in

最高の愛車「ヤマハ XT250X」のレビュー・インプレ

最終更新日

どうも!日本に帰ってきてもう数ヶ月経つワケですが、その理由の一つとして「バイクに乗りたかった 🙂 」というのがあります。

海外でも何回か乗ったことがあるので、バイク乗りたい欲は解消されるのですがどうも南米のバイクは物価の割に高かったんですね。じゃあ日本で買っても変わらんやんということで「もう日本でいつでも乗れるようにバイクを買おう! 😯 」という考えに至り、買うことにしました!

 

帰国後からのすぐ購入

バイクって衝動買いするものだと思うんですよね。種類も色々あるし、玉数も多いので考えてしまうとキリがないです。19歳の時に僕が初めて買ったバイクはKawasakiのスーパーシェルパというオフロードバイクだったのですが、久々にオフ車に乗りたいと思ったので250ccのオフロードバイクに絞って探すことにしました!(ちなみに大型二輪免許も持ってて昔はCBR1100XXブラックバードに乗ってました。)

最高の愛車「ヤマハ XT250X」の紹介・インプレ
これが最高に乗りやすかった!(スーパーシェルパ)
cbr1100xx 最高の愛車「ヤマハ XT250X」の紹介・インプレ
HONDAが世界で初めて300km/h出したモンスターマシン!1速で120キロでる化物(CBR1100XXブラックバード)

 

Goobikeで県内のバイク屋を調べたらいい感じのお店を見つけたので年明け早々に行ってきました。もう即決する予定だったので現金をもってフラっとバイク屋に行ったらネットで見たのと同じバイクがあったので写真じゃわからない箇所をチェック。

店に行った時は店員さんが忙しそうにしていたので他のバイクを見たりしてフラフラして、その後に店員さんに声をかけて即決、即買い。 XT250Xは不人気車みたいなので全国的に玉数が少ないのですがこのお店には2台ありました。値段はどっちも同じで、状態もどっこいどっこいだったのですが、マフラーがBEAMSに改造されているのを選びました!純正よりも燃費が落ちてしまうのはしょうがないですが、やっぱり人と違う感を求めるのはライダーとしては大事。

車輌の詳細

基本スペックを見る

基本スペック

タイプグレード名 XT250X
モデルチェンジ区分 マイナーチェンジ
発売年 2008
発売月 5
仕向け・仕様 国内向けモデル
全長 (mm) 2040
全幅 (mm) 805
全高 (mm) 1110
軸間距離 (mm) 1365
最低地上高 (mm) 250
シート高 (mm) 790
車両重量 (kg) 133
乗車定員(名) 2
原動機種類 4ストローク
気筒数 1
シリンダ配列 単気筒
冷却方式 空冷
排気量 (cc) 249
4スト・カム駆動方式 OHC(SOHC)
4スト・気筒あたりバルブ数 2
内径(シリンダーボア)(mm) 74
行程(ピストンストローク)(mm) 58
圧縮比(:1) 9.5
最高出力(kW) 14
最高出力(PS) 18
最高出力回転数(rpm) 7500
最大トルク(N・m) 19
最大トルク(kgf・m) 1.9
最大トルク回転数(rpm) 6500
燃料タンク容量 (L) 9.6
燃料(種類) レギュラーガソリン
燃料供給方式 フューエルインジェクション
満タン時航続距離(概算・参考値) 374.4
エンジン始動方式 セルフスターター式
点火装置 フルトランジスタ式
点火プラグ標準搭載・型式 DR7EA
点火プラグ必要本数・合計 1
搭載バッテリー・型式 YTZ7S
エンジンオイル容量※全容量 (L) 1.40
エンジンオイル量(オイル交換時) (L) 1.20
エンジンオイル量(フィルタ交換時) (L) 1.30
推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-40
クラッチ形式 湿式・多板
変速機形式 リターン式・5段変速
1次減速比 3.083
2次減速比 3.066
変速比 1速 2.8460/2速 1.8120/3速 1.3180/4速 1.0350/5速 0.8210
動力伝達方式 チェーン
スプロケット歯数・前 15
スプロケット歯数・後 46
チェーンサイズ 428
標準チェーンリンク数 128
フレーム型式 セミダブルクレードル
キャスター角 24°55′
トレール量 (mm) 72.0
ブレーキオイル適合規格 DOT 4
懸架方式(前) テレスコピックフォーク
懸架方式(後) スイングアーム式
燃料消費率(1)(km/L) 39.00
測定基準(1) 国交省届出(60km/h走行時)
ブレーキ形式(前) 油圧式ディスク
ブレーキ形式(後) 油圧式ディスク
タイヤ(前) 110/70-17
タイヤ(前)構造名 バイアス
タイヤ(前)荷重指数 54
タイヤ(前)速度記号 S
タイヤ(前)タイプ チューブタイヤ
タイヤ(後) 130/70-17
タイヤ(後)構造名 バイアス
タイヤ(後)荷重指数 62
タイヤ(後)速度記号 H
タイヤ(後)タイプ チューブタイヤ
ホイールリム形状(前) MT
ホイールリム幅(前) 3.00
ホイールリム形状(後) MT
ホイールリム幅(後) 4.00
ヘッドライトタイプ(Hi) H4
テールライトタイプ LED
メーター表示:時計

乗り心地

最後にまともにバイクに乗ったのはポーランドに住んでた時にヤマハ・ディバージョンなのであんまり感覚を覚えていないですが、XT250Xの乗り心地はかなり乗り心地がよかったです!さすがオフロードボディのモタードということでとにかく軽くてハンドルのキレもとてもいいので小回りがききます。250ccなのでパワー不足を懸念してましたけど低トルクは強く、そこから80㌔くらいの伸びは十分なものでした!

結構色んな場所に行き、長距離も経験しましたが最高燃費はなんと38km/L!! というプリウスもびっくりの低燃費! ちなみにこの時は愛知から高知に行く途中に自動車専用道路で90km/hで巡航していた時です。ちなみに普段の街乗りでも30km/Lは走ってくれます。一人で買い物とかお出かけする時には最高の足です!

正直、出だし速度は遅いです。信号待ちからのスタートダッシュはできないので、後ろから車に煽られることがありますが、スピードに乗ってしまえば普通に流れに乗ることができます。ビームスのマフラーをつけているということで、エンジン音も純正のものよりも聴き心地がいいです。

ギャラリー

↑オフロード特有のこのフロントマスクがかっこいいです!

↑シュッとしている感じ

少々カスタマイズしていますが、左から見た感じです。 Xt250Xというステッカーがかっこいいです。

↑さすがYAMAHAというスタイリッシュなメーターパネル。

↑ハンドル周りはこんな感じです。カスタムでスマホホルダーを装着しました。

↑250ccの中でもかなり車幅が細いです。僕はすり抜けはしないですが、軽い車体なので取り回ししやすいです!

↑泥で汚れても絵になるむき出しのエンジン

↑ビームスのマフラーはいい音です!トルクもあり、純正より乗りやすいです!

 

まとめ

そんな感じでいいバイクを手に入れました!今までのバイクはすぐに手放してきましたが、XT250Xは潰れるまで乗ろうと思います!スタイリッシュで燃費もよくて他の人と被らない名車だと思います!これから夏になってくるのでどんどんバイクに乗って出かけようと思います 🙂 名古屋付近で青いオフロードを見かけたら旅人ほだだと思ってください笑 では!

海外ノマド生活ががあまり魅力的に感じないと気づいた理由

八木キャンプ場で1泊2日のキャンプをしてきました! [夢の吊り橋・茶名館]