ポーランドで拳銃(ピストル)を打つなら「Strzelnica9-TKA」

(現在)

こんにちは!みなさん、この前の僕のオリジナル曲のLike an idiotを聞いてもらえたでしょうか?(笑)最近は料理の記事を書きまくってまわりから「料理人にでもなりたいの?」とよく言われますが、、、そんなことはありません!

今日は真面目にポーランド情報をお届けします(笑)!昨日YoutuberのYutaさんと銃を打ちに行ったので、みなさんにもご紹介します!

Strzelnica9-TKA

ポーランド 銃

実はこの話を聞くまで、ポーランド国内で銃を打つのがOKだと知りませんでした(笑) ポーランドで内にはいくつも射撃場(shooting range)があるそうで、今回僕らは写真撮影がOKな場所に連れて行ってもらえました!友達のお兄ちゃんが銃のインストラクターということで自分の銃を持っていて、今回はそれを使わせてもらえました^^

今回行った場所は、ワルシャワから車で30分程の「Strzelnica9-TKA」というShooting rangeです!場所はこの当たり~

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

メール: grot@onet.pl
電話 : 22 769 39 61, 601 970 010
営業時間:

月曜日: Closed
火曜日-金曜日: 12: 00- 7 p. m.
土曜日: 10: 00 – 8 p. m.
日曜日: 10: 00- 7 p. m.

ホームページはこちら(英語) → http://www.strzelnica9-tka.pl/en/

行ってみた!

dsc02644外観はこんな感じです!いかにもミリタリーっていう雰囲気が漂っています!dsc02647ここはわりとキレイでちょっと高級な射撃場と言っていました!

dsc02648お店の中の様子です。右側のドアの中が射撃場になっています!しっかりしたドアがあるのですが、「パン!パン!」と音が聞こえてきて結構リアルな感じです。。。ここで銃を打つときのルールと注意点を教えてもらいました。覚えている範囲でみなさんにも教えますね~

・銃はケースから出したら、必ず銃口は的と同じ方向に向けておく。(いくら弾が入っていなく、空の銃であってもこのルールは絶対です。)

・ピストルを打つ際は両手でしっかりと構えて、親指は銃の左側に一緒に添える。(親指はをピストルの後ろにしていると、発砲の際にスライドが後ろ側に来て親指をもっていかれてしまうみたいです。全治3ヶ月くらいのケガを負うみたいです。)

・銃を持つ際は、射撃の際を除いてトリガーに指をかけてはいけない。

あとは他にも色々ありましたが、こんな感じです。銃を扱う場所だけあって、このルールは絶対に守りましょう。僕は友達のお兄さんに英語でしっかりと説明してもらえましたがポーランド語だけだとキツイと思います。

射撃場の中

dsc02651中に入るとこんな感じです。ここは高級な射撃場なので、的をつけてスイッチを押すと自動で奥に進んでいきます!他の場所は打ち終わったら自分で的まで歩いていって変えるそうです。ここは便利~XDdsc02672これらの銃は使用できるかわかりませんが、リアルな銃が置いてありました~

dsc02656まずはAK-47を打たせてもらいました~dsc02662打った際に想像以上に衝撃(キック)がきます! %e5%85%a8%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-20160929-02937次はピストルです!通常よりも口径が大きいものを使いました!%e5%85%a8%e7%94%bb%e9%9d%a2%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3-20160929-03026弾をこのように自分でロードしていきます。dsc02670ピストルの方が衝撃が強かったです。この写真のように親指を添えないとダメです!dsc02658写真を撮る時も、必ず銃口は的の方向に向けなければなりません。dsc02665こんな感じで的を見て自分の結果を確認できます~

ちなみに僕の結果は・・・・

2016-09-29-07-40-09なんと、ここでも有り余る才能を発揮してしまいました!!!!!!!!(笑) 初心者はこの的に当てるだけでも難しいみたいですが、僕は全発この的に当ててみました!そして黒にも何発か当たっていますね! 「初めてじゃないだろ~」と言われましたが、初めてです(笑)

Yutaさんの動画もどうぞ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?ポーランドでとても貴重な経験をすることができました~!想像していたゲームやエアガンの用に片手で「パン!パン!」打てるようなものではなく、新しいことを知ることができました!みなさんも是非~と気軽に言いたいところですが、銃を使用することだけあってルールは絶対に守らなければいけないので、しっかりと説明してくれる人と行きましょう。

あと、もし行く人がいれば少し気をつけていただきたいのですが、射撃場に行ってすぐあとに飛行機に乗る際は注意が必要です。よく言われる硝煙反応火薬の匂いが残り、空港で怪しまれる可能性があります。僕は2日後にフライトがあるのですが、それでもしっかりシャワーを浴びるように言われました!一応服はいらない服を着ていったので捨てていくつもりです。一応ここの射撃場は登録ができるので、もし警察犬とかに止められたら説明して証明書を出してもらおうと思います。

Strzelnica9-TKAのサイト → http://www.strzelnica9-tka.pl/en/

別の射撃場のサイト → http://www.strzelnicagora.pl/p/parametry-nasza-strzelnica-to.html

コメントはこちらに Leave a comment

メールアドレスは公開されません Your email address will not be published.


*


CAPTCHA