アゼルバイジャン



[amazonjs asin=”4775991329″ locale=”JP” title=”日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項 (Modern Alchemists Series No. 125)”][amazonjs asin=”4475018412″ locale=”JP” title=”アゼルバイジャン語文法入門”]

[ad#text2]

アゼルバイジャン

地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
ルートを検索
▼首都▼ バクー「風の街」
▼主要都市▼  ナヒチェヴァン、アスタラ、ゴイチャイ、ガンジャ、スンガイット、シャムキル、ガフ、ミンゲチビル、シェキ、
▼主な国際空港    ヘイダル・アリエフ国際空港。市内までの所要時間は30~40分程度、値段は15~20マナトが相場です。
▼行き方▼  直通で成田空港⇒マレ 
▼隣接国▼   ロシア、グルジア、アルメニア、イラン
▼言語 アゼルバイジャンの公用語は公用語はアゼルバイジャン語です!ロシア語も通じつことも多いです!
▼英語 空港以外では観光地以外では英語は通じにくいです!
▼両替▼ アゼルバイジャンでは米ドル、ユーロ等の主要通貨の両替は、銀行及びバクー市内に多数設けられている両替所、ホテル等で可能ですが、日本円は一部の銀行、両替所に限られるので、両替の際は注意が必要です。(Internatinal Bank of Azerbaijan、Hyattホテル内の両替所では円の両替が可能です)
また最近では、数は限られるもののATMが市内各所に設置されているので、クレジットカードによるキャッシングも可能です。
▼通貨レート  1.00アゼルバイジャンマナト(AZN) = ¥103.601
▼物価▼ コカコーラ 0.5マナト(≒50円)参考サイト アゼルバイジャンは日本よりちょいと物価が安いくらいです。
▼安宿 相部屋で1泊約200円の宿があります!参考サイト アゼルバイジャン安宿】
住所がNarimanov district,Montin bazaar.(ノルマノフ・マンティンバザールの近く)
名前がNAFTALANです。
バクー鉄道駅近くの24番バスの終点まで行ってそこからホテルが見えるので近くの人に聞けば場所がすぐ分かります。   
▼水 アゼルバイジャンで水道水を飲むことは避けましょう。ミネラルウォーターを買いましょう!シャワーや歯磨きの際は水道水で問題ありません。
▼チップ 元々アゼルバイジャンにチップの習慣はありませんが、石油資源開発に伴う欧米人の流入以降、外国人がチップを支払う習慣が根付いてきました!請求額の10%ほど渡しましょう!
▼治安 アゼルバイジャンはゆたりしていてそれほど治安を気にすることはありませんが、注意する必要があります!
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 
▼ビザ アゼルバイジャンビザは、グルジアのトビリシにある大使館で、1週間で無料で発給されます。ビザが必要です!大使館で取得しましょう!
▼大使館▼  〒152-0021 東京都目黒区東が丘1丁目19-15
電話:03-5486-4744 http://www.azembassy.jp/Japanese
▼電圧コンセント 220V/240VでSE型、C型
▼SIMフリー▼  
▼Wifi  ホテル、マックなどにあります。アゼルバイジャンのwifiの速度はまあまあ早いです!
▼服装  
▼国内の移動▼  
◆バス
行き先及び番号を確認して乗車します。ルート上であればどこでも乗下車が可能です。下車する際は降りる旨を伝えて止めてもらい、料金を運転手又は集金係に支払います。英語は通じません。また、高額紙幣で支払おうとすると釣り銭がないと言われることがありますので、硬貨を多めに準備する必要があります。一回の利用につき20ガピックです.なお、行き先等の表示はアゼルバイジャン語のみです。将来的に専用カードでの支払いシステムに切り替わる予定です。

◆地下鉄
駅の入り口には警官がいて、手荷物検査をされる場合があります。券売所(カッサ)にてカード(2マナト)を購入します。担当者に回数を告げ、カードに乗車回数分をチャージしてもらい利用します。乗車料金は一回の利用につき20ガピックです。なお、駅構内の案内表示はアゼルバイジャン語のみです。

◆タクシー
アゼルバイジャンでは、メーター制タクシーとメーターがない、いわゆる白タクがあります。
メーター制タクシーは「ロンドンタクシーTX4」タイプで、料金は、利用料金1マナトのほか、10kmまで0.7マナト/km、10kmから20kmまで0.5マナト/km、20km以上0.2マナト/kmで利用可能です。
白タクを利用する場合、値段はタクシー運転手との乗車前の交渉が必要です。料金のおおよその目安は、昼間の利用でハイアット~市内が3~5マナト(約4~7米ドル)程度、夜間・渋滞時は5~10マナト程度です。外国人と見ればそれ以上請求してくる運転手もいますが、払う必要はありません。
運転手には英語が通じないことが多いので、以下のアゼルバイジャン語の数字を覚えておくと役に立ちます。バス同様、高額紙幣で支払おうとする場合は釣り銭がないと言われることがあるので、小額紙幣を多めに準備する必要があります。

▼国際運転免許▼  アゼルバイジャン では、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です!
▼シーズン▼ 
▼時差 5時間(サマータイム時4時間)
▼病気 アゼルバイジャンでは,狂犬病が発生しています。同国では,野犬だけでなく飼い犬も予防接種を十分に受けていません。また,犬以外の動物が感染することもありますので,飼い犬も含め,動物にはむやみに手を出さないように注意してください。アゼルバイジャン南部,イランとの国境付近では,マラリアが発生していますので,蚊に刺されないような注意が必要です。肌の露出を控えた服装を心がける,虫よけ剤を使用するなど,感染予防に努めてください。また,乾燥地帯には毒蛇がおり,中には致死性の毒を有する蛇もいます。蛇に咬まれた場合には,早期に治療を行う必要がありますので,注意が必要です。
▼トイレ▼ アゼルバイジャンのトイレには基本的に紙がありません。水と手で拭きましょう!          
▼クレジットカード▼ クレジットカードは、VISA、マスターなら使用できる場所もありますが、アゼルバイジャンでは基本現金で買い物しましょう。
▼小ネタ  ヤルパッグドルマスは美味しい。
▼法律・マナー▼ 警察官に求められた場合に,直ちに提示できるように,旅券又はその写し,あるいは他の身分証明書を常時携行してください。
 
[forecast location=”Baku,Azerbaijan” caption=”アゼルバイジャン” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4775991329″ locale=”JP” title=”日本人の知らないアゼルバイジャン ──今、知っておくべき最新51項 (Modern Alchemists Series No. 125)”][amazonjs asin=”4475018412″ locale=”JP” title=”アゼルバイジャン語文法入門”]

About 旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :)

将来不安なジャパンから脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて今こんな感じ。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味で大体のことは人並み以上にできます。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)

現在はヨーロッパのリトアニアにて活動中!

座右の銘「去る者追わず 来るもの拒まず」

全部見てみる