旅人ほだ vs リトアニア移民局

(現在)

こんにちは!今回はまたまたリトアニアの移民局に行ってきて、トラブって来たのでご紹介します!笑

↑関連記事

 

これまでの流れを説明すると、1回目に訪問した時は翻訳がされていないということで拒否。2回目の時は時間がなさすぎて無理。

ということで今日は朝一から行ってきました!ただ少しバスが遅れて到着が遅れてしまいました。そしたらすでに多くの人が待っている!みんな開館前から出待ちしてるん?と思うくらい。僕の整理番号は「133」。今の番号は105なのでこれは確実に4時間待ちコースです。そしたら5時間待ってやっと僕の番号が呼ばれました。個室の中の職員を確認したら、前回と同じムスッとした女性の職員でした。

さぁここからが、旅人ほだ vs リトアニア移民局です笑 厳密に言えば戦ってはいないですが、僕の心の中の戦いだと思って下さい! 🙂 

ほだ
こんにちは!
移民局の女性
。。。。
ほだ
。。。えっと、今回は翻訳した書類を持ってきました。
移民局の女性
パスポート。

パスポートを渡して、書類をチェックする

 

移民局の女性
ここ何も書いてないじゃん。日本の住所とサインを書いて!
移民局の女性
あなた前回来た時に、私言ったでしょ!? この書類をリーガライズしてって言ったでしょ!? なんでやって来なかったの?
ほだ
。。。いや、大使館に言って色々聞いたんですが、特にリーガライズについては何も言われなくて、公認の翻訳士を紹介してもらいました。そして、まだわからないことがあったので聞きたくてきました。
移民局の女性
はぁ、、、(軽蔑する感じ)
移民局の女性
あと、パスポートのコピーは!?
ほだ
パスポートのコピー。。。あ、忘れてました笑
移民局の女性
なんでやって来ないの?これも前回言ったよね!?全部のページのコピーしてって言ったよね!?
ほだ
OK, じゃあ確認でもう一回必要なものを聞いていいですか?
移民局の女性
。。。。。
ほだ
パスポートのコピーはこのページもコピーした方がい、、、
移民局の女性
全部!!!
ほだ
!?
移民局の女性
じゃあリーガライズはここに行って聞いて。はぁ。この通りのここね。
ほだ
ありがとうございます。
移民局の女性
。。。

 

こうやって文章にすると伝わりにくいですが、本当に対応が悪い。というか、おかしい。どういうつもりで人と接しって、どういうつもりでこの女性を雇っているのか意味不明やねん。久しぶりにイラッと来て「おい!」って言おうと思ったけど、ここは日本人代表としてニコニコし続けることに専念。なぜそんなに個人に対して怒ってくるのか。人をなんだと思っているのか。お互いに英語が完璧じゃない中だから僕だって聞き直さなきゃいけないことはあるし、向こうはそういう人にもっとちゃんと接するべき。優しくとは言わない。普通に接するべき。まぁそういう人は幸せにはなれないから放っておくしかない。こいつに何かを言ったところで移民局が変わるわけじゃないからね。She was beyond help.

その国が良いか悪いかを見極める方法は政府の人間が外国人や貧しい人をどう扱っているかを見ればわかる。

By 旅人ほだ

そう考えると、カナダとアフリカがよかったな笑。まぁ僕はいつでもどこにでも行けるから、居心地のいい国を探せばいいや~

 

と、ビザの手続の話しに戻ると、、、

移民局の後に教えてもらった通りに”リトアニアの外務省“に行って僕の書類がリーガライズできるか聞いたら「これは日本のだからここではできないよ。」と言われました。まぁ、移民局よりはましな対応だけどなんとも不親切な国や。こんなにボランティア精神あふれる日本人の好青年をそんなふうに扱うなんて。さすが自殺率No.1 だね。理解してきたよ。

その後に日本の大使館に行って説明したら、大使館ではリーガライズもアポスティーユも取れないとのこと。ってかアポスティーユとか初めて知ったし笑。無犯罪証明書とか海外で使うから元からちゃんと海外の人もわかるようにしておけよ日本政府。ってか大使館にもっと権限を渡すべきだよね。これもレプティリアンの仕業か、しゃあないな。

ってか僕の問題は、無犯罪証明書がリーガライズされていないということ。いや、されているよもちろん。でもリトアニアの方々は日本の印鑑が理解できないからそれじゃダメって言ってくる。なので大使館は解決策として、「公印確認申請書」をくれた。これは、その書類に押されている印鑑が本物かどうかを証明する書類。ただ、大使館もこの書類がリトアニアの移民局で使えるかどうかわからないのでまた確認しなきゃいけない。今思えば、電話してくれよって思うよね。今度は電話をさせよう。

ってことで、再度移民局に行く。もう整理番号なんて取らないよ。受付に言って事情を説明したら、なんかこの人はめっちゃ優しい笑。他のわかるスタッフを呼んでくれて丁寧に僕の説明を聞いてくれたし、ちゃんと話してくれた。結局はちゃんとした答えがもらえなかったけど、あとで確認してくれるとのこと。そして知らなかったけど、受付で予約ができるとのことなので金曜日の朝9時に予約をした。なんやねん。組織ぐるみでツンデレなのかい。とか思ったけど、まぁでもまだ良い対応ではないね。笑

 

◯今までのことをまとめると、こっちが用意する必要がある書類は

・パスポート全ページのコピー

・リーガライズされたリトアニア語の無犯罪証明書(またはアポスティーユ付)

・リトアニア語の銀行残高証明

 

 

そしてタイトルの「旅人ほだ vs リトアニア移民局」の結果は、、、、

今のところは僕の負けだよ。。。リトアニアよ。 とりあえず金曜日に予約したのでまた行ってみてまた何かあればそれはそれで面白い笑。というか今日は3つクラスがあったけど、この授業のせいで全部行けず。でも実はこっちの方がマジで考えて英語を話す機会があるからこれはこれでありなんだよね。

つづく!!