最新記事

カナダのレストランの基礎知識


(現在)
ティムホートン ティムホートン

レストランの種類

高級レストランはフレンチやイタリアン、カナダ料理などが多く、ディナーで$40~とそれほど高くはない。カナダでは高級レストランでもドレスコードはほとんどない。破れているジーンズやよれよれのTシャツ等さえ避ければ、ほぼどんなレストランでも入店を断られることはない。
カナダにはマクドナルドやKFC、スターバックスコーヒーなど日本でお馴染みのファーストフード店やコーヒーショップがたくさんある。カナダ生まれのコーヒーショップといえばティムホートンセカンドカップが有名。大都市のショッピングセンターにはフードコートがあり、中華やタイ、インド、イタリアンなどの様々な料理を食べることができる。値段もリーズナブルなので旅費を節約したい方におすすめ。

各地の名物料理

ブリティッシュコロンビア州(Province of British Columbia)

太平洋沿岸にあるブリティッシュコロンビア州では、サーモンタラオヒョウのほかダンジネスクラブなどのカニ、ムール貝やオイスターまで、豊富な種類の魚介は格別のおいしさだ。バンクーバーでは寿司が人気。本場さながらの飲茶など、中華料理店も外せない。

アルバータ州(Province of Alberta)

アルバータ州といえばアルバータ牛のステーキ。等級があり、AAAが最高級品。また、カナダでは一般的に脂のない部位が好まれるのでレストランのステーキは赤みの部分がほとんど。とろけるような食感のステーキを食べたいのなら、リブロースをチョイスしよう。厚切りカットのリズステーキはプライムリブと呼ばれる。

オンタリオ州(Province of Ontario)

首都オワタやカナダ最大の都市トロントがあるオンタリオ州には、カナダ各地から新鮮な食材が集まり、さまざまなジャンルの料理が味わえる。トロントでは地元の食材を使い、各国料理のテイストを組み合わせたフュージョン料理が人気。カリスマ的なシェフも多く、独自の食文化を展開している。

ケベック州(Quebec)

ケベック州ではやはりフランス料理のレストランが多い。パンではベーグルのほか、クロワッサンやバゲットも人気があり、おいしいパン屋さんがたくさんあるのも特徴。チーズや野菜、ハムなどを挟むクレープはケベック・シティの定番。伝統的なケベック料はハーブを利かせたミートボールや豆のスープ、ミートパイなど。ケベック・シティの旧市街のレストランやオルレアン島の農家などで味わえる。

アトランティックカナダ(Atlantic Canada)

大西洋のプリンス・エドワード島や、ノヴァ・スコシア州などでは、ロブスター、アトランティックサーモン、ムール貝、ほたて貝といったシーフードが揃う。特にロブスターは、カナダでもアトランティックカナダでした採れないので、ロブスターサパーと呼ばれる専門店で味わいたい。

極北

ジャコウウシ(マスコックス)やカリブー、イワナの仲間であるアークティックチャーが3大料理。また、イエローナイフでは無数の湖に生息する淡水魚もよく食べられる

カナダのアルコール

カナダでアルコール類を瓶ごと売っているのは、政府直営のリカーストアだけ(ケベックのみデパートやコンビニでも23:00まで購入できる)。ただし、カナダでは公園やバス、列車などの公共の場での飲酒は原則として禁止されているので注意しよう。アルコールの缶や瓶をむき出しにして持つことも禁止。

ビール(Beer)

カナダのビールといえば2大メーカー、モルソンMolsonラバットLabattに代表される。どちらのビールも軽い口当たりが特徴で、喉越しがいい。つまみはフィッシュ&チップス。こんなところにもイギリスの文化が感じられる。フィッシュ&チップスはタラやオヒョウなどの白身魚のフライとフライドポテト。また、各州や土地によっての地ビールが飲めるパブ(Brew Pub,Brewing Co.)も増えている。

ワイン(Wine)

カナダのワインの生産地といえばブリティッシュコロンビア州のオカナガン地方とオンタリオ州のナイアガラ。どちらも、乾燥して日照時間長い夏の気候が、ワイン造りに最適とされている。
日本では認知度の低いカナダのワインだが、ヨーロッパの品評会などで数々の賞を受賞し、世界中で評価が高まっている。なかでもアイスワインは、世界でドイツ、オーストリア、カナダの3ヶ国でしか造られないという希少なもので世界にカナダのワインを認知させた。

ウイスキー(Whisky)

カナダではビールやワインが人気だが、忘れてならないのはウイスキー。カナディアンクラブ、クラウンロイヤルといった日本でも有名なふたつのウイスキー。はカナダ産のもの。中部大平原のライ麦から造られた琥珀色のウイスキーの味わいも格別。

その他知識

カナダの定番メニュー

朝食はトーストやフレンチトースト、マフィンなど。おやつならドーナツ、ビールのつまみにはフィッシュ&チップスが一般的。家庭料理の代表はローストビーフ

ファミリーレストラン

安価でしっかりと食べたいのなら、カジュアルなファミリーレストランへ行こう。「KEG」「Milestones」「Earls」はカナダ全土にあるレストランチェーン店。「KEG」はステーキ「Milestones」と「Earls」はダイニング風の料理が多い。

カナダのマクドナルド

おなじみの「M」マークに小さなメイプルマークが描かれていることがある。ケベックではバンズの代わりにベーグルを使ったり、プリンス・エドワード島には季節限定のロブスターバーガーなどその地域のメニューも多い。

食べきれなかった料理

カナダでは食べきれなかった料理を持って帰る習慣があり、これをドギーバッグDoggy Bagという。レストランではドギー・バッグを用意しているので「Doggy Bag, Please」ななどと言って、料理を袋に入れてもらおう。

読んでいただきありがとうございます!この記事のおすすめ度を評価していただけると嬉しく思います^^
[Total: 2 Average: 5]
★この記事の内容が役に立ったと思ったらいいね・シェア・ランキングクリックしてね!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

1 Trackbacks & Pingbacks

  1. バンクーバを散歩 | 旅人ほだ

Comments are closed.