2017 9月

マンスリーアーカイブ 9月 2017

翻訳が終わって、もう一回リトアニアの移民局に行ってきた

こんにちは! 前回の記事の続きです。↓ 今日は大学のイベントでみんなでお城の見学の予定でしたが、僕だけは移民局のことが終わっていないので行くことができずに部屋で待機。。。またターキッシュガールに心配されてしまいます笑 まずは翻訳に出した書類の翻訳が終わらないと移民局に行けないので連絡を待っていたらお昼前に連絡がきて「翻訳が終わったので取りに来てね」とのこと。 急いで取りに行ったら、ちゃんとした書類になっていました!そして公的翻訳というスタンプも押してありました。 こんな感じです!ヨーロッパスタイルですね!   んで、その後に急いで移民局に向かいます。僕が移民局に着いたのは13時くらい。前回と同様に整理番号をとったら僕の番号は「153番」。ディスプレイを見ると120番くらい。そして今日は前回よりもめっちゃ待っている人がいたし、相変わらず職員は少ない。なのでまた4時間コースだろうなと思って一旦買い物に向かう。移民局から出るときにフラっと営業時間を見たら、、、   まさかの金曜日は14:45まで。ぜーーーーーーったいに間に合わないじゃん。   ってことで帰宅。月曜日にもう一度トライします!

[英語プレゼン]Mission and Vision Presentation

大学で初めて英語でプレゼンしてきました。僕にふさわしい「Mission and Vision」というテーマだったので長々と語ってしまいました笑   ◯Concept コンセプト First of all, allow me to explain about the concept of mission and vision. As you know , this can be used in the business field as “Mission statement and Vision statement”.So let’s take a look at vision first.  Vision describes ・what you want to achieve in the future. Where do you want to be?  It means Vision is the goal which is so far away. Sometimes it can be unreachable and unclear. One thing which I wanna emphasize is that Vision should not change many time. It should be something that remains inside your heart. ...

ビザのためにリトアニア語の翻訳をお願いしてきた

こんにちは! 昨日の記事の続きを書きたいと思います! ↑読んでいない人はこちら!   今朝も早起きして、今日はまず日本大使館に行ってきました~   こんにちは。今月から大学生になりまして、昨日移民局に行ってビザの申請をしたのですが書類がリトアニア語じゃないってことで返されてしまいました。あとリーガライズする必要もあるみたいです。 そうですか。こちらでは翻訳することはできませんが、公的な翻訳会社をご紹介することはできます。 よろしくお願いします! 数分後。。。。 こちらの会社です。以前大使館から翻訳を依頼した時は公的な翻訳ができるとのことでしたのでこちらで大丈夫だと思います。 ありがとうございます! ってことで、大使館の次は紹介された翻訳会社に行くことに!ちなみにリトアニアの日本大使館のスタッフさんの対応はとてもよかったです!\(^o^)/   紹介された翻訳会社は「Baltijos vertimai」という会社。読み方すらわからないけど、、、笑 場所は旧市街の中にあって、アクセスは便利です! サイト:http://www.bv-translations.eu/ 外観はこんな感じ! 中に入るとお姉さんが一人だけいて対応してくれました。 移民局に提出するためにこの書類の翻訳をして欲しい、後はリーガライズもして欲しいということを伝えたらOKでした!費用はA4の書類2枚で21ユーロ。まぁこんなもんだよね。翻訳は明後日に完了するらしい。終わったら電話をくれるとのこと。できれば早めに受け取って、その日のうちにもう一回移民局に行きたい!! この後のことはまた報告します!

リトアニアの移民局に行ったらヤバかった話

こんにちは!!リトアニアの大学生になった僕は日々課題に追われる日々を過ごしております!(先日はこっそりとポーランドに行ってきたけど笑)   それは置いておいて、昨日大学からこんなことを言われました。 Greetings Hodaka, Could you please stop by my office to pick up the documents to get your visa. Please do that as soon as possible because we need to submitt your visa application this week otherwise you will not be able to do that next week. I have your documents so please come and see me. とのことなのですぐにオフィスに行くと、、、 滞在許可のための書類を準備したから早めに移民局に行って申請をして欲しい。 明日はクラスはあるかい? 午後からあります。 そうか。だったら朝に移民局に行くのがいいと思う。というのもリトアニアの移民局は本当に仕事が遅いし対応もよくない。きっと時間がかかるし、一発じゃ申請は通らないと思うんだ。 了解です。あと、、ちなみにリトアニアに来る際に健康保険に入ってなくて、クレジットカードの保険(3ヶ月)しかないんですけど、、、 それは、、ダメだな。。。ちゃんとした保険に入っていなきゃ審査は通らない。 移民局の中に保険を売っている場所があるからそこで買うことができるよ : ) なるほど!まぁ明日の朝一に行って聞いてみます! ってこと。 こういう手続きって大学側がやると思ってましたが、まぁ自分のことは自分でやった方がいいですよね~ 保険は日本で加入するよりも現地で加入した方が安いと思っていたのでまだ入ってませんでした!いずれ入らなきゃと思ってたのでいいタイミングです。 ちなみにリトアニアに来る時に残高証明(英語)と無犯罪証明書(英語)は自分で用意していって、他の書類はすべて大学が用意してくれました!全部で20ページくらいあるし、英語を読んでもよくわからない質問とかありましたが、向こうで聞けばいいやってことで空欄にしておきました。 あと、書類のための写真も持ってなかったので急いで撮りに行きました!ヴィルニュスには日本が世界の誇る「FUJIFILM」があるのでそこで証明写真をゲット!4枚の写真で7ユーロというここの物価の割には高いがしょうがない!     そして~ 今朝、7時に家を出て、8時にヴィルニュスの移民局に行ってきました! 場所はここ! 外観の写真 政府機関なので中の写真が撮れませんでしたが、どうやら7:30から開いているようです。なんとも不便なことに英語の看板がないのでとりあえずinformation的な場所に並んで聞いてみたら、「まずは番号札を取って。」と言われました。冷たい態度でね。なんかポーランドの人も冷たいっちゃ冷たいけど、なんかそれとは違くて。リトアニアの人は本当に無愛想。どういう気持ちで人と接してるねんって思ってしまう。まぁそれは置いておいてその番号札の機械がある部屋も別の部屋なので気付かず。。。 そして引いた番号は「125番」今表示されている番号は「100」だったので、まぁすぐかな~と思ったら「852」「562」とかの番号がどんどん入ってきてなんかもうゴチャゴチャ。そして恐らく書類のチェックをする部屋はこんなに人が多いのに2部屋しか仕事してない。そして一人あたり30分くらいかかっている。。。おいおい。僕は13;00から大好きな授業があるのに行けないのか。。一応移民局には無料Wifiがあったので少しは時間を潰せたけど、それにしても時間がかかる。13時の授業に間に合うためには最低でも11時に番号を呼ばれないとダメだけど、11時を過ぎても125番はやってこない!おい!   そしたら、11:30にやっと呼ばれた。しかし、ここから書類のチェックとかしてたら間違いなく授業に遅れてしまう。。。個室に入るとムスッとした女性の方が座っている。何も言わないので書類を出して、「これとこれの申請をしたいです。」と言うと、「◯◯◯の書類は??」と言ってくる。書類は全部あるはずなので全部見せたら、一枚一枚チェックし始めた。   そして、ここで開けていいかわからないけど、無犯罪証明書の封を開け始めた!わぉ!もうどうなってもいいや~と思って見ていると、まさかの「これ英語じゃん。リトアニア語じゃなきゃダメだよ。」と言ってきた。そして、銀行の残高証明もリトアニア語じゃなきゃダメだよと言ってきた!笑 ってことなのでメインの書類をチェックされることなく、すぐに終わってしまった笑。 すぐに終わったので奇跡的にクラスには間に合ったけど、また色々しなければならない~   大学に行ってスタッフに報告したら、「3時間も待ってそれを言われたの!?OMG,,,これがリトアニアの移民局だよ。。。。」と。とりあえず、明日は日本大使館に言って助けて貰うしかないね~

