2016年11月3週目② ポーランドのニュース 「映画祭」「クロノス・カルテット」「教師」

(現在)

クロノス・カルテットがワルシャワに 11月15日

warszawa_muzeum_historii_zydow_polskich_-_fotopolska-eu_331935

サンフランシスコに本拠を置くアメリカの弦楽四重奏団、クロノス・カルテット(Kronos Quartet)は、水曜日(11月16日)にワルシャワのポーランドのユダヤ人史跡のPolin美術館で特別番組を演奏する。

「Polin美術館のステージでは、ユダヤ系音楽の世界がいかに多様かつ豊かであるかを見せたいと思っています。クロノス・カルテットでこの世界を旅することは、私たちにとって大きな栄誉になるでしょう」と、博物館のカジェタン・プチラ氏は言いました。

クロノス・カルテットとは?

Kronos photographed in San Francisco, CA March 26, 2013©Jay Blakesberg

バイオリンのDavid Harringtonが1973年に設立した「クロノス・カルテット」には、John Sherba(バイオリン)、Hank Dutt(ビオラ)、Sunny Yang(チェロ)のメンバーで構成されている。サンフランシスコを拠点に活動を続けている。当初は男女混合のアンサンブルで、2005年から2013年まで男性のみとなり、2013年2月のチェリスト変更で再び男女混合のアンサンブルになった。

 

場所はこちら
Anielewicza 6, 00-157 Warszawa

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

記事元→http://www.pap.pl/en/news/news,705944,kronos-quartet-to-perform-at-polin-museum-in-warsaw.html

ワルシャワユダヤ人映画祭がスタート 11月18日

untitled

一週間にわたって行われる第14回ワルシャワユダヤ人映画祭では、アルゼンチン、カナダ、ドイツ、イスラエル、日本、オランダ、ポーランド、ルーマニア、米国などから30以上の映画が展示される。
映画祭の副局長であるIgnacy Straczekは、今年は、ポーランドの国民の間での正義協会の創立40周年を迎えると発表しました。 記念日の祝賀会に参加して、日本の正義者である杉原智之氏に捧げられたセルリン・グルック監督作品「ペルソナ・ノ・グラタ」を発表する。

この映画祭は11月21日(月)から11月27日(日)までと行われ、ポーランドのユダヤ人歴史博物館とワルシャワのユダヤ人コミュニティセンターで行われます。入場料は無料

記事元→http://www.pap.pl/en/news/news,709757,warsaw-jewish-film-festival-starts-in-warsaw-on-monday.html

※追記

ちなみに日本の映画は「Persona Non Grata (杉原千畝 スギハラチウネ)」です

WARSAW JEWISH FILM FESTIVAL のサイトhttp://www.wjff.pl/en/

スケジュールhttp://www.wjff.pl/projekcje/program2016eng.pdf

南北への長距離ルートは政府にとって優先事項 11月18日

南北への長距離ルートは政府にとって優先事項 11月18日

ポーランドのJerzy Szmit副大臣は、政府が南北路に焦点を当てると発表した。これまでの東西路の焦点よりもポーランドに利益をもたらすと主張している。

Szmit副大臣は、2015年10月の議会選挙で事務所を席捲(せっけん)された旧市民協定(Civic Platform)政府が、同国住民よりもむしろポーランドの隣国に利益をもたらす東西路を建設したと非難した。
彼は、バルティカ通りやポーランド経由の南北両方のルートを通るVia Carpatiaなどの道路は、政府の優先事項となると語った。

Szmit副大臣は、昨年の選挙以来、政府はすでに25件の道路建設契約を締結しており、総額11億7000万ユーロ(26億ユーロ)に相当すると付け加えた。2014-2023年の進行中の国道建設計画では、合計2,000億ポンド(450億ユーロ)の費用がかかると推定されています。

記事元→http://www.thenews.pl/1/9/Artykul/280465,Northsouth-routes-a-priority-for-Polish-govt

教師がポーランドの学校改革に抗議 11月19日

2016年11月3週目② ポーランドのニュース

中学校を廃止などの案を含む教育改革計画は、約50,000の教師、親や他の反対派から反対されている。彼らは土曜日にワルシャワで抗議したと、ポーランドの教員組合は述べた。 地元メディアは「教師たちは解雇されるのを懸念している」と伝えた。しかしポーランドの教育大臣のAnna Zalewskaは「どの教師も職を失うことはない」と発言した。

もしこの改革案が実行されれば、8年間小学校に通ったあと、5年間の専門学校または4年の高校に進むという前のシステムに戻ります。

現在のシステムは、6年間の小学校、3年間の中学校、3年間の高校というシステムで、17年前に導入されました。

http://www.thenews.pl/1/9/Artykul/280692,Teachers-protest-against-Polish-school-reforms

過去のニュースはこちら!
2016年11月2週目 ポーランドのニュース「独立記念日」「トランプ勝利の影響」など
2016年11月3週目 ポーランドのニュース「年金」「子供のトイレ」「テロ」「IKEA」「ビーバー」

コメントはこちらに Leave a comment

メールアドレスは公開されません Your email address will not be published.


*


CAPTCHA