アウシュヴィッツのようなカウナスの第9要塞 (Ninth Fort)

こんにちは!カウナス城のあとは第9要塞 (Ninth Fort)に行ってきました!

↓カウナス城の記事

 

第9要塞 (Ninth Fort)とは

カウナスには19世紀に帝政ロシアが建造した12カ所の要塞がありましたが、後にそれらは要塞は破壊され、この第9番要塞が唯一現存する要塞となりました。第二次世界大戦の最中、リトアニアを占領したナチス・ドイツはリトアニアの各地から5万人にも及ぶユダヤ人をこれらの要塞に収容し、その多く強制収容所に送り虐殺したと言われています。そうした犠牲者の中にはナチス・ドイツだけでなく、旧ソ連による犠牲者も含まれていました。この第9要塞のすぐ近くには、そうした犠牲者の遺品や写真などを集めた資料館が設けられていて、ガイド付きで見学できるようになっています。

とのこと。ポーランドでいうアウシュヴィッツのような場所ですね。虐殺って本当によくない響きの言葉ですよね。。

場所はこちら↓

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

ちょっと中心地から遠いので、バスで行く必要があります。一番いいのは「23」のバスです。メインのバスステーションから出ているので便利だと思いますが、本数が少ないので注意してください 🙂 

そしてバスを降りてからちょっと歩く必要があります。また大きな道を渡る必要があるのですが、このオレンジ色の部分は地下道があるのでそれを使いましょう! 🙂 

さぁ!着いた!

地下道をすぎると、奥の方にミュージアムが見えます!僕はいかなかったですが笑ちなみにエントランスはこんな感じ~ミュージアムの方に行かずに、地下道を出てからすぐ右に曲がるとこのような原っぱに出ます。このあぜ道を進んでいきます!
ミュージアムを遠目に見た感じ。
道なりに歩いていくと収容所的な場所がありますね!
こちらの中を見るのはミュージアムの職員とじゃないとダメみたいです。。昔のユダヤ人はこういう場所に収容されていたんですよね。。そして振り返ると有名な像があらわれました!何が有名かわからないけど笑THE WAY OF DEATH と書いてあります。実際に見たら、結構大きかったです!よ~~く見ると、顔が彫ってあったり、握りこぶしが掘ってあるのがわかります。当時の人々の団結を示しているのでしょうか。ちなみにここも公園みたいな場所なので、ガンガン中に入っても大丈夫です!1941年~1944年にソビエト兵が自滅した記憶と書いてあります。ここはナチスとその兵が30000人を越えるユダヤ人を殺した場所と書いてあります。堀がありますね!おっと、これは射殺の後でしょうか。。。

情報

開館時間:10:00~18:00(11月~3月は16:00まで)
休館日:火、祝(11月~3月は月、火、祝)
入館料:2.30EUR 学生1.40EUR 地下壕(ガイド付き)2.80EUR
Website:http://www.9fortomuziejus.lt

 

まとめ

いかがでしかでしょうか?あまり要塞という感じはしませんでしたが、アウシュヴィッツに行った時と同じような気持ちに少しなりました。歴史に興味のあるみなさんは、ミュージアムにも行ってみることをオススメします!