in

アルメニア

最終更新日

[amazonjs asin=”4750329894″ locale=”JP” title=”アルメニアを知るための65章 エリア・スタディーズ”][amazonjs asin=”4885958776″ locale=”JP” title=”アルメニア近現代史―民族自決の果てに (ユーラシア・ブックレット)”]

[ad#text2]

アルメニア

現在地
ルートを検索
▼首都▼ エレバン
▼主要都市▼  クマイリ、ヴァナゾール
▼主な国際空港    ズヴァルトノッツ国際空港
▼行き方▼  日本からアルメニアへの行き方は、東京からアエロフロートロシア航空定期便を利用でモスクワ経由が一番便利です。東京・モスクワ間、モスクワ・エレバン間は毎日就航してます。モスクワまでが約10時間、エレバンまでが約3時間です。アルメニアはビザが必要な国ですが、空港で取得することができます。途中、モスクワで降機しますがトランジットのため、ロシアビザの取得は不要です。意外と簡単に行けます。国際移動はトビリシ(グルジア)⇒エレヴァン【バス】と【電車】で可能です。1500~2500円で可能
▼隣接国▼   グルジア、アゼルバイジャン、イラン、ナヒチェバン(アゼルバイジャンの飛地)、トルコ
▼言語 アルメニア語 ロシア語
▼英語 アルメニアでは隣国に比べてわりと英語が通じます!
▼両替▼ 日本円からアルメニアドラムへの両替は行っているところが少ないので米ドルやユーロを持っていきましょう!キャッシュは銀行だけでなく、スーパーにある窓口でも両替が可能です。アルメニアのスーパーは24時間営業のところが多く、コンビニ代わりに利用できるのでとても便利です。
▼通貨レート  1アルメニアドラム=0.24円
▼物価▼ 普通の食事は100円~200円で済みます。アルメニアの物価は安めです!
▼安宿 250円ほどからあります!アルメニアは宿代も安いです! 
▼水 アルメニアは水資源が豊富な国とされてますが水道水の管理はまだ良くありません。ミネラルウォーターを買いましょう!
▼チップ チップの習慣はアルメニアにはありませんが、良いサービスを受けたら渡しましょう!
▼治安 特に治安は問題ないと思います。アルマニアの人々は優しくて、言葉が通じなくても助けてくれます。 

[ad#text2]

▼地球幸福度▼ 48位
▼ビザ アルメニアへの入国には査証(ビザ)が必要ですので、日本又は第三国にあるアルメニア大使館にて取得してください。なお、一般旅券所持者は、到着時に空港カウンターでも観光ビザが取得でき、また、アルメニア外務省のホームページからオンラインによる査証申請(e-Visa: )も可能となっているようです。
▼大使館▼  〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目11-36
Residence Viscountess #230
電話:03-6277-7453
▼電圧コンセント 220V/240VでC型 
▼SIMフリー▼  
▼Wifi  アルメニアの首都のエレバンの街中にはネットカフェが結構あり、1時間300~400ドラムで利用できます。スピードの問題もあまりなく、中には日本語の読み書きができる所もあります。最近はWi-Fiが利用できるカフェやレストランも増えています。
▼服装  
▼国内の移動▼  バス、電車
▼国際運転免許▼  アルメニアでは、日本国発行の有効な国際運転免許証で車両を運転することが可能です!
▼シーズン▼ 
▼時差 5時間
▼病気 
▼トイレ▼           
▼クレジットカード▼ 
▼小ネタ  国旗の意味:赤は国を防衛した国民の血。青は自然、オレンジは勇気。美女が多い国と言われています。アルメニアは地震の多い国
▼法律・マナー▼ 警察官に求められた場合に,直ちに提示できるように,旅券又はその写し,あるいは他の身分証明書を常時携行してください。
 
[forecast location=”Yerevan,Armenia” caption=”アルメニア” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4750329894″ locale=”JP” title=”アルメニアを知るための65章 エリア・スタディーズ”][amazonjs asin=”4885958776″ locale=”JP” title=”アルメニア近現代史―民族自決の果てに (ユーラシア・ブックレット)”]

アゼルバイジャン

グルジア