投資家

株式投資で損が出ている時のメンタル

僕は旅をしながら、株式投資も行っています。(本業はこっちかもw)

そこで、投資をやったことがある方なら経験があると思うのですが含み損が出ている時って平常心を保ちにくいですよね。

僕も初めはドキドキ×100してました。

多分、お金がすっごくある投資家の方たちは含み損が出てても気にならないと思うんですが、僕みたいな小資本で始めて、3.3倍レバレッジをかけている場合はやはりドキドキします。

本業に支障が出てしまったら本末転倒ですよね。今回は、そんな僕なりのメンタリズムを教えたいと思います!

1.いちいち株価をチェックしない

これは結構大事だと思います。

含み損が大きいほど株価をチラチラ見ちゃいませんか?

あるあるだと思います。

こんな時こそ株価を見ないことが大事です。

見たって株価が下がることはないし、手仕舞いをするタイミングだってわかる訳でもありません。

あと、何で損が出ているかニュースを見たり情報を集めるのも意味が無いです。

これも平常心を保てなくなる原因です。長期投資(1ヶ月以上)の場合は場が閉まってから見るので充分だと思います。

2.小さい利益がでたら利食いする。

株の投資の場合は、いくつものポジションを保有すると思います。

僕もいくつも保有しているのですが、ずっと損が出ていたけど、たまにひょいっと利益が出る時があります。

こういう時、僕は利食いして逃げます。資金効率も悪いですし、マイナスにならなかっただけOKって感じです。

勝率が上がれば自信にもつながりますし、次に仕掛けるときのデータも増えるので経験値を上げることができます。

まとめ

株式投資で平常心を保ちさらに自信をつけるためにはこまめに株価をチェックしない悪い情報を探さないすぐに利食いすることが大事だと思います。

みなさんがいいトレードができれば嬉しく思います!^^

↓↓「さや取り達人」 こちらはおすすめです!(^^)

サヤ取り達人
[amazonjs asin=”4800720168″ locale=”JP” title=”世界一やさしい 株の教科書 1年生”]

記事を表示する

旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :) 将来不安な日本から脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて基本的にボランティアをしながら海外を旅。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味です。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)
Back to top button