マラウイ ボランティア 体験記 ⑱ 「奇跡の食べ物」


(現在)

23日目

今日は6時半に出発しなきゃということで、5時前に起きる。(いつもこんな感じだけどね笑) そしたらまだポーランドの友達が起きててメッセージが返ってきた笑。 まぁメッセージをして、早朝からマーケットにジンガを捕まえに行く。Assemblyは7:15からだったけど、7時前に着いた。人も少なかったのでパノラマ写真を色んな場所で撮ってみる。一応一眼でもスマホでも撮れるので色々試しながら撮ってみる。15分を過ぎても子供たちがあんまり来てない。1200人いるはずだけど~と思い200人くらいでAssemblyが始まる。あとから続々と来た。どうやら今日は朝の雨のせいでみんな遅れているらしい。まぁみんな遠くから歩いて来ているからね。本当に君たちはすごいよ。勇敢だよ。

雨のせいであまり生徒がいない。本当はこの10倍位の子供がいるよ~先生が何かをしゃべっている

 

たくさん写真を撮って、その後も今日は写真撮影に専念するということでStandard3の授業に参加した。数学の授業でお金の分け方についてやっていた。500MWK札を100MWK札、50MWK札、20MWK札、10MWK札を使ってどうやって分けれるかどうかという授業だった。中々面白い授業で子供たちはみんな手を挙げて答えを言っている。写真や動画を撮っていたら、先生が「200MWK札はどうやってわけれますか?」という問題を投げかけて子供たちが自分らで考えてノートに書いていた。答えは200MWK:100MWK,100MWK とか 200MWK:100MWK,20MWK,20MWK,20MWK,20MWK,20MWK とか何でもいい。先生に採点を手伝うように頼まれたので子供たちの答えを僕もチェックしていく。お札は100MWK札、50MWK札、20MWK札、10MWK札しかないのに40MWK、80MWKとか書く子がいるから面白かった笑。しっかり教えてもう一回やるように言う。始めは数人が僕のところにノートを持ってきてたけど、だんだん人数が増えてきて折り紙の時みたいになった笑いい授業だよね。グループで議論して答えを導く

動画「アフリカの授業」

まぁもう慣れたよ。これがアフリカだよ。いい写真がたくさん撮れたので先生にお礼を言って教室を出る。今日はとことん写真の日なのでカメラを持って校庭をウロウロしてたら

「Picture! Picture!」

と言ってくるので、今日はこれでもか!というくらいとってあげた。僕がカメラを持ってみんなを撮るときはいいんだけど、セルフタイマーにして僕が入って撮ろうとするとどうしてもみんなカメラに寄ってきてしまう。線を引いて「ここまで!」と言っても無視~笑。まぁ写りたい気持ちはわかるよ。

昼頃に学校を後にして、帰ってすぐにZombaに向かう。平日に街に行くのも全然ありだね。まずは安い方のネットカフェに行ったらWifiが壊れてて使えなかったのでもう一個の方に行く。あ、その前にどうしてもお腹が痛くなったのでトイレを探す。と言ってもマラウイには公衆トイレはないし、もちろんコンビニもないので考える。バスターミナルに唯一あることを思い出したのでそこに行く。女性は50MWKかかるけど、男性は無料だったのでよかった。こんな時のためにティッシュは常備しているので問題ない。マラウイでは紙が置いてあることはほぼないので外に行くときは紙を持っておいた方がいい。

その後、もう一軒の方に行ったらWifiがつながったので旅ほだの記事を更新したりしていたら、やたらとDisconnectになる。3分に一回くらいなるからダウンロードもなにもできない。店員は「Just Wait」しか言わない。これが30分くらい続いたので帰ることに。まぁこういうこともアフリカだからしょうがない。すべてを受け入れるしかないよね。

帰ったら火も電気もないのでゴロゴロ。昼寝してしまい「やべぇ!食べ物ない!」と思い薄暗い中マーケットに向かうと途中にドーナッツとサモサ(Samosa)という三角パイを売っている人がいたので2個ずつ買ってみる。(一個50MWK = 8円) ロッジでサムサを食べたら。。。

「めっちゃ美味いーーーーー!!!」

ってなった笑 カレー風味が効いてて中に柔らかいポテトが入っていて最高にうまい!食べた後に急いでまた買いに行ったよね。ラスト2個しかなかったけどマジでうまい。3食これでもいいレベルに美味い。ドーナッツもそこそこ美味い。この右のが「サムサ」という食べ物!本当においしい!!!!

マラウイボランティア体験記一覧