リトアニアで売っている怪しいカップ麺を食べてみた!

こんにちは! 今日は旅人ほだのブログ初となる食レポをしたいと思います!意外と今までやってきてなかったので笑 (本当はこんな事よりも課題のプレゼンテーションを完成させないといけないのですが、、、、)   本日買ったのは「Rimi」というチェーン店のスーパーマーケットっで売っているこちらのカップ麺! 「SUNYAN」という名前のカップ麺です!インスタントヌードルのエビ味と書いてあります。 値段は0.8ユーロ(約105円)ということで試しに購入! リトアニアの商品には英語が書いてないことが多い!ロシア語を話す人の方が多いからかな~   そう言えば、リトアニアと言えば自殺の割合がNo.1の国 で有名ですが、実はケトルがめっちゃ安くて有名です!(僕の意見ね。あんまり気にしないで。) 各位、先週僕はルームメイトのみんなでケトルがあったらいいねという話をしてて、安いのがあったら買おうとしていました。そして、ある日スーパーマーケットに行ってみるとなんとケトルがたったの4ユーロ!\(^o^)/ まじで?なんかちょっとディスカウントされている感じでしたが、まさかの4ユーロということで購入。日本でも安くて800円するので、まさかの安さにビックリ! ってことで、リトアニアといえばケトルが安い国ってことでよろしく笑 蓋を開けてみると、薬味とか粉の袋とかはなくてそのまま湯を注げばいいとのこと。   そして待つこと3分間 できました!そして食べました!   。。。。。。   ん~ まず思ったのが、麺が短すぎる!なんかチキンラーメンをぶつけまくって中身が粉々になったやつでラーメンを作った感じがします。。。これがヨーロッパ仕様なのでしょうか~。。なので全然ヌードル感がなくてなんかそば飯のご飯なしって感じ笑。 味はエビの味がしましたが、いまいち!   ということで、これに関しては僕はオススメしません!笑 興味がある人は是非! \(^o^)/

リトアニアでサンボ(柔道)に挑戦!

こんにちは!リトアニアに来てからいろいろやっている旅人ほだです! 昨日は友達に誘われてサンボの練習に参加しました! :)  サンボって? サンボ(露: самбо)というと、旧ソ連軍やロシア軍で使用された格闘術であるコンバット・サンボが大変危険な格闘技として恐れられていますが、もともとは護身術であり、スポーツとしても多くの人が楽しんでいます。 というスポーツ。タイトルにサンボ(柔道)と書いたのは、サンボは柔道から産まれたスポーツであり道着を着て戦うところなどが柔道と似ているからです。実際に僕はサンボを始めるまでどんなものか知らなくて、友達に「柔道ほとんど同じだからおいでよ~」と言われたので行ってみました笑 実は僕は子供の頃に柔道をずっとやっていて経験があったので友達にもゴリ押しされていました笑 場所 場所は近くに大学の体育館を借りて練習していました!クラブ活動のようなものみたいです!参加は無料で自由で僕と同じ日から始めている人もいました! 場所はこのへんです!行ってみてくださいと言いたいところですが、勝手に行ってもダメかも、、、笑 練習は毎週の月~水にやっているようです!\(^o^)/ 練習の感じ 写真は1枚しか撮れませんでしたが、こんな感じです!ちゃんと畳があるのがすごいですね!練習は2時間あって、始めは軽いランニングをして、準備運動をしたあとに受け身をやりました!僕は柔道の経験があるので受け身はもちろん余裕でした!初めての人は苦労していました~ そしたら、初めての人とか関係なしにいきなり技の練習に入ります!僕の相手はウズベキスタンの友達で彼は先週も来ていたので割りと上手でした!柔道は投げる時は思いっきり投げないと投げられる側は痛いから、上手な人に投げてもらいたいのです。 最後の30分はまさかのファイティング!ここまでは普通の柔道と似ているな~と思ったのですが、リトアニア人のサンボの試合を見ていたら、柔道と言うよりも格闘技。。。。足を掴んだり、関節的なことをしたりとまぁ激しいこと。。。 ということで僕は続けないことにしました!笑 コーチは僕が経験者ということで10月の大会に僕を出そうと期待をしていたみたいですが、、、、こんな危険なことやってられるか~~笑 まぁ何事もとりあえずやってみないとね!久々にいい運動ができたから良かった!\(^o^)/

アウシュヴィッツのようなカウナスの第9要塞 (Ninth Fort)

