マラウイ ボランティア 体験記 ㉑ 「アフリカでバイク運転」


(現在)

26日目

今日は最後の木曜市ということでマーケットに向かう。まずはもちろん奇跡の食べ物のサムサを8個(400MWK)でゲット!んで野菜コーナーに向かう。

みんなシートを広げて野菜を売っているけど、だいたい同じ種類なので僕の購入方法としてはマーケットの中を真っすぐ歩く。そうするとみんな「100!200!」とか声をかけてくるのでその中で安いものを買う。結局これが効率がいい!んなこんなで今日もいい買い物ができたよ。オクラ50MWK、ナス100MWK、トマト100MWK、じゃがいも100MWKという神価格!全部で60円ですよ。

ロッジに戻ったらまた窓から蟻さんが入ってきている。。。網があるけど小っちゃいありだから普通に入ってくる。何度か殺虫スプレーを買おうとしたけど、、あと4日だし、、まぁいいや。ってか部屋に食べ物があるのが問題だよね笑 ということで部屋を掃除してから学校に向かう。学校に着いたら今日は

「ホダが去る前にどうしてもプリンタのトナーを補充してほしい。」

と頼まれた。そう簡単に言うけど、基本的にトナーの補充はできなくてトナーごと買い替えるのが普通なんっすよ。でも色々と調べたらトナーを分解して補充できそうだったのでやってみる。手袋をして先生たちの前でトナーを分解していくとトナーの粉をためる部分を見つけたのでそこに補充する。意外とトナーの構造ってシンプルなんだな~と思った。これをあとでAndyに報告したらめっちゃ褒められた笑「I was never brave enough to do it….」と言ってたXD まぁ今日は電気がなかったので明日確認してうまくいけばOKだね。
その後に一人の先生がやってきて

「ホダは祈ったりする??」

と聞いてきた。マラウイの人はクリスチャンが多いということで基本的に信仰がない日本人に興味があるようだ。僕なんて特に「いや、祈らなくても幸せだし~。ってかまず自分信じようよ。」と思っている人間なので、そう答えるしかない。といっても実は聖書を一回全部読んである程度のことは理解しているんだけどね笑 先生は僕を日曜日の教会に誘いたいらしい。まぁ日曜日は暇なので経験として行くことに。
ケニスが遂に緑のペンキを買ってきてくれたので塗り塗り~。僕がペンキを塗っている間に色々と質問してくる。特に「次はいつ来るの?」ということをまた聞いてくる笑

古い木の皮を剥がして新たに塗っていく。

ケニスは本当にいい人だからまぁこういうことを聞かれても悪い気はしないよね。ケニスにポーランドーマラウイ間の飛行機の値段を教えたらめっちゃビックリしてた。「え?! こんなに安いの!? 100万MWKくらいすると思ってた!」と驚かれていた。彼は素直だからなんでも教えてくなるしサポートしたくなる。今はあんまり戻ってくることは考えていないけど、僕のことだから来年になったら戻ってきたくなると思う。
ペンキを塗りが終わったら、一番刺激的な時間がやってきた!ケニスのバイクを運転できるっていうね!色んな国でバイクを乗ってきたけどアフリカでも乗れるというありがたさ!ここは無免許だけどね笑 本当にラッキーだよねマジで。僕は今までバイクは4台持っていて、一番大きいやつはHONDA CBR1100XX ブラックバードという300キロ出るやつを乗っていた!ポーランドをバイクで一周もした!相当バイク好き。ケニスのバイクはSR400みたいなバイクだったので乗りやすかった(^^)/

今思えばこれがケニスと撮影したベストショットだった笑

 

あつかましいが、彼にアクションカメラをholdしてもらってロッジまで戻る。いや~楽しすぎる!道がゴトゴトなので40キロくらいしか出せないけど、村民がみんな僕を見ていたよ!ありがとうケニス~~!!部屋に帰ったらもう蟻はいなかったよ。朝に石鹸水攻撃をしたからね笑
ってか明日でMatandaniも最後か。。。帰国まであと3日。。短いよね。

何人の日本人がこんな素晴らしい経験できるのだろうか。

マラウイボランティア体験記一覧