1番安くて簡単な海外送金「Transferwise」の使い方 (マイナンバー必要)



こんにちは!今回は海外生活において必要になるであろう海外送金についての記事です!

実は諸用で海外の会社に送金をする必要がでてきました!海外送金は普通のUFJとかの銀行などでもできるのですが、安い金額ではないのでできればお得に払いたいということで探していたらいいサービスを見つけたので皆さんにもご紹介します!

Transferwise

今回僕が利用したサービスはTransferwiseという送金サービスです。元々は普通に日本の銀行から海外送金をしようとしてたのですが手数料高いな~と思っていました。そしたらちょうどFacebook広告でこれがあらわれたので試してみることに!笑

https://transferwise.com

このサービスがすごいところ

Transferwiseのサイトを見るまで知らなかった事実ですが、実は日本の銀行から海外送金を頼むと現在の通貨レートよりも高いレートで取引されてしまうみたいです。一見すると日本の銀行は固定の手数料(Ex 三菱東京UFJ銀行 5000円. 楽天銀行 3000円)を取ってくるので大金を送る場合は案外安く済むのかなと思われがちですが、実際はレート自体に銀行側の利益が盛られているので送る側は損してしまうとのことです。おそロシア。 僕は楽天銀行に口座を持っていて、手数料3000円ならいいかなって思ったのですが、この現実を知ったのでTransferwiseにすることにしました!

明朗会計なトップページ

さぁ、Transferwiseの良さを説明していきます!まずトップページがわかりやすいですね!自分が送りたい金額を入力して通貨をセットすれば、自分が送るのに必要な金額を見ることができます。そして同時に実際の世界のレートを見ることができるので通貨レートをインチキしていないことがわかります笑。

 

実際に送ってみよう!

必要なものは

  • マイナンバーがわかる書類
  • 運転免許証・パスポート等
  • 日本の銀行口座

だけでOKです~!

サイトの使い方

初めての方は「ログイン」が必要になりますが、簡単です!ログインしたら「Send money」をクリックして送金をしましょう!

サイトは英語ですが、そんなに難しくないので落ち着いて見ていきましょう。まずは送りたい金額が正しいことを確認してください。(この時は僕は既にお金💰を送ってしまってたので、適当な金額で進めていきます。)

初めての方は黄色の文字に注意です。日本の法律により、送金者の住所、マイナンバー、IDの確認が義務付けられています。一度行えばOKですが、確認が完了するまで2営業日かかるとのことです。これがあるので送金は日数に余裕をもって行いましょう。

※他のサイトで、「Transferwiseはマイナンバーが必要ない。」と書いてありましたが2017年7月現在それは必要となっております。詳しくは以下でご説明します。

次は送り先の情報を入力していきましょう。初めての方は「Someone else 他の人」「Business or charity 企業か慈善団体」を選択しましょう。僕は「Business or charity 企業か慈善団体」を選択しました。

すると相手の情報を入力する画面に変わります。

  • 相手のEメールアドレス(相手がTransferwiseをやってなくてもOK。送金時に確認メールが行きます。)
  • 相手の名前
  • IBANコード

を入力しましょう。日本だとIBANコードというのがあまり知られていませんが、世界で使える口座番号のようなものです。これだけあればどこの国のどこの銀行のどこの支店の誰の口座かが特定できます。これがないと送金ができないので確認しておきましょう。

次ページ「次は本人確認についてです!」

About 旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :)

将来不安なジャパンから脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて今こんな感じ。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味で大体のことは人並み以上にできます。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)

現在はヨーロッパのリトアニアにて活動中!

座右の銘「去る者追わず 来るもの拒まず」

全部見てみる