こんにちは!カウナス城のあとは第9要塞 (Ninth Fort)に行ってきました! ↓カウナス城の記事   第9要塞 (Ninth Fort)とは カウナスには19世紀に帝政ロシアが建造した12カ所の要塞がありましたが、後にそれらは要塞は破壊され、この第9番要塞が唯一現存する要塞となりました。第二次世界大戦の最中、リトアニアを占領したナチス・ドイツはリトアニアの各地から5万人にも及ぶユダヤ人をこれらの要塞に収容し、その多く強制収容所に送り虐殺したと言われています。そうした犠牲者の中にはナチス・ドイツだけでなく、旧ソ連による犠牲者も含まれていました。この第9要塞のすぐ近くには、そうした犠牲者の遺品や写真などを集めた資料館が設けられていて、ガイド付きで見学できるようになっています。 とのこと。ポーランドでいうアウシュヴィッツのような場所ですね。虐殺って本当によくない響きの言葉ですよね。。 場所はこちら↓ ちょっと中心地から遠いので、バスで行く必要があります。一番いいのは「23」のバスです。メインのバスステーションから出ているので便利だと思いますが、本数が少ないので注意してください :)  そしてバスを降りてからちょっと歩く必要があります。また大きな道を渡る必要があるのですが、このオレンジ色の部分は地下道があるのでそれを使いましょう! :)  さぁ!着いた! 地下道をすぎると、奥の方にミュージアムが見えます!僕はいかなかったですが笑ちなみにエントランスはこんな感じ~ミュージアムの方に行かずに、地下道を出てからすぐ右に曲がるとこのような原っぱに出ます。このあぜ道を進んでいきます! ミュージアムを遠目に見た感じ。 道なりに歩いていくと収容所的な場所がありますね! こちらの中を見るのはミュージアムの職員とじゃないとダメみたいです。。昔のユダヤ人はこういう場所に収容されていたんですよね。。そして振り返ると有名な像があらわれました!何が有名かわからないけど笑THE WAY OF DEATH と書いてあります。実際に見たら、結構大きかったです!よ~~く見ると、顔が彫ってあったり、握りこぶしが掘ってあるのがわかります。当時の人々の団結を示しているのでしょうか。ちなみにここも公園みたいな場所なので、ガンガン中に入っても大丈夫です!1941年~1944年にソビエト兵が自滅した記憶と書いてあります。ここはナチスとその兵が30000人を越えるユダヤ人を殺した場所と書いてあります。堀がありますね!おっと、これは射殺の後でしょうか。。。 情報 開館時間:10:00~18:00(11月~3月は16:00まで) 休館日:火、祝(11月~3月は月、火、祝) 入館料:2.30EUR 学生1.40EUR 地下壕(ガイド付き)2.80EUR Website:http://www.9fortomuziejus.lt   まとめ いかがでしかでしょうか?あまり要塞という感じはしませんでしたが、アウシュヴィッツに行った時と同じような気持ちに少しなりました。歴史に興味のあるみなさんは、ミュージアムにも行ってみることをオススメします!

リトアニア・カウナス城は最高に気持ちがいい!【行き方など】

こんにちは!僕は2週連続でカウナスにやってきました! そう、理由はもちろん、、、無くしたカメラを取りに行くためです!\(^o^)/ これについての話はこの記事を読んでね! ということで、先週カウナスに行った時に、うっかりして博物館にカメラを置き忘れてしまいました~!が、優しい人が連絡をしてくれて博物館の係の人が預かってくれているということなので行ってきました!そしてただ、カウナスに行くだけじゃもったいないので、カウナス城にも行ってきました!\(^o^) カウナス城とは ドイツ騎士団の侵攻に備えて13世紀に建造された要塞です。1363年に騎士団により幾度もの攻撃を受け破壊。その後、15世紀に再建されるものの、ビタウタス大公の時代に防衛拠点としての役割を終え、17世紀から18世紀にかけて戦争により、再び城の大部分が破壊されました。現在は、塔と城壁の一部が残されるのみとなっています。 とのこと。僕はまったく歴史に興味がないのであれですが笑 場所はこちら! カウナスのメインのバスステーションからそんなに遠くもないので歩いて行きました!市内のバスに乗っても行くことができましたが、天気が良かったのと町並みが綺麗だったので歩きました! ってかカメラは、、、 カウナス城の前に博物館に行きました! あの~、、先週ここに来てカメラを忘れちゃったんですけど、、、 ああ、 話は聞いてますよ。(金庫をガチャガチャ。) はい、こちらですね? ありがとうございます!x 5 という感じであっさりとゲット!中のデータも無事でした!好きだぜ!リトアニア人~  :-)    さぁ!行ってみよう! カメラを取り戻したのにウキウキしすぎて、カウナス城までの道中の写真を撮るのを忘れていました。。。笑 でも城についてからはちゃんと撮ったのでご安心を!カウナスの美しい街を歩いて進んでいくとカウナス城が見えました! この像は何を意味しているのでしょうか。。。 城の手前にあるこの橋が歴史ある感を出していますね笑城の周りは緑で囲まれています!そして奥には大きな川もあって自然で溢れています。 橋を越えると城へと続く階段があります!ただ、こちらは入り口ではないので登らないで、奥に進みましょう~こちらが入り口です!雰囲気めっちゃありますね!料金はこんな感じ。下に詳しく書いてあるので見て下さい~こちらはチケット販売ブースです。係の人に声をかけてチケットを買いましょう~チケットを買うと、まずは地下に行くことを勧められます。 首吊りのロープと、首切の台があります!物騒ですね! こちらは足枷ってやつですね。。。と思ったら少しポップな「GHOST ZONE」という場所がありました!何も見えなかったけどw奥に進むとこういう像があったり~突然、壁にナイトが現れました!そして「はっはっは~~~」と笑いながら何か動いています!説明を読むと、台の上に乗って右手を上げたり、左手を上げたりするとナイトも動くようです。突然テクノロジーを使ってきたことにビックリですが、カウナス城と何か関係があったのでしょうか。。。笑地下は行き止まりなので、満喫したら次は上に行きましょう!結構急な螺旋階段を登っていきます!そしたら途中の階に展示場がありました!よくできた熊さんです。 Try on noble's hut. と書いてあるので、こちらの帽子を実際にかぶってもOKとのこと! さらに上に登るとまた展示場があります!そこから外に出ることができて、先程の階段があった場所へと続いていました~ 眺めが綺麗です!今日は一週間ぶりに晴れたので、空気も良かったです!いいですね~~最初に渡った橋が見えますね!奥ではマーケットをやっていました!今日は土曜日だったので、毎週末やっているんだと思います! 遠目から撮ってみました!よく見ると子どもたちが遊んでいるのが見えますね!この城は公園のような感じなんですね!こうやって見るとケーキみたいw 情報 開場時間:10:00〜18:00(土は17:00) 休日:日、月 Website:http://www.kaunomuziejus.lt 所在地: Pilies g. 17, Kaunas 44275 電話: (8-37) 222414 料金:大人2.5ユーロ、学生1.0ユーロ、家族チケット(1~2大人+18歳以下の子供)5.0ユーロ、7歳以下の子供・スタッフ 無料   まとめ いかがでしかでしょうか?カウナスにお越しの際はカウナス城に是非行ってみて下さい!中心地から歩いて行けますし、自然ある雰囲気は最高にリフレッシュできますよ!川沿いではカップルたちが座ってリラックスをしていました~  あ、タイトルに「行き方」って書いたのに全然行き方について言わなかったですね笑 メインのバスステーションからは「7」「23」「39」「52」「57」のバスで近くまで行くことができます!では Good luck!

留学のため 愛知県警で無犯罪証明書を申請した!

