バイクでポーランド一周した!3日目 (シュチェチィン・ベルリン)

(現在)
ベルリン バイク 門

さかの昨日19時に寝た後に一度も起きずに今日の9時に起きた。僕はいつもは6時に起きるのだが、相当つかれていたのだろう。目が覚めたあともちょっとダラダラして10頃に出発。動画を取ることができなかったが、Koszalinの街も凄くキレイだった。なんかつくば市みたいで街が最先端のイメージだった。そんなコシャリンに別れを告げて今日はとにかく西に進む。

Koszalinで泊まった宿の前

Koszalinで泊まった宿の前

的地はSzczecin(シュチェチィン)という街だ。今でもこの発音ができない。。。笑 ただここまでは行っても100kmちょっとだからすぐに着くだろうと思っていた。そして今日もトラブルが僕を襲った。KoszalinとSzczecinのちょうどだだろうか、、バイクのマフラーから「パン!パン!」という聞いたことのない破裂音が聞こえた。最初僕はパンクとか、何かを踏んだだけかなと思ったらエンジンがかぶり気味になったのでとりあえずバイクを道路脇に寄せて待機。ネットで調べてみるとアフターファイヤーという症状に似ていた。エンジンの濃度がずれてしまって上手く点火ができなくなる症状だ。まじかよ~~あのバイク屋ちゃんと点検してから渡してくれよ~と思った。まぁ慌ててもしょうがないのでもう一度エンジンをかけてみるとかかったので再度出発。思い切りエンジンを回してもかぶらなくなったので、さっきのはなんだろうと思い少し進むとまたパン!という音がして今度はエンジンが止まってしまった。まじかよ~~と思いクラッチ握ってバイクをまた右に寄せる。80km制限の道で普通だったら危険だが、ちょうど駐車できるスペースがあった。またかよ~ガソリンがおかしんじゃね~の~と思った。しかし、ガソリン?と思い、今まで知らなかったビラーゴのタンクの容量を調べてみると8.9L と書いてあった。んんん!? 8.9!?!? 僕は道のど真ん中で叫んでしまった。大型バイクだから20Lくらいあって航続距離は300kmくらいだ~と思ったらまさかの250ccレベルのタンクの大きさだった。そしてメーターを見てみると最後の給油から160kmと表示してある。「間違いない」ガス欠だと確信した。ずっと前原付きでガス欠した時もこんな感じでガス欠したのを思い出した。さぁ大変だ、山の中の国道でガス欠をしてしまった。とりあえず、マップで近くのガソリンステーションを調べてみると徒歩30km圏内に3つあることがわかった!これはついているぜ!と思いどこに行くか悩んだが、3つのうちの2がかなり隣接していたのでそっちに行くことに決めた。バイクを置いていくのは不安だがどっちの道も登り坂なのでしょうがなく鍵をかけて置いていくことにした。すべての荷物をもって僕は歩いた。こういう時にかぎって天気が良いもんだ、バイクスーツを着たままだったのでダラダラと汗が流れてくる。1つ目の目的地に近づいていくと何とそこにはガソリンスタンドはなかった。自動車屋とタイヤ屋さんがあるだけでガソスタではなかった。とりあえずもう一つのに行くしかないと思い数100m歩いていくとガソリンスタンドがあった。ただ、この時も少し不安があった。日本なら「ガス欠しちゃったので、携行缶を買いたいんですけど。」とか言える。僕は学生の時はガソリンスタンドでずっと働いていたので何度かそういう人を助けたことがある。ガス欠した車までガソリンを入れに行ったりした。しかしここはポーランド、言葉とか携行缶とかどうしようと思って近づくと普通の大きなガソリンスタンドだった。店に入ると5Lの携行缶が売っていた。「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と思い携行缶とジュースを買って。ガソリンを入れて一安心。

携行缶を買えた!

携行缶を買えた!

だ、来た道を帰らなければいけない。5Lの携行缶を持って先程のタイヤ屋さんの前を歩いていたらスタッフ2人が僕に近づいてきて「何かトラブルか!?」と聞いてきてくれた。こんな田舎でバイクスーツを来て歩いているのだから目立ったのだろう。その人達はポーランド語しかしゃべれなかったけど状況を理解して僕をバイクのところまで車で送ってくれた。今日も人の優しさに触れることができた。バイクの場所まではすぐに着いて、車を止めるときにもう一台別の車が僕のバイクの後ろに止まっていた。まぁあんな場所にバイクだけ止まってて人がいなかったから心配して見てくれた人かもしれないし、バイクを盗もうとしてた人かもしれない。とにかく、車で送ってきてくれて本当に助かった。バイク屋のおっちゃんはすぐに去って行き、その時に名刺をくれて「日本から手紙を送ってくれ!」と頼まれた笑。もちろん送るつもりだ。つくづく僕は本当に人に優しくされて生きていると感じる。そしてガソリンを入れるとエンジンがかかった!パンという音もすることなく問題ない!やっと進めるということでガソリンに気をつけながら進んでいく。僕はポーランドに住んでから雲の動きで天気が分かるようになった。

おっちゃん!本当にありがとうございます!

