in

ルクセンブルク

最終更新日

[amazonjs asin=”4478045968″ locale=”JP” title=”A19 地球の歩き方 オランダ ベルギー 2014~2015″]

[ad#text2]

ルクセンブルク

▼首都▼ ルクセンブルク
▼主要都市▼  
▼主な国際空港   ルクセンブルク-フィンデル空港
▼行き方▼  日本からルクセンブルクへは直行便がないです。ヨーロッパの主要都市を経由するのが一般的な行き方。またパリから直通する列車もあります。
【飛行機】成田・関西⇒パリ⇒ルクセンブルク、成田・関西・中部⇒フランクフルト⇒ルクセンブルク 
【鉄道】パリ東駅からルクセンブルク、ブリュッセルからルクセンブルク
▼隣接国▼  フランス、ベルギー、ドイツ,ベルギー、オランダ
▼言語 ドイツ語 フランス語
▼英語 ルクセンブルクは割と英語が通じます!
▼両替▼ ルクセンブルクはユーロです。ユーロは現地でも日本円からの両替が可能なため、使う分だけの日本円を持参してもOKです。両替場所においては、空港、ホテル、両替所なども豊富にあります。
▼通貨レート  1 ユーロ = 138.9 円

▼物価▼ 
▼安宿 “YMCAルクセンブルク 6人ドミ 20ユーロ(朝食付き)トイレ・シャワー共同、wifi、カフェ、キッチンなし(お湯と電子レンジが使える)”
▼水 ルクセンブルクの水質は欧州の他の地域に比べればかなり良いと言われていますが、石灰分を含む硬水ですので、水道水を長期間飲むのは避けた方がよく、日常的には市販のミネラルウォーターを飲むことをお勧めします。
▼チップ 
▼治安 ルクセンブルクはヨーロッパでは割と昔から治安の良い国として知られていた、ルクセンブルク。犯罪発生率も比較的に低いです。欧州で最も低い失業率を誇り、経済格差も低いこの国は観光業も盛んです。その自然の豊かさから「欧州における緑の中心地(Green heart of Europe)」と称されることもあるほど、自然豊かで平和な国。外国人に対する差別意識もさほど強くない国なので、海外旅行者にもウェルカムな国だと言えるでしょう。
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 
▼ビザ ルクセンブルクへは、3か月以内の短期滞在の場合は査証不要です。3か月以上の長期滞在の場合は、滞在許可証の取得が必要です(下記「滞在時の留意事項」を御参照ください。)。
▼大使館▼  http://tokyo.mae.lu/jp
▼電圧コンセント 220VでSE型
▼SIMフリー▼  
▼Wifi  ルクセンブルクのホテルにあります。
▼服装  
▼国内の移動▼  タクシー、鉄道、飛行機、バス
▼国際運転免許▼  ルクセンブルクでは日本の国際免許での運転が可能です。日本の免許も忘れずに!
▼シーズン▼ 
▼時差 時間
▼病気 風土病はありませんが、年間を通じて日照時間が少ないことや寒冷地であることから、神経痛・関節痛やリュウマチの患者が多くみられます。総合病院や開業医ともに医療は標準的と言われています。神経痛、重病、技術的に難易度が高い手術等の場合は、隣国(ドイツ、ベルギー又はフランス)等で治療する人もいます。
▼トイレ▼  有料な場合が多い。
▼クレジットカード▼ 
▼小ネタ  
▼法律・マナー▼ 
 
[forecast location=”Luxembourg,Luxembourg” caption=”ルクセンブルク” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4478045968″ locale=”JP” title=”A19 地球の歩き方 オランダ ベルギー 2014~2015″]
 

ベルギー

オーストリア