こんにちは!留学シリーズの記事です~!   留学するにあたって、向こうで滞在許可を貰うために無犯罪証明書が必要だったので愛知県警に申請をしにいってきました!ちなみに無犯罪証明書は「渡航証明書」「Police Certificate」「Police Clearance」「no criminal record」などとも呼ばれております。 まずは申請に必要なものについて確認しましょう! 必要なもの 愛知県の収入証紙 500円 →愛知県警の中では売っていないので向かいの建物の愛知県三の丸庁舎4階・尾張県民事務所で購入しましょう。 パスポート(原本) →コピー不可(申請時にはちゃんと返してもらえます。) 住所がわかるもの(運転免許証等) →住民票でもOK。現在日本に住所がない方は最後の日本の住所を証明できるもの 犯罪経歴証明書の必要性がわかる書類 →国と渡航目的によってことなります。以下に詳しく書きます。 申請の流れ 以上の書類の中で「犯罪経歴証明書の必要性がわかる書類」がケースによって異なるので、まずは自分の地域の管轄の県警に電話をして聞いてみましょう。愛知県警の場合は「鑑識課渡航証明係 ℡052-951-1611」に電話をしましょう。 僕の場合はリトアニアに留学目的だったのでそれを伝えたら ◉電話のお姉さん「リトアニアの場合は滞在許可の取得目的の場合のみ発行をしております。」 とのこと。学生ビザとかじゃなくてリトアニアに滞在ができる許可書のためなら無犯罪証明書を出してくれるということ。なんか厄介なかんじ笑。 ◉ほだ「大学のアドミッションレターがあるのですが、それではダメでしょうか?」 ◉お姉さん「先程もいいましたが、大学進学とかは関係ないので、公的な機関が作成した書類で、無犯罪証明書の必要性が記載されているものが必要です。」 とのこと。聞けば聞くほどガンガン言ってくるので、まぁ自分でどうにかすることに。 ネットでリトアニアの滞在許可のために無犯罪証明書が必要か調べまくってもちゃんとした情報が出てこず。。。 ということで、まずはレスポンスが最高に速い 僕が行く大学に連絡してみたら 「大学のアドミッションレターでいけるはずだよ。滞在許可の申請はこのフォームを使っているよ。」 と言ってくれて、リトアニアの移民局(?)が作成した書類を添付してくれた。 ちなみにそれがこれ→http://www.migracija.lt/index.php?-562123887 さっと読んだらめっちゃややこしい書類と思ったら、よく見たら「過去に犯罪はありませんか。。。」という文章を発見!!!これでいける!と思って印刷して、記入できる部分は記入して持っていきました! ※ちなみにリトアニアの大使館にも自分の状況を伝えましたが、返信が来ず。。。あと大使館を通すと査証のこととかになって面接や海外保険強制加入とかになってややこしいので、できるだけ一人でやってみました。僕の場合は海外の大学に行くので「留学」ということですが、大学側が言うには学生ビザは必要なくて「滞在許可」でOKとのことです。なのでビザを貰うために大使館に行く必要はありませんでした。   ということで パスポート、免許証、収入証紙500円、リトアニアの移民局の書類(記入済) を持って愛知県警に行ってきました! 愛知県警内では 愛知県警に初めていきました!中にゲートがあって、自由に行き来できなくなっています。なので受付で「無犯罪証明書の申請で鑑識課に行きたいです。」と伝えましょう。そうするとIDカードをもらえます。少し待っていると担当の警官の方が来てくれて一緒に別室に行って申請用紙の記入等をします。僕の担当してくれた方はとても優しい方でわかりやすく説明してくれました。 最後にすべての指の指紋を取って終了です。  申請が終わったら、赤い紙をもらえます。ここに◯月◯日と書いてあって、この日以降に愛知県警に来れば無犯罪証明書を受け取ることができます。 受取に来る際はこの赤い紙と身分証明書をお忘れなく!警官の方曰くこの日にちから2~3ヶ月までは保管してくれるとのこと。まぁすぐに取りに行くのが1番ですね! そして後日。。。。 無事に受け取ることができました!\(^o^)/ 受け取りの時は、警察署の中まで入らず、受付前まで係の人が来てくれて渡していただけました。行き先の国が間違っていないかしっかり確認しましょう!\(^o^)/ まとめ いかがでしょうか??無犯罪証明証は申請は難しくないですが、そのための書類等を集めるのが少し苦労しました。ただ、警察の方も必要書類をくまなくチェックするのではなくてある程度無犯罪証明証の必要性がわかればOKとおっしゃっていました。留学や移住で必要な方は必須となると思うので無事にもらえるといいですね! :) 

リトアニアの大学🏫に入学するまでの方法を徹底的にご説明します!