おっちゃん!本当にありがとうございます!

日は途中から空が曇ってきて、雨かもしれないと思ったので近くのマクドナルドに入った。マクドナルドは本当にオアシスだ。安いしコンセントがあるし、ネットも使える。注文をして商品を受け取る頃には大雨が降り出していた。ラッキーと思いながら、Facebookを見たら僕の「旅人ほだ」にメッセージが来ていた。ポーランドにワーキングホリデーで来ている女性からだ。ブログをいつも読んでいただいたり僕のYoutubeの動画を見ていただいている方で今回は保険のこととの質問でメッセージをくれた。そこから色々話しているとなんどZielona Gora(ジェロナ・グラ)という街に住んでいることがわかった。ジェロナ・グラは僕が明日行こうとしている町だ。おおおおお!じゃあ会えますね!という事で明日行くことにした!本当はできるだけ進んでおきたいので今日行くこともできるのだが、実はドイツに行きたくなってしまった笑。今まで気づかなかったが、ベルリンまで120km程だ。このチャンスを逃したらベルリンに行くことはないだろということで行くことにした。雨は1時間くらいでやんだので出発。この時は3時だったのでベルリンで宿をとれればいいかな~と思っていた。そう言えばポーランドの道には高速道路もあると聞いていたが今のところ全部無料だ。もちろん、高速道路じゃないから無料なのだけど120km/hの道とかも普通に通れた。そんなことでSzczecinを120km/hで通過したら急に標識がドイツ語に変わった。国境にはWelcome to Germanyみたいな看板があると思ったら何もなかった。気づいたらドイツだった。そこから120km/hの道を進んでいくと、一つ不安要素を見つけた。それはまたガソリンについてだ。ポーランドではどんな田舎に行ってもちょくちょくガソリンスタンドがあったがドイツに入ってから一つも見ていない。幸いドイツに入るちょっと前に給油したからあと60kmくらい走れるがめっちゃ不安だった。ベルリンまで120kmくらいだからこれは足りない。自分の中で推測をたてるとこの道は本当に自動車専用道路だから道路沿いにはガソリンスタンドがないと思い、どこかで降りてガソリンスタンドを探すことにした。進んでも本当に何もないので近くで高速からおりて看板だけを頼りに近くの街に行く。そしたら可愛らしい村についたのでバイクを止めてネットでガソリンスタンドでを検索しようとしたら、なんとポーランド国外だからSIMカードが使えなかった。まぁ当たり前といえばそうなのだが、何もできない。そしてこれは僕のタブレットだけかもしれないが、Google Mapの位置表示もしてくれなかった。なのでドイツの中のどこにいるかも全く分からなかった。人の気配もないし、まぁちょっと走ればどっかにあるっしょと思いとにっかく走った。いくつか小さな可愛らしい街はあるが全然ガソリンスタンドがない「みんなどこでガソリンを入れているんや!」とヘルメットの中でツッコミながら進むとそこそこ大きな街が見えた。Milmersdorf(ミルマース ドルフ)という街だ。とりあえず大きな信号を曲がりウロウロしてみるがガソリンスタンドがない。。。道を引き返して戻っている時に悲劇は起きた!30km/hで大きな信号に差し掛かったら急に信号が青から黄色に変わった。僕はいつもならギヤを下げてエンジンブレーキをかけながら右手右足のブレーキを使って減速するのだが、その時は普通のブレーキしか使わなかったのでタイヤがロックしていまし転びそうになった。転倒しなかったのはいいものの、驚きすぎてクラッチを握り忘れたせいでバイクが進んでしまいそのまま赤信号を横切ってしまった。幸いにも横の車線の車はみんな止まっていてくれたので助かった。雨の日のバイクは本当に危険だ。ガソリンの話に戻るが、どうやらこの街にもガソスタがないので看板が示す次の街 Templin(テンプリーン)を目指す。10kmくらいで到着した。先程よりも大きな街なので少し進んでやっとのことでガソスタを見つけた。初めてのドイツのガソリンスタンドだから少し緊張したがポーランドと同じシステムでノズルを取ると自動でガソリンが出る。給油し終わったらお店の中に行ってお金を払うシステムだ。確か1Lで1.2ユーロだからポーランドとそんなに変わらない。ってか日本の方が安いことに驚く。今の日本のガソリンはいくらなんだろうか。僕が日本を出た去年の12月くらいは100円を切っていた気がする。さぁ、テンプリーンに命を救われた僕はついにベルリンへと向かう。山のどの道を行っても「Berlin →」という看板を見つけた。そうとう大きな都市なのだろうと思い進んでいく。スムーズにベルリンの入り口に差し掛かるとマクドナルドを見つけた。

