イスタンブールのブルーモスク観光での注意点!ぼったくり?


(現在)

こんにちは!初日からガンガンイスタンブールの観光地を攻めている旅人ほだです!僕の宿は歴史地区のすぐ近くにあって、しかもイスタンブールの観光名所は一箇所に集まっているので周りやすいです!

観光でははずせないブルーモスクにも行ってきたのでご紹介しますぜ~!

ブルーモスクとは

 魅惑の街イスタンブールの観光の目玉にもなっているのが、通称”ブルーモスク”と言われている「スルタンアフメットモスク」。”オスマン建築の傑作”や”世界一美しいモスク”とも呼ばれている。

スルタンアフメト・モスク(Sultanahmet Camii)は、トルコのイスタンブールを代表するモスクで、世界遺産であるイスタンブール歴史地域の歴史的建造物群のひとつ。オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。設計はメフメト・アー。『世界で最も美しいモスク』と評される。
世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクとも呼ばれる。夏には音と光のショーも催され、幻想的にライトアップされた夜の姿も楽しむことができる。(Wikipedia)

イスタンブールのブルーモスク観光での注意点!ぼったくり?

本気の写真(僕のじゃないですw)

とのことです!つまり青いからブルーモスクと呼ばれているようです!夏にはライトアップがあったのか~~今は11月なのでライトアップはないですね~(笑)

あ、そうそうのモスクはもちろん世界遺産です!

場所はこちら!

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

行ってみよ~

dsc03699こちら、ブルーモスクも手前の広場でお土産を売っています!セルフィースティック5リラ(約170円)などとなっています!安いと思います~dsc03701こちらの小物は1リラ!タイとかカンボジアのお土産よりも良心的ですね~dsc03703さぁ、ブルーモスクの前にくるとこのような看板があります。男性は長ズボン、女性は肌の露出をしないでくださいと書いてあります。dsc03704もうちょっと詳しいのはこちら!

1.モスクの庭はモスクの内側と同じくらい重要です。
2.モスクの外側と内側にある衣装のルールに従って下さい。
3.必要であれば写真内の衣装は無料で借りることができます。
4.終わったら返して下さい
5.騒がないで下さい
6.祈祷の間は写真、ビデオの撮影をしないで下さい
7.観光客は観光客用のエリアだけを利用して下さい。
8.公式のIDを持っているスタッフの指示に従って下さい。

dsc03706さぁさぁ、見えてきました!かなり大きいです!dsc03707こちらが正面になります。左側が出口で、右側が入り口です。以下に書きますが、ここは日本人を狙った偽ガイド(?)がいるので注意が必要です!dsc03709入ってすぐの入り口はイスラム教の人のための場所なのでスルーしましょう~dsc03711奥へ進むと、観光客用の入り口があります!

p_20161127_103710_vhdr_on1女性のかたはこちらで借りることができます!記念に良いですね!15205805_1137503329694258_510342640_o中に入ると無料の日本語ガイドがあります!今までみなさんがイスタンブールにたくさん行ってくれたおかげですねw  ポーランドでは日本語のパンフレットなんてありませんからw15225263_1137503363027588_415397677_o スマホで撮影したほうがキレイ~
dsc03714これは完全にISOの設定を間違えましたw ってかここでは写真撮っていいのでしょうか?みんなガンガン撮影していたので僕も便乗して撮りました!dsc03717内側にも入っている人たちは何者!? XDdsc03726とまぁ、こんな感じで外に戻ってきました~!個人的には外側から眺めている方が好きです。はい。

ここでブルーモスクでの注意点をご紹介します

※会話はすべて英語です。

実は今日僕はブルーモスク周辺をウロウロしていたら、通りすがりのおっちゃん(オーマンさん)

おっちゃん「あんちゃん日本人かい?」

と声をかけられました。まぁ普通に歩いていたおっちゃんなので怪しいやつじゃないだろうということで話していたら

おっちゃん「このあたりを案内してやるよ、大丈夫俺はガイドじゃないから安心しろ。」

と言ったのでお言葉に甘えてブルーモスクとかその他近辺のマイナーなモスクにも案内してもらいました(結構歩いて色々周りました)。そしたら

おっちゃん「俺は自分の店で絨毯を売っている」

という話になって

おっちゃん「せっかくだから俺の店に寄って何か飲んでいきなよ。で、もしよければ絨毯も日本の家族にどうだい?」

という話になって、僕はまぁせっかく頑張って案内してもらったし安いやつがあれば買おうかな~という気持ちとあとは面白そうだったので彼の店に行ってみました。そしたら、なかなか高そうな絨毯屋で