こんにちは!僕がリトアニアに着いてから約2週間が経ちました!   ってか何で僕はリトアニアにやってきたのか疑問を持っていた人も多いと思います。だってワーキングホリデーがあるわけでもないし、それ以外にリトアニアに長期滞在する方法なんてないし、、、、、   まだなんでか言ってないよね?実は前のリトアニアの記事を読んでで気づいちゃったとかないよね????笑   大学生になりました!! :-)    は?大学!?って思う方もいると思いますが、みなさんご存じの通り僕は1ヶ月間勝手にアフリカのマラウイという国でボランティアをしてきました!まぁ簡単に言ってしまうと「アフリアが僕を変えた」って感じですね笑 僕は日本では大学に行っていなく、大学なんて自分とは縁のないものだと思っていましたが、アフリアの人々の生活を見たり実際にボランティアをしていく中でもっと人の役に立つためには自分には色んなことが足りないということに気づきました。海外では社会人を経験してから大学に行く人も全然珍しくなく、僕の知り合いでは3回くらい大学を出ている強者もいます。そういうのもあってもっと学びたいという気持ちになったので大学に行くことにしました!   留学をするにあたって 僕の場合は完全に自力で海外の大学入学の手続きを行いました。もちろんどこかのエージェントに頼むよりやることは多いです。色んなことが必要となってきますが、ざっくり言うと海外の大学に一から留学するためには3つのことが必要になってきます。 1.お金 2.英語力 3.書類 です! まず「お金」 海外の大学は日本に比べてかなり安いです(もちろん場所によるよ)。このこともあって僕は海外の大学に行くことを決めました!ちなみに僕の行く大学の学費は年間2800ユーロ(約350,000円) ということでかなり安いです。住む場所は学校の寮を使えて、そこは月85ユーロなのでこれまた格安です! 学費を貯めることも大事ですが、学費だけでなく向こうで生活するのにもお金が必要で滞在許可を取る際に残高証明が必要となります。なのである程度のお金は貯めておく必要があります。必要なお金は大学によって異なります。僕はネットでも収入があって海外でも生き延びれそうなのでこの点は、まぁOK. 「英語力」 とりわけ僕を忙しくてしていたのがこの「英語力」という理由です。僕はここ数年は海外にいて英語を使わないと生きていけない環境に身を置いてきたので英語にはそこそこ自信がありましたが、いざ自分の英語力を証明するとなると検定とか何もなかったので留学のために試験を受ける必要がありました。海外の大学では英検・TOIECなどは役に立たず、TOEFL・IELTSが必要となってきます。(TOIECが使える大学もありましたが、ほんの一部) 留学を決めた時に、とりあえずすぐ受験できるIELTSを申し込んでそれに向けて必死に勉強していたので4月はかなり忙しかったです。僕はこの年の秋から大学に行きたかったのでこの4月のIELTSのチャンスを逃すと大学入学の申込み期限的に書類が間に合わなかったので今回の試験に集中しました。秋からスタートの大学のほとんどは3月とかで締め切ってしまいます。ラッキーなことに僕の大学は6月末まで申し込めたのでよかったです! IELTSはリスニング・ライティング・リーディング・スピーキングのすべてがあるのでラッキーでは点数は取れないとのこと。付け焼き刃で望んで正直手応えはあまりなかったですが、結果的には留学に必要な点数を取ることができました。   「書類」 これが1番厄介というか時間がかかるというか。。。先程も言いましたが、基本的に海外の大学は秋にスタートするので多くの大学は3月頃に申し込みを締め切ってしまいます。僕は遅くから大学探しを始めたので既に締め切っているところが多かったです。ただ、興味のある大学が6月下旬まで受け付けていたのでそこに行くことにしました。 注意して欲しいのが大学の申込み締切日の2ヶ月前には本当にすべての書類を準備をした方がいいということです! 申し込み用紙の記入・モチベーションレターの作成などは一日あればできますが、書類の用意は本当に時間がかかるんです。。。学校などに頼むと即日では用意してくれず、1週間ほど待ったりします! そして僕の場合はリトアニアの大学だったのですが、こちらがまた複雑でした。。。 きっと普通の海外の大学は必要な書類を集めて大学に直接Applyすればいいと思うのですが、リトアニアの場合は志願者がちゃんとした教育を受けてきたかを認証する機関があり、まずはそこに書類を送って、その証明書ができたら、そこから大学に申し込むことができます! リトアニアではこの機関をSKVCと言います。僕は最初これに気づかなかったので書類の準備が遅れてしまい、バタバタしてしまいました。   実際に必要な書類は ・IELTS・TOEFL等の英語力の証明書 ・高等学校の卒業証明書(英文) ・高等学校の学業成績証明書(英文) ・銀行の残高証明書(英文)   僕の場合は問題があって、高校は卒業生の学業成績を5年間までしか保管をしてくれないそうです(日本の高校はどこも同じ制度)。僕は高校を卒業して5年経ってしまったので初めは卒業証明書しか出せないと言われてしまいましたが、先生に相談したら科目と単位数の証明書なら出せるということでそれを英文でお願いしました。英文だと時間がかかるので間に合うかドキドキでしたが、約5日ほどで作成してくれました。 銀行の残高証明書は申請時には必要がなかったです。入学が決まってリトアニアに実際に来る時に必要とのことでした。 そしてApply 必要な書類が準備できたら、大学に書類を送りましょう!というのが留学のやり方だと思うのですが、僕の場合は奇跡的なことにたまたま隣国のポーランドに行く機会があったので、せっかくなんで直接大学に行ってやれ~ってことで行きました!(このブログの読者の方ならご存じだと思いますが、僕はずっとポーランドに住んでました笑) バスでポーランドからリトアニアの大学まで行ってきました!大学に着いたらメールでやり取りをしていたMarius という方に実際にお会いして書類を記入したり、簡単な面接をしました。なによりもよかったことは実際に大学の中を案内してくれたことです。僕の大学は結構新しいとこなのでめっちゃ綺麗な内装や、コンピューター室にテンションが上りました!あとは実際に自分の住む街の雰囲気を感じることができたのもよかったです!お金に余裕がある人は実際に大学まで行って申し込むのをオススメします笑 申請後 上で説明した志願者がちゃんとした教育を受けてきたかを認証する機関(SKVC)の結果が出るのに2週間ほどかかるとこことなのでドキドキしながら待ってました! そしたら約2週間後に大学側から正式にアドミッションターが送られてきました!いや~よかった! 結果的に入学が決まりました❢!\(^o^)/   入学が決まったら   入学が決まったら、リトアニアに行くまでに必要な書類があります 無犯罪証明書(英文) 無犯罪証明書(リトアニア語・アポスティーユ付き) 口座残高証明(英文) 口座残高証明(リトアニア語)   無犯罪証明書(英文) この無犯罪証明書の取得が面倒くさかったです。別に普通に発行してくれてもいいと思うのに公的な必要性が証明できる書類が必要とか言ってきます。だからネットでめっちゃ調べて ただネットで色々調べても無犯罪証明書が必要ってどこにも書いてないです。。。 まぁ詳しいことはこちらで説明してるので読んでください~ 口座残高証明(英文) こちらは銀行に必要な旨を伝えればすぐに発行してくれます。費用は約750円。英文のものをお願いしましょう!これの発行は簡単。滞在許可の取得のためにどのくらいの資金が口座にあったらいいかわかりませんが、色んな国の大学を見ているとだいたい100万円くらいだと思います! ★追記 リトアニアではリトアニア語に翻訳する必要がありますので公的な翻訳家にお願いしましょう! ちょこっと問題が! 日本からリトアニアに出発する約2週間前に現地での予定の確認とかのために大学にメールしたら突然、「君の学部は必要な人数が集まらなかったから、今学期は行うことができない。」と返信が来た! いやいや、もう日本を出る準備をすべてしたし今さらやめることもできないやん!ってことで他の学部を選ぶことに。。。笑 まぁよく知らないけど、海外の大学ならこういうこともあるんだと思う。それにしても言うのが遅すぎだと思うけど笑 まぁこれも運命! どの道を選ぶかじゃなくて、選んだ道をどう進むかでしょ! 現地に着いたら というか現地に付く前にもちょっと問題がありました。実は日本から飛行機でリトアニアまで飛ぼうとするとどうしても高くついてしまいます。元々直行便はないので乗り継ぎをしても高くなるんです。なので僕は中部国際空港→北京→ワルシャワ(ポーランド)という慣れたルートでヨーロッパに入ってそこからバスでリトアニアに行くことにしました。 そしたら早速中部国際空港のチェックインの時に、「ワルシャワでの滞在許可証、または帰りのチケットはございますか?」と聞かれました。ここ1~2年で6回ポーランドに出入りしていて初めて聞かれました笑 行き過ぎているのかなんやら。ただ、シェンゲン協定の期間はまだ残っているので胸を張って答えるしかありません。僕は向こうに着いてから大学が滞在許可を取ってくれるという話だったのでそれを伝えても「ん~」という感じ。帰りのチケットはないけど、ワルシャワからリトアニアに行くバスのチケット🚌はあるよ~!と伝えたらその番号を控えることで大丈夫でした! ワルシャワ・ポーランドに到着してそこでのイミグレはまたまた何も聞かれずに「Dzięki~ (ありがとう~) 」でスルー笑 ここ一年半でポーランドに7回も出入りしてるのに何も怪しまれませんでした。。笑 まぁ聞かれないに越したことはないですからね! :)  さぁ、半ば移住のつもりでリトアニアにやってきました!大学が終わるまでなので最低でも3年はリトアニア生活です!(できればずっと海外に住んでいたい笑)     まとめ ということで半ば奇跡的な感じでリトアニアに住めることになりました笑 もちろん勉強目的でね!リトアニアもシェンゲン協定内なので実質ヨーロッパ内を旅行し放題なので引き続き旅人ほだはマニアックな旅行情報を発信し続けて行こうと思います!\(^o^)/ リトアニアにお越しの際は遊びに来てくださいね~~

