マラウイ ボランティア 体験記 ⑧ 「授業を受けてみる」


(現在)

10日目
夜に寝れな過ぎて起きたら左肩を4か所も蚊に刺されていた。ちゃんと蚊を倒して再び寝る。そして雨の音がすごすぎて4時頃に起きる。今日は朝も小雨が降っているのでビニール袋をしっかり持っていこう。8時にEmmaと合流して一緒にMatandaniに行く。学校に着いたら、Emmaはプリント作業をして僕はストレージルームでダラダラ笑。ケニスを見つけてプロジェクターをUnlockしてもらう。下に降ろしてとりあえず、砂埃を払う。めっちゃDustyだからね。ストレージルームに持って行って作動するか確認する。最初はつかなかったけど、ケーブルの隙間の埃を払ったらちゃんと映像を映してくれた!ケニスに見せたらめっちゃ感動してくれた。\(^o^)/

普通に使えるやん!
そして今日は時間があったので初めて児童に紛れて授業を受けてみた。先生達も僕に実際に授業を受けてもらって、意見を言って欲しいとのこと。みんな英語で授業を受けていて、思ったよりもレベルが高すぎてビックリした。農業の授業でキャッサバの病気についてやった。今日はノートを持ってなかったから書けなかったけど、次は板書をしようと思う。本当に彼らは恵まれているね。今日も昼はEmmaとシーマを食べに行った。

一つの教室に100人以上の子どもたちがいる。みんな頑張って板書をしているよ。本当に偉いよ。

キャッサバモザイクという病気の授業

It’s caused by Virus. It’s spread by white flies.
Ways of controlling CASSAVA MOSAIC. Uprooting an burning diseased plants……
こちらは別の作物の病気の授業。普通に受けてみたい笑
ケニスが一回出かけてしまって、また戻ってくると言っていたのでずっと待っていたけど一向に帰ってこない。なので電話をしたら「あと一時間かかる」とのことだったので僕は帰ることに。マーケットでトマトとパイナップルを買って帰る。パイナップルを冷凍庫に入れて夜にはフローズンパイナップルになってればいいね。子どもたちにカメラを向けるとこうやって並んでくれるんだけど、、、タイマー機能にして自分も写ろうとすると必ず誰かが前に出てくる笑 可愛いね。

 

11日目
昨日も停電やら蚊で寝れなかった。真夜中の停電は電気使わないからいいと思われがちだけど、扇風機が使えないのは辛い。朝からMadonnaを聞きながらテンションを上げる。Emmaと合流してマーケットに向かう。今日は木曜日ということでビッグマーケットの日だ。玉ねぎ、ナス、米などを買う。先週は大量にあったパイナップルが今日はない。。。

一旦ロッジに戻って、Matandaniに行く。今日はケニスがいなかったのでやることがない。こういう時は授業に参加して意見を言ってくれと言われていたので今日はStandard5のクラスに参加する。Gender Roleの授業をやっていた。僕は後ろの席に座って授業を観察していたらみんながめっちゃチラチラ後ろを見る。

10秒に一回はこっちを向いてくる笑今日はノートを持って板書をしてみた!僕も小学校の時にここに来たかった。。。 めっちゃ面白そう。

 

まぁ後ろに僕がいたら気になるよね笑 昨日に引き続きそうだけど、みんな英語でしっかりと授業を受けているからすごいと思う。そんな感じでずっと授業を聞いていたらケニスがやってきて

「Whataapを直してくれない?」

と聞いてきた。直すと言っても最新版にUpdateすればいいだけのことだけどまぁやってあげる。彼のスマホのネットが遅すぎて話にならないので僕のを使ってテザリングしてアプリを更新する。こっちの人は一日30MBのインターネットで生活してたりするからアプリ更新したらその日のネットは使えなくなったりする。ってか僕もそんなにたくさんネットが使える訳じゃないけど、人のためなら躊躇わずに使う。その後、Standard7のクラスにも参加してSocial Envirromental Scienceについてやっていた。マラウイの政治とかについてやっていたのだが、なんか授業を受けていて複雑な気持ちになった。彼らは貧しいと言われているのにこんなにレベルの高い教育を受けている。来るまでは何もわからなかったけど、本当に素晴らしい。みんな授業に積極的だし頑張っているのになんでこんなに貧しいと言われるのだろうか。。。本当にアフリカでいい経験をしているよ。

こっちの子たちは意見する時に手を上げるじゃなくて、「指を鳴らす」ここでも板書をしてみた。
この日はスポーツの日だったらしく、授業の後でみんなで外でスポーツをした。バドミントン、バスケ、バレーボールなどみんな自由に参加できる。僕は先生方に誘われてバトミントンで本気を出してみた笑。基本的にスポーツはなんでもできるので普通の人には負けない。バトミントンの後は、バレーボールにも参加した。今日は暑かったけど、やっぱい運動は大事だね!

手前はバスケットボールコート、奥はバレーボールコート!
帰りは近くでバイクタクシーを捕まえて帰る。そしてロッジに着いたらいつものように500MWKを渡すと

「え?1000MWKだよ。」

と言ってきた。確かにこの日は乗る前に交渉するのを忘れてていくらになるか心配だったけど。そしたら案の定、訳わからん金額を言ってきた。

「いや、いつもこの距離は500MWKだから!」

と言っても現地語で何か言ってくる。多分今日は雨で道がぬかるんでて走りにくかったから高いんだ的なことを言っている。まぁ500MWKでも1000MWKでも財布的には痛くないし、こういう面倒くさい方には時間をかけたくないので1000MWK渡してスタスタ帰る。アフリカ初のナスを料理したら美味しかった。気付けばもうアフリカ生活も半分近くになってしまった。早いね。

マラウイボランティア体験記一覧