おっちゃん「まぁ椅子に座ってくつろぎな~」

と言われて水を飲んでいると早速絨毯の話になりました。なんかトルコの絨毯特別な縫い方があってknot(結び目)が多くてこれはキレイなんだぜということを言ってきました。まぁ僕は安いのを買って早く次の場所に行きたかったので

ほだ「一番安いのは何円?」

と聞いたら日本円で25,000円だと言ってきたので。

ほだ「高すぎる~~~~」

と言って拒否(笑) まぁ要らない~と言っても悪い顔はされなかったので根はいい人たちだと思います。僕もセールスマンをしていたので彼らの気持ちはわかります。

で、店を出たらすぐにまた

おじちゃん「日本人かい?」

と声をかけられて

おじちゃん「俺の甥が練馬でトルコ料理屋を経営しているんだ。だから俺も近々行こうと思っているんだ。君は良い人そうだから、もし日本に行ったら俺に日本を紹介してくれないか?」

と言い、

おじちゃん「じゃあ日本に行く時に連絡したいから、俺の店に名刺があるから一緒についてきてくれ」

と言って、ついて行ったらさっきと同じ絨毯屋に着きましたwwwww

ほだ「今ここにいたところだ~~~~」

と言ったら

おじちゃん「そっかそっか。。。」

と言っておじさんは一人で店に戻りました。これはちょっと面白かったw

 

 

そしてその後に、ブルーモスクに行った時も日本語で

兄ちゃん「ヘイ!トモダチ!ニホンジンデスカ?」

と若いトルコ人の兄ちゃんに声をかけられて、この人も

兄ちゃん「僕はガイドじゃないからお金は取らないよ。安心してね」

とどっかで聞いたことのあるような言葉を言っててついつい絡んでいたら、そこにさっきのおじさん(オーマンさん)がいて

おっちゃん「こいつは何も買わないぜ。」

とその兄ちゃんに言ったら二人ともどっか行っちゃいました~~(笑) まぁ元トップセールスマンとして言うと、その心は大事ですww 買わない人に時間を使わずにどんどん次に行く姿勢は素晴らしい!

 

と言った感じで日本人はよく声をかけられるみたいです(笑)。この後も何回か声をかけられましたが、もうスルーしました。 まぁ一番いいのは絡まないことですね。向こうもスルーされることに慣れているので無理に絡まなくていいでしょう~\(^o^)/

でも、おっちゃんのおかげで。。。。

おっちゃんについて行ったおかげで色々見ることができました~\(^o^)/

dsc03674こちらはアヤソフィアの裏から入ったところです。dsc03675また違ったモスクの姿を見ることができました!
dsc03676こちらはグランドバザールではないですが、ここの方が安いという商店街。ブルーモスクのすぐ近くにあります~dsc03678ここは「Küçük Ayasofya Camii(Little Hagia Sophia)」という場所でアヤソフィアよりも歴史があるみたいです。ちなみのこの石の台で死人を洗っていたみたいです~!dsc03680祈りの前で、みんなこうやって手と足を洗って清めます。dsc03684ここのモスクの名前はよくわかりませんが、子供がサッカーしてました~!神聖な場所で~ww ちなみにこの右側のおっちゃんが絨毯屋のおっちゃんwdsc03690このおっちゃんは本当に色々案内してくれて、近くのレストランの屋上テラスにも無料で連れて行ってくれました!「俺の弟が昔ここで働いていたから~」と言ってました!ここは一人では来れなかったのでラッキー\(^o^)/dsc03691イスタンブールのアジア側が見れます!

まとめ

いかがだったでしょうか?後半はトルコ人のおっちゃんたちの話になってしまいましたが、ブルーモスクは見る価値があります!女性の方は無料でサリー(?)を借りられるので可愛く見せるチャンスですね!昼間は人が多いので午前中に行くことをオススメします!^^ おっちゃん達に会ったらついていくのもありかもしれませんね~ 一人でウロルロしているよりもちょっと誰かに絡んだほうが楽しいかもです!でも気をつけて下さいね!トルコはテロの関係もあって警察がたくさんいました!安全に旅行をして楽しい旅にしてください~^^