あのリトアニアの優しいおばあちゃんが強者だった話

こんにちは!どこに行っても優しい人に囲まれている「旅人ほだ」です! :)  タイトルに書いてある「あのリトアニアの優しいおばあちゃん」を知らない方はこちらの記事をまず読んで下さいね!^^ カメラを見つけるのを手伝ってくれたので、お礼を言うのも兼ねて一緒にNowJapanという日本関連のイベントに行ってきました! とにかくよく喋る人で、バス停で待ち合わせてから色々と質問してきたり、ヴィルニュスについて教えてくれます。リトアニアのおばあちゃんにしては英語が上手なので聞いてみたら、昔カナダに住んでいたそうです。もっと詳しく聞いてみると旦那は今はカナダに住んでいておばあちゃんは今は一人でヴィルニュスに住んでいるとのこと。そしてすごいことにカナダとアメリカの永住権をもっているんだと。。。すごいね。 おしゃべりしながらNowJapanに行くと、おばあちゃんはすぐに疲れてしまって2時間くらいで帰るとのこと。僕はコスプレコンテストを見たかったのでまだいる予定でした。おばあちゃんはどうしても僕を家に招きたかったみたいだったのでNowJapanが終わったらおばあちゃん家に行くことにしました。   そしてNowJapanが終わったら教えてもらった住所まで向かうと、、、、、めっちゃ綺麗な新築のアパートでした! 窓からおばあちゃんが手を振ってきてドアロックのコードを教えてもらって中に入る。 家の中はめっちゃ綺麗で、一人で住むにはもったいない内装でした。おばあちゃんはリトアニアの郷土料理のビートのスープと、キノコのソースを作ってくれてもてなす準備万端でした。 こちらがリトアニアの伝統的な料理のビートのスープ。ビートの味は僕はそんなに好きじゃないけど、このスープはめっちゃ美味しい!これと蒸したポテトを一緒に食べました!リトアニアのチーズもいただきましたチリのワインも飲ませてくれました。結構良いやつだと思います!     おばあちゃんは若い時にジャーナリストとして働いていたそうです。なので聞きたいことがあったらガンガン人に当たっていきます。NowJapanの時も気になることがあったらどんどんスタッフとかに聞いていました。「私は元ジャーナリストだったからこれが得意なのよ。あとは勇敢だからね。」と言っていました。   そして色々と話を聞いているとすごい人ということがわかりました。 「私は南アフリカ共和国のバイスプレジデントと友達だわよ。この前は彼をここに招待したのよ。」 「アメリカの不動産の投資で資産をめっちゃ増やした。」 「アメリカのどこかの州知事とも知り合い。」 「旦那は20歳年上でミュージシャン」 「今もこっそりとヴィルニュスで不動産投資をしていてもう価格が2倍になっているわ。」 「アメリカの大企業のマネージャーは私がアドバイスしたのよ。」   とまぁ、、、すごい話がいっぱい出てきました。簡単に言うと成功した投資家というところでしょうか。 成功の秘訣を聞いてみたら「私はただ勇敢なだけ。投資をする勇気があるだけ。」とのこと。成功した人の発言そのものですね!   そしてめっちゃもてなしてくれた最後に、 「次の投資にはあなたの協力が必要なの。」 と言ってきました。わぉ、だから優しいの?笑 はっと考えてみるとこれって 本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」に似ている?? 突然出会った大富豪に気に入られてその通りやったら大富豪になった~みたいな話。   「あなたの力が必要なの。」と言われてしまったのでまぁ面白そうだし話に乗ってみようと思います!   何か進展があればブログ書くので更新をお楽しみに!では!   なんか日本語がガタガタですね笑 最近は日本語を話す相手がいないので頭の中がごっちゃになっています!温かい目で記事を読んでいただけると助かります!笑

