こんにちは!リトアニアでの大学生活は順調に行っている旅人ほだです!先日はやっと1stセメスターが終わって軽い冬休みに入りました~

入学前はちょっとドキドキの海外の大学でしたが、セメスターが終わってみると大したことなかったです。僕は個人的な理由で6つあった科目の内、4つしか取ってなかったですが無事に全部パスできることになりました~

 

しかも、ビジネス英語マーケティングの授業では僕は最終試験を受けなくても良いことになりました!\(^o^)/

 

 

理由は、優秀すぎるから

というのもいくつか理由があって、、

  • ビジネス英語の場合は授業中に先生が簡単なタスク(穴埋め問題とか)を毎回与えてくれるのですが、それを1番に終わらせる
  • プレゼンの授業では毎回10点満点を取る
  • 中間テストでも高得点を取る
  • 授業の時はいつも1番前の席に座って積極的に発言する
  • いつもニコニコする
  • 先生に何故か気に入られている

という理由があって授業中だけで十分なスコアを取ってしまいました!

 

マーケティングの授業では

  • 提出した課題が全部10点満点
  • こちらも1番前に座ってニコニコして先生の話を聞く

ということだけでした!課題もかなりネットを見て引用したりしていましたが、何故か10点満点どころかアディショナルポイントももらえました笑 日頃の行いがいいとこうなるのです。

 

他の教科も授業中の行いがいいので、それほど試験に力を注がなくてもよくなりました。こういうシステムっていいよね。またこのことについては別の記事で詳しく書こうと思います。

Erasmus

あと、大学に来て思ったことはインターナショナルコースでめっちゃよかったということ。まぁ、日本人が海外で勉強する場合はほとんどは英語で勉強することになると思うので、他の外国人のみんなと一緒に勉強することになると思います。特にヨーロッパ圏内ではErasmusというシステムがあります。

↓次ページ「そんなシステム知らなかった!素晴らしいErasmus制度!」

Erasmusとは?

Wikipediaによると

エラスムス計画 (ERASMUS, European Region Action Scheme for the Mobility of University Students) は、EU における学生の流動化の促進を目指すもので、1987年に設立された。エラスムス計画はEU 生涯学習計画 (2007-2013年) における主要事業で、また欧州連合の主導による高等教育運営の枠組みとなっている。

やべっ。めっちゃ難しいこと書いてありますね笑 簡単に言うと、EU圏内の学生が簡単に他の国に行って学べるようになる制度です。僕がインターナショナルコースで出会った生徒の殆どがこのシステムを使ってリトアニアに来ていました。なので実はほとんどの生徒とは今のセメスターだけでお別れなのです。。。泣

サヨナラは言わないよ。

リトアニアの大学で必要な単位を取ったら自分のホームの大学でも反映される仕組みになっています。なのでヨーロッパの学生はこの制度を使って自分の大学に在籍しながら、1セメスターだけ他の国の大学で学ぶと言ったこともできるようになるのです。

これが使えるのはEU市民だけでなく、EU内の大学に通っている人ならみんな使うことができます。ということで、実は僕もERASMUSを使おうと思えば使えるのです。現在はヨーロッパだけでなく、アジア、南米などの大学も提携しているので実質学生をしながら世界を周ることができます。もちろん誰もが行けるわけではなくて、成績が優秀であったり、英語のテストがあったりします。でも、聞く話によれば普通にしていれば行けるみたいです!

 

そんなこんなでERASMUSの生徒が多かったので仲良かった寮のメンバーとは冬でお別れですが、逆に言えば、次のセメスターでまた新しいメンバーが来るということになります。わぉ。最高やん。特に僕は既に寮でPresidentになったので新しい人達と接しやすくなるかなって思っています。

あと、基本的に年下の学生が多くて、若い子は19歳とかだから結構慕ってくれる笑。今回のメンバーがいい人達だっただけに別れは寂しいですが、また新しい人達に会えると考えるとワクワクします。

1月は全く授業はないのでERASMUS組は旅行に充てるみたいです。僕は友達に誘われたので一緒に行きます!

また旅に出たら報告しますね!では!