最新記事

アフリカ・マラウイでのSIMカード(インターネット)の使い方!


(現在)

こんにちは!今回は無事マラウイから帰ってきた僕が現地でのSIMカード(インターネット)の購入方法・使用方法をご紹介しますぜ!

SIMカードの買い方

マラウイでSIMカードはどこでも売っています。普通の街や村に行けば「Airtel(エアテール)」というパラソルをさした人が座っていて「Airtel!Airtel!」と呼んでくるのでそこで購入しましょう! SIMカードの相場は500MWK~600MWK(100円以下)です。それ以上高い金額を言ってくる場合はスルーして別の場所で買いましょう(^^)/

こんな感じで~~

ちなみにAirtel以外のSIMカード会社もありますが、みんなが言うにはAirtelが一番いいそうです^^
SIMカードのサイズは通常のSIMカードか、microSIMカードになっています。(nano SIMではないので注意)

購入するとこんな感じで表に電話番号が書いてあります。この番号の頭に「0」を付けると自分の電話番号になります!

頭のゼロもつけていただけると助かるんだけどね!

 

チャージの仕方

SIMカードを購入したら次はインターネットをチャージしましょう

SIMカードを売っている人か、近くのショップで「0000MWK分のAirtelください~」というとスクラッチのついた券を購入できます。 これは自分の必要なネットプランによって必要な額が違ってくるので以下のプランからネットの容量と期間を選びましょう(^^)/

デイリープラン
10MB 1day K65(10円)
25MB 3days K290(48円)
30MB 1day K120(20円)

ウィークリープラン
50MB 7days K260(43円)
1GB 7days K1950(330円)

マンスリープラン
500MB 30days K3000(500円)
1GB 30days K5200(870円)
2GB 30days K6200(1000円)
4GB+30mins 30days K10800(1800円)
6GB 30days K15500(2580円)

となっております。

僕がおすすめされたのは1GB 7days K1950 のプランです!デイリープランだと一日の容量が少ないので友達とメッセージしたり、画像が多めのWEBサイトを見ているとすぐになくなってしまします。ということで僕はウィークリーの「1GB 7days K1950(330円)」をチョイスしました!一週間で1GBはちょうど使い切る容量だったのでいい感じでした。

券からのチャージの仕方

プランが決まったら、それ分の券を購入しましょう!そしたらまずは裏面をスクラッチ!!そしたらシリアルナンバーが記載されているので、スマホを「通話モード」にして

*136*【シリアルナンバー】# →「通話」

と入力しましょう!最後に#を付けるのをお忘れなく!

これを入力するとコードが読み込まれ、上手くいけば「000MWKがチャージされました!」というメッセージがでてきます。チケットは一番高いやつで500MWKなのでチャージ金額が多い場合は何回かやる必要があります。僕は一回2000MWKのチャージを100MWKのチケット20回でやりました笑

500MWKのチャージに成功しました!

チャージができましたら、一度チャージされているか確認しましょう(^^)/

*137# →「通話」

で残高が表示されます!プランに必要な額よりも多ければOKです!

現在 1959MWK分がチャージされているということです!

ここまで問題なければ

*301# →「通話」

を押すと「PaNet Bundles Menu」というメニュー画面が表示されます!

まずは「1」を入力してEnterを押すと。。。

「PaNet Volume」という画面に行くのでここで「デイリー/ウィークリー/マンスリー」を選ぶことができます。 仮にウィークリーの場合は「2」を入力してEnter!

そしたらプランの詳細が出てくるので希望のプランの数字を入力してEnter!

そしたら、「自動更新しないか/するか」を選べます。僕は「Once off(自動更新しない)」にしておきました。

そしたらチャージが完了されます!ちなみにデイリープランの場合はチャージをした時からきっちり24時間有効になりますが、ウィークリープランの場合はその日から7日後の23;59までとなります。

何MB使ったか確認したい

*304# →「通話」

でネットの残り使用量が確認できます。入力後にSMSメッセージがAirtelから送られてきます。ちなみにデータ残り使用量の80%を切った時と90%を切った時は自動的にメッセージが来てお知らせしてくれます!優秀!

時々プラン申し込みができない!?

これは時々起きるみたいですが、チケットからお金をチャージまではできるのですが、「PaNet Bundles Menu」を開いてプランを申し込んだあとに成功とならずに

「Dear customer, we are unable to process your request at this time. Please contact Customer 111」

というメッセージが返ってきます。プランの適応中にいきなり使えなくなることはありませんでしたが、ちょうど申し込む時だけこういうことがたまに起こります。(僕は2回なりました笑)

解決法としては、一回スマホを再起動して、データ通信をOFFの状態にした状態で申し込みをしたら成功しました!(^^)/

もしそれでもダメで、インターネットが必要な場合でしたら、安いデイリープランを申し込んでみると成功することがあります。僕は最初はその方法を使っていました~

神の機能!Facebookの無料モード!

実はAirtelのインターネットを使ってFacebookを使用すると「無料モードが使用できます」 という画面に飛ばされます。Facebookの無料モードではプロフィール以外の画像は見れなくなりますが、Facebookを使う分のデータ量は加算されなくなります!!写真を見たいときはその時だけデータモードに切り替えることができますのでご安心を~ そしてFacebookのメッセンジャーももちろんデータ加算されません!写真を送るときはデータモードになりますが、テキスト&スタンプを送る際は完全に無料でメッセンジャーを使用することができちゃうんです笑 しかもプランの期間が切れたあともFacebookの時だけはコネクトできます。なんとまぁ素晴らしい機能なのでしょうか~!ということで僕はマラウイ滞在中はできるだけメッセンジャーを使って友達と連絡を取っていました!(^^)/

このモードは素晴らしい!

ちなみにFacebook以外にもWikipediaなども無料モードで読むことができます!太っ腹!

こんな感じで結構たくさんのサービスでフリーモードを使用できます!\(^o^)/実際にWikipediaも使えました!画像も出てくる!  🙂

パソコンでインターネット使いたい時は

マラウイにはインターネットカフェがあります。僕の滞在していたZombaという小さい街にも何件かあったので首都のLilongwe、Blantyreにもあると思います。値段は 25MWK/分 が相場です。ネットカフェなら備え付けのパソコンがありますが、性能はよろしくないので自分のノートパソコンを持って行った方がいいと思います。ちなみに備え付けのデスクトップと自分のノートパソコンの両方でネットを使ったら料金をダブルチャージされるので使う前に「自分のノートパソコンでWifiだけ使いたい」ということを伝えましょう~

市内にはWifi使用可能がレストランがあったりしますが、どこもホットスポットなので別でチケットを購入しないとダメなようです。なので海外のカフェみたいに、、コーヒーだけ頼んで長居~ ということはできないです。

まとめ

基本的なコードをまとめておくと

*137# MWKの残高確認

*301# メインメニュー

*304# データ使用量の残量確認

となります!いかがでしたでしょうか?マラウイには一応ネットカフェがあるのですが、外出中にネットを使うこともあると思うのでSIMカードを買ってネットを使えるようにしておいたほうがいいです!あ、結構つながりはいいですよ!ちなみに日本からスマホを持ってくる場合はSIMフリーのスマホしか使えません。海外で買ったスマホならマラウイでも普通に使えます。あと、通常の通話に関してはよくわかりませんでしたが、プラン適応中なら発信も着信も問題なくできました(^^)/ こっちの人はWhatsappの通話機能を使っている人が多いみたいです!

まぁせっかくアフリカに来ているのでネットから離れて野生を楽しむのもありですね!では!

マラウイボランティア体験記一覧