リトアニアでタクシーを呼ぶなら「eTAKSI」を呼ぼう!

(現在)

こんにちは!昨日は夜までクラブ💃で踊ってました!(あんまり楽しくなかったけど笑)

あんまり楽しくなかったので深夜に帰宅することにしたのですが、ヴィルニュスは夜にバスが走っていないことに気づきました。。。。ポーランドだと深夜もバスが走っているので「終電(バス)」という概念がないのでタクシーを呼ぶ必要はありませんが、リトアニアだと深夜になるとバスは走っていません。なのでクラブで踊って深夜に帰宅するとなるとタクシーを使う必要があります。

ただ、アフリカ人の友達に教えてもらったのですが普通に路上のタクシーを捕まえるとふっかけられてしまいます。この前友達はちょっと載っただけで20ユーロ(約2600円)をふっかけられたみたいです。わぉ、これはヒドイアニア。

こんな時便利になるのは「eTAKSI」というアプリです!

eTAKSI

eTAKSI(イータクシー)はリトアニアの大都市を中心に運営されているタクシー会社です。Uberのようにスマホで格安タクシーを呼ぶことができます!

アプリ情報をGoogle翻訳で訳してみると、

現在リトアニアの5つの主要都市、ビリニュス、カウナス、クライペダ、シアウリアイ、パネヴェージスで運営されています。

eTAKSIを使うと、あなたの旅のための無料の車が快適に素早く見つかるでしょう。少数のボタンで、タクシー会社とプライベートドライバーの最大のネットワークに到達します。目的地を入力すると、ガジェットは自動的に推定旅行費用を計算し、最適なルートを提案します。あなた自身の裁量で、エコからプライムまでのキロメートル価格を選択することができます。

私たちはサービスの質を向上させるため常に努力していますので、旅行ごとにドライバーの仕事を評価したり、Eメールでフィードバックを送ってください。 help@etaksi.ltへのメール

このリトアニアのタクシーガジェットは、ビリニュス、カウナス、クライペダ、シアウリアイ、パネベスのリトアニアの都市で働いています。タクシーは無料で予約することができます。空港(VNO、KUN)に向かい、最短ルートを確認し、同時に選択されたタクシー会社のすべてまたはいくつかにタクシー注文を送ります。

とのこと。

 

使い方

使い方は簡単です!

まずは「eTAKSI」のアプリを開きましょう! 1番最初の時だけ、電話番号での認証が必要になります。

すると、自動的に現在いる場所が表示されます。(ちなみに今僕は図書館にいるので図書館の場所が表示されています)

んで、次に目的地を入力します。ある程度入力すれば候補が表示されるので便利。

そしたらこんな感じで詳細が表示されます!①支払い方法の変更 ②運転手へのコメント(多分リトアニア語しか通じない。) ③到着時間の設定(ASAP はすぐに来ますって意味) ④ミニバンの選択 ⑤車の候補から選択 ⑥おおよその距離・金額が確認できます!

車の選択肢を見てみると色々見ることができます!カード or 現金かも確認できます。

さらに、info をクリックして車の詳細を見てみると初乗り料金車に何人乗れるかも見ることができます!これは便利!\(^o^)/

そして設定がOKなら「Order」をクリックすればタクシーを呼ぶことができます!

基本的には「eTAKSI」のロゴがボディに書いてある車が来ると思いますが、個人の車がeTAKSIに契約している場合もあるのでナンバーと車種を見て確認しましょう!

動画

ロシア語なのでチンプンカンプンですが笑 なんとなくはわかりますね!

Uberとの違い

タクシーを呼ぶアプリとしては「Uber」が有名ですよね!もちろんリトアニア(ヴィルニュス)でもUberを使用することができます。UberとeTAKSIの違いは

Uberは夜はドライバーが少ない、eTASKIは夜もドライバーが多い。

Uberはドライバーの評価があるけど、eTAKSIは評価機能がない。

ことくらいでしょうか笑。 あと、料金はeTAKSIの方が少し安いみたいです。

まとめ

ってことでまとめると、

  • リトアニアは深夜にバスが走っていない
  • 深夜はUberよりもeTAKSIの方がいい
  • アプリを予めダウンロードしておこう

ということです!リトアニアにもう2ヶ月もいるのに深夜にバスがないことを昨日初めて知りました笑。友達に誘われてクラブに行きましたが、やっぱり僕にはあんまりあ合わなかったです~ みなさんもリトアニアでクラブに行ったけど途中で飽きてしまった場合はeTAKSIを使いましょう!笑

では!