in

フランス

最終更新日

[amazonjs asin=”4479782990″ locale=”JP” title=”フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~”][amazonjs asin=”4478046646″ locale=”JP” title=”A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)”]

[ad#text2]

フランス

▼首都▼ パリ
▼主要都市▼  リヨン、マルセイユ、リール、ストラスブール 、トゥールーズ、ボルドー、ヴェルサイユ 
▼主な国際空港   シャルル・ド・ゴール空港 (Charles de Gaulle : Paris-CDG) 、また、南へ約15kmにオルリー空港 (Orly : Paris-ORY) と、2つの国際空港がある。
▼行き方▼  日本からは日本航空やエールフランスが直行便を運航しており、日本からの直行便はシャルル・ド・ゴール空港に到着する。その他、北部約13kmの位置にル・ブルジェ (Le Bourget) 空港があるが、こちらは現在定期便は運行されていない。格安航空路線の発着が行われているボーヴェ空港(Aéroport de Paris Beauvais Tillé)は北西約80kmのピカルディ地方オワーズ県に所在しており、パリのポルト・マイヨ(Porte Maillot)から発着しているバスからアクセスが可能である。
ニースやリヨンにも国際空港があり、欧州各地からのアクセスポイントとなっている。
▼隣接国▼  ベルギー、ルクセンブルク、ドイツ、スイス、イタリア、モナコ、アンドラ、スペイン
▼言語 フランス語
▼英語 若い世代はたどたどしい英語で話しかけてくる人も多いなど、状況は日本と同様に考えて良い。日本の観光客の多い場所では簡単な日本語がごく稀に通じる場合もある。
▼両替▼ 現金は日本で両替をしていくことをおすすめします。フランスと日本でレートを比較してみると、フランスの良心的な両替所のレートより日本のほうが少し良いといったところ。日本の国際空港でも両替所があるので、出発前に両替ができなかった人はこちらで両替ができます。逆に現地での両替は、時間も手間も取られます。レート表示もユーロベース/円ベース、手数料の有無などまちまちで、慣れていないと比較も難しいのが実情です。
▼通貨レート  1 ユーロ = 138.9 円

▼物価▼ 基本的に物価は高くつきます!タクシー初乗り 約800円、ビックマック 約520円、スターバックスのカフェラテ(トール) 約500円、コカコーラ 約137円、ランチ 約2000円、タバコ 約900円
▼安宿 参考サイト⇒
▼水 パリの水道水は,石灰分が多く含まれている硬水ですが,飲料水としての使用は問題ありません。ただし,一般に日本人は市販のミネラル・ウォーターを飲用しています。
▼チップ 基本的に不要ですが、いいサービスを受けたら渡してもOKです!
▼治安 フランスの治安は悪いと評判です。特に夜に一人歩きは危険なのでやめましょう。自分のまわりでも襲われた人がいます。
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 74位
▼ビザ 日本とフランスの間に査証免除取極があるので,観光等就労目的以外で3か月以内の滞在には,入国査証は不要です。ただし,帰路の航空券を所持していない場合や,パスポートの残存有効期間が3か月に満たない場合は入国を許可されない場合もあります。
▼大使館▼  〒106-8514 東京都港区南麻布4-11-44  Tel : 03-5798-6000 http://www.ambafrance-jp.org/-Japonais-
▼電圧コンセント 220VでC型、SE型 
▼SIMフリー▼  
▼Wifi  ランスでは、早くからこのWifiが普及し、スピードも速く、ネット環境は上々です。旅行者にとっても、すごく便利な環境です。ネットカフェがあまりないほどwifiが普及してます!参考サイト
▼服装  
▼国内の移動▼  公共交通機関(タクシー,バス,地下鉄等)が整備されており,いずれも比較的安全な交通手段と言えます。しかし,マルセイユのサンシャルル駅等からタクシーに乗車する場合に,高額な料金を要求されたり,出発駅(出発地)に戻る料金を請求されたり,さらには他の客と相乗りになるなどのトラブルが発生しています。
▼国際運転免許▼  参考サイト
▼シーズン▼ 
▼時差 時間
▼病気 フランス入国に際し,特に義務付けられている予防接種はありません。フランスの医療は,世界でも最高水準です!
▼トイレ▼  フランスでは、日本では普通にある所にトイレがなかったりします。また、公衆トイレは有料です。マクドナルドやスターバックスなどのセルフサービス系に多いのが、トイレに入る時にコード入力が必要な場合。利用客以外のトイレ使用を防ぐためと思われますが、そういった所は会計のレシートに「Code Toilettes(トイレ・コード)」が明記されているので、必ず捨てずに持っておきましょう。参考サイト
▼クレジットカード▼ フランスではVISA、MASTERなら市内のほとんどの店で使えます。AMEX、DINERS、JCBは店によっては使えないところも。10ユーロ程度の下限額を設けているお店もありますが、モノプリやカルフールなどの大型スーパーでは1ユーロからカードが使えて便利です。
▼小ネタ  
▼法律・マナー▼ 
 
[forecast location=”Paris,France” caption=”フランス” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4479782990″ locale=”JP” title=”フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~”][amazonjs asin=”4478046646″ locale=”JP” title=”A06 地球の歩き方 フランス 2015~2016 (ガイドブック)”
 

ラングレー カナダ 観光

オランダ

ベルギー