ちょっと高いよね。。。(笑)

ちょっと高いよね。。。(笑)

う夕方の6時なのでそろそろ今日の宿を取らなければならないし、まずネットを使って今の位置とかポーランドへの帰り方を探さなければならない。マックに入るとポーランドと同じでタッチパネルで注文できるシステムだった。僕はこれが本当に好きだ笑。メニューを見てみると2 for Uという160円くらいのセットはなかった。しぶしぶ1200円くらいのセットを頼んだ。ちょっといいバーガーとジュースをポテトでこの値段だ。。。問題はネットだが、ドイツのマクドナルドのネットは使う放題じゃないようだ、Wifiをつなげると3時間のリミットが始まる。まぁ基本的にマックでそんなに使うことはないのだが、ポーランドと違うな~と感じた。今日はベルリンに宿泊を考えたが調べてみるとドミトリーでも2000円くらいする。この値段だとポーランドではシングルルームに泊まれる。色々考えた結果、できるだけ進んでおきたいし今日はポーランドに戻ってGorzow Wielkopolski(ゴジュフ ヴィエル コポルスキ) という街のホテルを予約した。70zlだった。せっかくベルリンに来たので壁でも見ようと思ったが、なんか博物館になっているようでバイクで近づけない感じだったのでパス。ちょいと調べると「ブランデンブルク門」という有名な門があったので、これならバイクでも近づけるぜという事で行くことに!

回は4Kモードで動画を撮ってみた!ベルリンは今まで来た街の中で一番都会だった!そして自転車が多い!30分くらいで門の広場についた。人が多すぎてあまり中心地に行きたくなかったのでセルフィースティックで写真だけ撮って退散(笑)。なかなか良い経験ができた。

人が多い~

人が多い~

さぁここからポーランドに帰るのだが、ルートが少し複雑だ。来た道を戻って途中で東に進むのだが、どうしてもドイツの街の名前が頭に入らないフランクフルトだけわかるのだが、そこまでは行く必要はない笑。めっちゃ迷いながらも何とか進んでいくとキレイな夕焼けを見ることができた。迷っててもよかったと思える瞬間だ。そんなそんなで日が沈んでもどんどん進む。基本的に[1]という国道1号線的な道を進んでいて、この道は田舎の道だった。なのでガンガン飛ばしていく。夜になると虫が現れてガンガン当たってくる。今日の宿は0時までチェックイン可能だったので本当に助かった。予定では10時に着くと思ったがやっぱり大幅に遅れて11時に着いた。ヘトヘトでホテルに着いたら、ホテルの予約システムのミスで安い部屋がもうなうようだ。だから同じ値段でちょっといい部屋に泊まることができた!シャワーを浴びてカメラとかを充電して日記を書いてすぐに寝た。

今夜の宿は最高だった!

今夜の宿は最高だった!

バイク旅シリーズ!
バイクでポーランド一周した!1日目 (グダニスク)
バイクでポーランド一周した!2日目 (ソポト・グディニャ・コシャリン)
バイクでポーランド一周した!3日目 (シュチェチィン・ベルリン)
バイクでポーランド一周した!4日目 (世界一のキリスト像・ジェロナグラ)
バイクでポーランド一周した!5日目 (バイク故障)
バイクでポーランド一周した!6日目 (マルボルク・マズーレ・リトアニア)
バイクでポーランド一周した!7日目 (リトアニア国境・ワルシャワ)
バイクでポーランド一周した!8日目 (カジミエシュ ドルニ・ジェシュフ)
バイクでポーランド一周した!9日目 (ザリピエ・ビエルスコ ビャワ)
バイクでポーランド一周した!最終日 (オルシュティン・グダニスク)

コメントはこちらに Leave a comment

メールアドレスは公開されません Your email address will not be published.


*


CAPTCHA