リトアニアの日本のお祭り「NowJapan」に行ってきた~

こんにちは!LABAS! 9月の上旬なのに、ヴィルニュスは結構寒いです!みんなもうジャケットを羽織っております! さぁ、今日はリトアニアの首都ヴィルニュスで行われている日本に関するイベントに行ってきたのでご紹介します!\(^o^)/  NowJapan リトアニアに来てすぐにたまたま街中の広告を見ていたら「NowJapan」というイベントがあることを知りました!なんか色々ラッキーです!こんなタイミングで年一回のイベントに行けるなんて! NowJapan 2017のホームページはこちら サイトを見てみるとコスプレコンテスト等、面白そうなイベントがありますね!リトアニア人の日本に対する熱はどれほどかはわかりませんが、これは行って確かめるしかないということで行きました~ 場所はヴィルニュス市内から少し南西に離れた場所です! 写真でご紹介! さぁ、いつも通りに写真でご紹介したいと思います!この前の記事で書きましたが愛しのカメラをなくしてしまったので今回はスマホで撮った写真になります!このカメラについてのストーリーはこちらを読んでね!↓ 記事を読んでいただいた方はご存じだと思いますが、カメラは見つかりました!そしてこのカメラを見つけてくれたおばあちゃんに感謝をするために一緒にNowJapanに行ってきました! こちらが会場のLitexpoです!開場は12時からで、僕らは12時過ぎに行きましたがまだ長蛇の列が残っていました!そしてこちらが僕のリトアニアのグランドマザーです!写真を撮られるのがあまり好きではないと言っていたのでこの距離からの写真を載せておきます。そしてこのおばあちゃんがかなりの強者でした。。。このことについては別の記事で書きますね!\(^o^)/ ↓こちら 会場の前には屋台が出ていました!ラーメン等を注文できます!そして早速コスプレーヤーがいますね!チケットを買って中に入りました!結構コスプレをしている人がいますよ!そしてクオリティが高い! こちらでは日本のキャラクターかよくわからないクッションを売っています!そして結構人気がある!有名だけど僕が知らないだけでしょうか?? :)こちらでは日本の緑茶を販売・試飲しています!そうそう、日本のお茶って海外で人気なんですよ!特に抹茶はコアなファンが多いです!コスプレーヤーたち!そしてここがメインの会場です。これはオープニングセレモニーをしているところリトアニア語でルフィが何か言っています。漫画や雑誌を売っています。種類は古めの漫画が多く、値段は1ユーロ~7ユーロです!こちらは日本の国技である相撲を体験できる場所!脂肪を着て戦っております!身体が多すぎて、転んだ後に起き上がれなくなる人がいました笑こちらは合気道!イケメン達が囲碁をやっています!将棋だったら参加したかったですが、囲碁はできないので残念!笑こちらはレゴじゃなくて、、、、なんだっけ?たい焼きも売っていました!知人に聞いたら、ポーランドのたい焼き屋さんだそうです! こちらは自分で書いたアニメの絵を売っています!こちらは日本の文化ブースです。たくさんの俳句が展示されています。「友人が遊びに来る時 自己啓発の本をそっと隠す」 ん。。。。これって俳句なのでしょうか?笑こちらは日本大使館のブースです!2ヶ月遅れですが、七夕の短冊を書いて飾っています!海外の人はこれが結構好きなので年中やってもいいですね!^^師匠が来ていて一人ひとりの希望を書いています!紙芝居で、桃太郎とかさるかに合戦とかをお話しています~ ただ、リトアニア語だったので僕は見ているだけ笑こちらでは日本とは関係ないですが、タピオカティーを売っていました!僕はPeachとSomething goodを選びました!3.5ユーロなのでそこそこしますが、美味しかったです!\(^o^)/ こちらはレゴタウンが組まれています!子供はテンション上がるかも!カナダのホストファミリーの子供とずっとレゴをしていた時を思い出しました~これは典型的なオタクが好きそうなフィギュアですね~\(^o^)/こちらではなんとラジコンレースを行っていました!僕からしたら懐かしいです!コスプレコンテストにも出た、ジャック・バウアーと2ショット!ちなみに女性がコスプレをしていました!こちらは日本の歌手のエコツミさんです!素晴らしい歌声とダンスで会場を魅了していました!超昔のストリートファイターをやっています!話を聞くと、リトアニアの子たちもゲームに対して熱狂的みたいです!こちらは折り紙のワークショップです!ここでお得意のドラゴンを折って人気者になろうと思ったらもっとスゴイのがあったのでスルー笑ポッキーって高いよね。そうだよね。 コスプレコンテストの動画 リトアニア人だけでなく、ヨーロッパ諸国から約30組がコンテストに参加しました!みんなパフォーマンスタイムがあってコスプレをした上で何かしらのパフォーマンスをしていました!動画でまとめたので興味のある方は見て下さい~\(^o^)/   まとめ いかがでしたでしょうか?知人から聞いたらこのイベントがリトアニアで唯一の大きな日本に関するイベントだそうです!ということできっとリトアニアのあちこちから多くの人が集まったのでしょう!リトアニア人も親日みたいなのでもっとコネクションを増やせればと思います!では!
リトアニア人はとても優しいということに気付かされた話

リトアニア人はとても優しいということに気付かされた話

こんにちは! LABAS!  今回はリトアニア人の優しさに感動した話を書かせて下さい! :) この前の記事で書きましたが、僕はうっかりしてカメラをなくしてしましました。。。厳密に言うと博物館のトイレに置き忘れてそのまま家に帰ってしまいました!   その後どうなったかを説明させてください。 カウナスの博物館でカメラを置いたまま去ってしまった僕は、高速バスを使ってヴィルニュスまで帰ってきました。その時はなくした事に全然気づかずにいて、夜にブログを書こうとした時に 「あれ?カバンにカメラがない!?」 という事に気づきました!自分がカメラをなくすはずかないと思ってめっちゃ探しましたがなくて、記憶を辿っていくと博物館のトイレの個室を使った時に窓際に置いたのを思い出しました。。。 まじか~~~と思ってとりあえず博物館の連絡先を調べてメールをしました。ただ、すでに閉館していたので明日まで待つことに。 翌日、朝メールを見てみるとまさかの博物館のメールが無効なメールアドレスでした。。。なので僕のメッセージは届いておらず。。。。 こうなったら電話をするしかないのですが、リトアニア語が喋れないのと、僕の電話番号がまだ使えないのと、博物館は11時OPENでその時間帯は僕は忙しいのでどうしようか考えていました。   そしたらふと一つの方法を思い出しました!実は今週末に「NowJapan」という日本に関するイベントがヴィルニュスで行われるということで僕はFacebookページに自分のことを投稿してました。 何人かがいいね!とかしてくれて一人がその投稿を見て友達申請してくれました。その方は日本にすごく興味のあるおばあちゃんで、僕がリトアニアに来てくれたことに対してとても興味を持ってくださって、「何かあったらいつでも家に遊びに来てね。困ったことがあったらなんでも手伝うわ。」と言ってくれました。 その時はメッセージはすぐに終わったのですが、カメラをなくした翌日に偶々メッセージが送られてきて「本当に私でよければ手伝うからね。」と言っていたのでカメラをなくしたことを伝えて、できれば電話で確認して欲しいということも伝えました。 そしたら、 「それは大変ね!もちろん手伝うわ!ただ、今はまだ博物館は閉まっているみたいだから、今から10分おきに電話してみるね。早く電話した方がいいからね。」 と言ってくれました。なんという優しさ。。。(感動) 博物館のOPENは11時なのですが、僕がこのメッセージを送ったのは9時頃でした。普通だったら11時にかければいいのに今から電話してみると言ってくれたのです。なんという優しさ。。。     そしてなんと10時前に博物館と電話がつながりカメラが見つかったと教えてくれました!     誰かがカメラを見つけてくれて盗まずに受付まで届けてくれたこと、おばあちゃんが僕のために開館前から電話し続けてくれたことに感動しました。   そしてメッセージは続き、   「カメラがあってよかったわね!ところで、どうやってこのカメラを取りにきたい??」   とおばあちゃんが言いました。僕は今週末は2日間とも「NowJapan」に参加する予定だったので来週末にカウナスまで行くことを伝えたら、   「カウナスまでは遠いから、私のカウナスの友達に頼んで保管してもらいましょうか?大丈夫、その人は信頼できる人だから。」   と言ってくれました。なんという方なんでしょうか。確かにまたカウナスまで行くのはお金も時間もかかるのでそうなのですが、このおばあちゃんのスタンスが素晴らしすぎる。。。   結局カメラはそのおばあちゃんの友達に預かって貰うことにしました。 :) そしてどうしても感謝をしたいので今週末の「NowJapan」のイベントで会う約束をしました!   そしたら、、、、、   「あ、NowJapanのことをすっかり忘れていたわ笑。 そうねどうせなら、私がタクシーで迎えに行ってあげるわ。一緒に行きましょう。ただ、私は老人だから朝早すぎるのはダメだからね笑」   とのこと。僕の住んでいる場所から会場までやや遠いので僕のとこまでタクシーで迎えにきてくれるとのこと。なんかもう神様ですよね。マザーですよね。どうやってお礼をしようか寿司でも握ろうかなと思ってしまします。   そんなこんなで、今週末の「NowJapan」のイベントに一緒に行くことになりました!いや~とにかくカメラが見つかってよかったし、こういう優しい人に出会えて本当によかったと思います。   実はワーキングホリデーで初めてポーランドに行った時も、友達なしツテなしだったのでFacebookページに投稿をしました。そしたら多くの人から返事が来てそれがきっかけでよさこいを始めたりして最高の生活を送ることができました。助けてくれた友達に本当に感謝をしています。やっぱり発信するってそういう面で大事なんだなぁと思いました。あとは自分が日頃から良いことをしていれば必ず物事は良い方向に進みます。一見悪いことと思えても、視点を変えてみれば結果的に良いことだったというのはよくあることです :)    話は変わりますが、こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、実はリトアニアの人々はとてもGrumpy(無愛想)です。ポーランドのいた時もちょっと感じたのですが、例えばスーパーで買い物をする時にレジに行きますよね?その時にレジの人は無言で淡々としています。まぁ結局は人種とか関係なくてその個人の性格によるのですが、たいていはそんな感じです。ヨーロッパと言っても英語を話せる人も多いわけではないので何か言いたい時はこっちは英語で言ってみるしかありません。英語がわからないのはわかっているけど、わからないならどうにかしてコミュニケーションをとったりするのがお客さんに対しての行動だと思うのですが、ここの人は諦めて何もしません。ということをリトアニアに来ている他の国の友達と話していました。みんな口を揃えて「リトアニアの人は無愛想」と言っていました。まぁさっきも言いましたが、結局は人種じゃなくて個人の問題ですからね。色んな人に会えば、いい人悪い人がいるのは当然です。 ただ、そんな中で今回はこのリトアニアの人の優しいストーリーをみなさんの伝えたかったんです! ということで、どんな国にも優しい人はいます!でも持ち物はなくさないようにしましょう! では!

