最新記事

ポーランド語の必須動詞[być]をマスターしよう!

(現在)
ポーランド語 byc について

ポーランド語シリーズの第二弾です!今回はポーランド語の動詞の中で一番重要と言っても過言ではない「być」についてご紹介します。「być」が使えるようになれば基本的な会話ができるようになりますし、この後の勉強もしやすくなると思うので是非ご覧ください。

で「być」とは?

byćは英語で言うbe動詞にあたる動詞です。重要そうでしょ(笑)?発音は「ビッチ(bihch’)」と発音します。あまり良い発音はしませんが、原形を使う時はほとんどなく、活用形使う場合が多いので以下の表をしっかり覚えましょう! 🙂

(ja)jestemI am私は….です。
(ty)jesteśYou areあなたは….です。
on/ona/onojesthe/she/it is彼/彼女/それは…です。
pan/panijestMr.X is/Mrs.X is(年上の男性/女性)は….です。丁寧語
(my)jesteśmywe are私たちは….です。
(wy)jesteścieYou areあなたたちは….です。
oni/ona/państwothey are彼らは…です。

上の表が「być」の活用形です。この記事を見ているみなさんは、ちょっとでもポーランド語の勉強をなさっていると思うのでjestemは聞いたことがあると思います。実はこれは「być」の活用形なんですね。

また,oni/ona/państwoの区別のしかたは簡単で

✔oni (o-nee) →男女が混合したグループか、男性だけのグループ
✔one (o-ne)→女性だけのグループ、子供のグループ、物の集まりを指す場合
✔państwo (pan’-stfo)→形式張った言い方。年上の方のグループ

()内は発音を示しています。

「być」の例文を見てみましょう

Kto to jest? (kto to yest) → これは何ですか?

To jest ….. (to yest) → これは….です。

Jestem zmęczony/zmęczona. (yes-tem zmen-cho-nih/zmen-cho-na) → 私は疲れています。(男性/女性)

Pani Smuge jest z Polski. (pa-nee smoo-ga yest spol-skee) → Mrs.Smugeはポーランド出身です。

To nie jest mój samochód. (to n’ye yest mooy sa-mo-hoot) → それは私の車じゃありません。

※ちなみにポーランド語で否定形をあらわす場合は動詞の前にNOという意味の「Nie(ニエ)」を置くだけでOKです!

być → to be
nie być → not to be

ポーランド語は主語がいらない!

そしてポーランド語は英語と違い、主語を省略することができます。(日本語と似ている 😮 ) 先程の表の()が付いている主語[ja 私][ty あなた][my 私たち][wy あなたたち]は省略可能です。()が付いてない主語(英語で言う三人称)は基本的には省略が出来ません。

省略しても通じるの!?と思う方もいるかもしれませんが、ご覧の通り動詞が主語によって変化するので聞き手は動詞から主語を判断します。

彼、彼女、彼らなどの三人称の時は主語が省略できないと書きましたが例外もあります。会話の中で明らかに主語がわかる場合は省略される場合があります。以下に例をご紹介します。

To jest Maria  これはマリアです。
Ona jest z Polski  彼女はポーランド出身です。
Mieszka w Krakowie  クラクフに住んでいます。(Onaを省略しました)
Jest wysoka i sympatyczna  背が高くて、ナイスです。(Onaを省略しました)

こんな感じに。会話の流れから確実に主語が分かる場合は三人称でも省略が可能です。が、初心者の方は主語をつけてしっかり話すのが良いと思います。

また、省略可能な主語でも必ず主語をつけなければならない場合もあります。以下のように主語の違う2つの物を比べる時です。

My jesteśmy z Irlandii, a wy jesteście w Portugalii  私はアイルランド出身で、あなたたちはポルトガル出身です。

まとめ

いかがだったでしょうか?今日は「…は…です」という基本的な文に必要な「być」についてご紹介しました。私は日本人です、と言いたい場合は Jestem Japoński. といえばOKです!ちなみにポーランド語には英語のように冠詞(a,the)がないのでそのあたりも楽だと思います。僕はまだちゃんとbyćの活用を覚えてませんが、覚えるようにしましょう! 🙂  また勉強を進めて他のパートもご紹介しようと思います。

んじゃ。Pa-Pa!

こちらの記事も読むといいかもね!
英語よりも簡単!ポーランド語の発音ルール!
ポーランドのワーキングホリデーを申請!(レア情報)