in

レバノン

最終更新日

[amazonjs asin=”4750338761″ locale=”JP” title=”シリア・レバノンを知るための64章 (エリア・スタディーズ123)”]

[ad#text2]

レバノン

現在地
ルートを検索
▼首都▼ ベイルート
▼主要都市▼  トリポリ 
▼主な国際空港 ベイルート・ラフィク・ハリリ国際空港(市街地からは約9キロ離れています)(市街地までの公営タクシーは30ドルです)   
▼行き方▼  ハマ(シリア)、ホムス(シリア)からレバノンに陸路で入国が可能です。ここらの入国はガイドブックに書いてあると思います!乗合タクシーで移動可能です!日本からレバノンへの直行便はないので、イスタンブール、ロンドン、パリ、ミラノ、フランクフルト経由して行きましょう!入国時、パスポートにイスラエルのスタンプが押してあると入国を拒否されるので注意が必要!
▼隣接国▼   シリア、イスラエル
▼言語 アラビア語
▼英語 首都や観光地ではわりと英語は通じます。ちなみにレバノンではフランス語もそこそこ通じます。
▼両替▼ レバノンではほとんでの銀行で外貨の両替ができます!レバノンの主要都市ではATMも安全に使用でき、便利です。
▼通貨レート  1円 = 14.9 レバノン・ポンド   (05/15) 米ドルもわりと使用できます!

▼物価▼ レバノンの物価は毎年上がっているみたいです。その都度チェックしましょう!全体の物価は先進国並みに高いです。隣国から行くと驚くと思います!
▼安宿 レバノンのドミトリーであれば、5ドルほどからです。シングルでも10ドルから泊まれます!参考サイト
▼水 レバノンの水道水は安全とされていますが、化学成分が他国と違うので、安全のためにもボトル入り飲料水を飲みましょう!レストランの衛生状態は良いみたいです!
▼チップ チップの習慣はレバノンにないですが、渡すことで喜ばれます!請求額の10%ほど渡しましょう!
▼治安 レバノンの南部は危険です、ただ治安は比較的に安全とされています。情勢が急に変わる恐れがあるので、いつでも隣国に行けるお金を用意しておいた方がいいでしょう。
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 110位 2009年
▼ビザ レバノンは観光ビザが必要です!(1ヶ月滞在可能)。ラフィク・ハリーリ国際空港到着時に取得できます!パスポート残存期間は6ヶ月以上必要です!
▼大使館▼  〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-36 レジデンス バイカンテス410号
電話:03-5114-9950
▼電圧コンセント 110Vまたは220VでC型 
▼SIMフリー▼  携帯電話・SIMカードはレバノンでかなり普及しています!
▼Wifi  インターネットカフェがあちこちにあります!レバノンの都心部にはWifiができるカフェもあります。
▼服装  
▼国内の移動▼  バス、タクシーが主な移動手段です。
▼国際運転免許▼ レバノンでは日本の国際運転免許が有効です!
▼シーズン▼ 
▼時差 6時間
▼病気 予防接種:基本的には必要ないです!慎重を期して、破傷風、肝炎(A、B型)の予防接種をおこなうとよいかもしれない。野犬は、ベイルートにはほとんどいないので狂犬病もそれほど気にしなくても大丈夫です!
病院:医療水準は高いので、問題はないと思われる。アメリカン大学病院(AUH)がもっともよいとされている。ただし、歯科関連の治療は日本で済ませたほうがよいかもしれない。大使館にも医務官はいるが、在留邦人へのサービスはおこなっていない。
薬局:病院と同様に充実しており、問題はないだろう
▼トイレ▼ レバノンに限ったことではないですがトイレには紙はありません。水と手をつかって洗いましょ。大を流す時はこまめに流して下さい。管が急に細くなっているみたいで、詰まる恐れがあります。また、紙を流す作りになっていないので紙は備え付けのゴミ箱に流しましょう。便座のないトイレが多いので足腰を鍛えましょうww       
▼クレジットカード▼ 
▼小ネタ  岐阜県と同じくらいの面積。
▼法律・マナー▼ 
 
[forecast location=”Beirut,Lebanon” caption=”レバノンの天気” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4750338761″ locale=”JP” title=”シリア・レバノンを知るための64章 (エリア・スタディーズ123)”]

ヨルダン

アゼルバイジャン