SUGIHARA WEEKだからカウナスの杉原記念館に行ってきた!

こんにちは!リトアニアに来てまだ一週間も経ってないですが、順調に生活に慣れてきています! 今日は特に何もする予定がなかったので何か新しい情報が聞けるかなと思ってリトアニアの日本大使館に行ってみました~ (それについてはまた別の記事で!) そして話を聞いていたら今週はSUGIHARA WEEKのため、スタッフのほとんどはカウナスに行っているとのこと!わぉ!SUGIHARA WEEKとはかの有名な命のビザの杉原千畝さんの偉業を記念する週で、カウナス各地で色んなイベントが開催されるとのことです! 以下、大使館情報 9月2日から8日までカウナスにおいて杉原ウィークが開催されます。このイベントは、1939年―1940年にカウナスに赴任し、「命のビザ」を発給し何千人ものユダヤ人を救った日本人外交官杉原千畝の偉業を記念すると共に、日本とリトアニアの人的交流の促進を目的として開催されます。 杉原ウィークでは、日本文化も紹介され、カウナスの様々な場所で、コンサート、シンポジウム、公開講座、展覧会などが開催されます。 詳しくはビタウタス・マグヌス大学アジア研究センターのホームページ(http://asc.vdu.lt/2017/05/sugihara-week/をご覧ください。 とのことです!日程のPDFファイルはこちら   僕は元々この情報を知っていて、土曜日に行こうとしたのですがよく調べたら金曜日までとのこと!まじかい!だとすると今日しか行く時間がないので3秒くらい悩んだ後にお昼からカウナスに行くことにしました!笑 この行動力ね! 早速行ってみよう~~ 今日は夜はヴィルニュスにいたかったので昼からカウナスに行くということは結構弾丸トラベルです笑 ただ、カウナス⇔ヴィルニュス間はバスで一時間半くらいなので実は可能なんです! ヴィルニュスからのバスの乗り方は の記事を読んでください!基本的にはターミナルにある機械で簡単にチケットを買うことができます!カウナス⇔ヴィルニュス間は約6ユーロです! カウナスのバスターミナルから杉原記念館は近いです!歩いて行くことが可能ですよ~ GoogleMapの指示通りに最短距離に進むと階段が現れます!一瞬誰かの家かなって思いますが、通って大丈夫です!結構急な階段なので注意してくださいね~^^そうすると閑静な住宅街に出ますするとありました!実は今は日本からわざわざ職人さん達が来て、杉原記念館の外観を修復してくださっています!素晴らしい!日本のテレビ局も来ていたので放送されると思います!僕も映っているかも笑チケット価格:は成人 3 EUR; 学生 1.50 EUR.です! センターに入ると15分くらいのドキュメント動画を見ることを勧められます!なんとこれは日本語です! 杉原さんの生涯について簡単にまとめられています。見る価値ありですよ~そしてここが有名な杉原千畝さんが座っていた場所日本人の募金と名前のかけるスペースがあります。さらっと見ましたが、結構毎日多くの日本人が来ていました!ビックリ!ヴィルニュスで一人も見ていないのに。。。笑 さぁ、記念館のあとはSUGIHARA WEEKのイベントの一つである「シンポジウム」を見るために記念館から少し歩いてカウナスの悪魔博物館という場所にやってきました~ 名前がすごいですね笑 (リトアニア語:Nacionalinis M. K. Čiurlionio dailės muziejus)ここの一室で杉原千畝についてリトアニア人の方がパワーポイントを使って色々喋ってました~ この杉原ウィークは今年が初めてだそうです!もしかしたら来年もあるかもしれませんのでみなさん要チェックですよ!(^o^) 日程に書いてある通り、他にも杉原千畝さんに関するイベントがあるので是非行ってみて下さい~       っと記事をいつもなら終わるところなのですが、みなさん何かこの記事、いつもと違うことに気づきませんか???笑         いつもなら大量の写真でご紹介するのですが、今回は写真が少ないんです。。。       実は、、、、 悪魔博物館を去って、バスにのってヴィルニュスまで帰って、スーパーに寄って、偶然友達と会って話してて、帰って料理を作って、シャワーを浴びて、さぁブログを書くか~と思った時に。。。。。 まさかのカメラがない!!!!!!! :cry:  探しまくったけどメインのカバンにない!あれ?どこかに置いてきたかな、、、と考えていたらそう言えば博物館のトイレに行った時に窓際に置いたな。。。。それから記憶を辿ってみたらやっぱりその後に持っていないな、、、、 ってことで旅をしていて初めて貴重品を置き忘れてしまいました!笑 これが悪魔のチカラでしょうか~XD~ 一応すぐにミュージアムにメールをしたけどどうかな、いい返事は来るのかな~ ここでもし「ジェントルマンが受付に届けてくれましたよ。」とか返事が来たらマジでリトアニアLOVEになるよね! では!みなさんも気をつけて!笑 ※追記(2017年12月) →結果、カメラをゲットすることができました!詳しくはこちらの記事をー!

最近の記事!