の宿泊先の最寄りの駅が「Дунав」なのですが、アルファベットじゃないので発音すらできず、、、でもおばちゃんは優しくて、しっかりと理解してくれました。でも値段もブルガリア語で言ってたのでとりあえず20ブルガリアレフを渡したら、実際は1.30レフだったのでたくさんお釣りが返ってきました!なんかノリが大阪のおばちゃんっぽくてお釣りを渡す時も「1枚、2枚,,,,」みたいな感じで面白かったです! 空港から僕の目的地までは、8駅だったのですが僕が間違えて降りないようにしっかりと気を配って「まだ降りちゃダメよ」みたいなことを言ってくれました!早速ブルガリアの印象がいいです! :) まずは宿! ブルガスの街についてご紹介する前に、宿が神がかってよかったので簡単にご紹介させて下さい!今回は僕はAirbnbを使って宿を探しました!そしたら丸々アパート貸し切りで一泊1500円くらいの場所があったのでそこに決めました!宿のオーナーの方はイギリスの方でとてもレスポンスがよくて行く前からとても親切に対応してくれました! まだ4月ですがブルガスではもう夏日だったので外は暑かったですが、ここは地下にあるのでとても快適でした!夜は少し寒いくらいです! そしてこちらがメインの部屋です!めっちゃ綺麗です!バスタオルもついておりました! こちらがトイレ&シャワーです!いや、普通にこれだけあれば十分です :)  唯一問題だったのがwifiで、リストには「Wifiあり」と書いてあったのに到着して電波を探してみると受信できず。。。僕はヨーロッパで使用できるSIMカードを持っていましたが、ここがヨーロッパの端っこの方だからかわかりませんがSIMカードのネットも使えず。。(何故か5分だっけ使えましたがそれ以降はSIM使えず。) その日は夜遅かったので次の日に街中のFree Wifiを拾ってホストに連絡したらプロバイダー自体の問題でネットがこのエリアで使えなくなったとのこと。まぁ逆に部屋に籠もらなくてよくなったと思って街をぶらぶらすることに!とにかくホストの対応が親切だから、まぁそういう時もあるよねってことにしました笑 さぁ!ブルガスの街の紹介! ブルガスの街は小さいので歩いてすべて周ることができます!まずはビーチに行きました!上半身裸の男性が歩いているのを見ると、「暖かい場所に来たんだな~」という気持ちになります笑 大きなホテルも中心地にありました! そして、海沿いの公園の中に遊園地みたいなのがあったので入ってみると、、、 可愛い遊園地がありました笑 すべてがお子様サイズの遊園地! まだ営業前ぽかったですが、中に入れました!CINEMAという場所があったので見てみると、、、 8D!?!?!?!?!? 日本では4Dが最先端だと思いますが、ブルガリアでは8Dまでいっている模様です笑 恐らく世界一小さい観覧車。5個しかないよ。 世界一小さなバイキング。ちょっと豪華なバスタブくらいの大きさかな。 ジェットコースター? 世界一小さなメリーゴーラウンド。3つしかないよ。 ゴーカート! そして公園には桜のようなピンクの木がありました!  動画 今回は写真よりも動画の方をたくさん撮ったので動画を見ていただけるとブルガスのよさがもっと伝わると思います! :)    そしてタイトルにも書いたのですが、なんとこの街でハトを見ることがなかったです!カラス、カモメ、ツバメはいましたがハトがいなかったことにビックリ。世界中でそんな場所があるんですね笑

最近の記事!