バイクでポーランド一周した!5日目 (バイク故障)

(現在)
バイクでポーランド一周

はよう!今日は朝から最高の天気なので目覚めも最高だ!昨日言っていたChocianowの街をカメラに収めたかったので朝一で街の写真を撮りに行く。

Chocianow

Chocianow

日は曇っていたので色の綺麗さがわからなかったが、今日は晴れなので最高にキレイな街だと言うことがわかった!アクションカメラを片手に、街をグルっと一周!と言ってもワルシャワの旧市街の広場くらいしかないのですぐに一周できる。「あ~この街で仕事があればここに住みたいな~」とかブツブツ言いながら歩く。ホテルに戻って朝シャワーを浴びてささっと荷物をまとめて出発。街の写真をとったらここに長居は無用だ。毎日僕の頭を悩ませるのはこのバイクのことだ。「今回はエンジンかかるかな、どうかな。。。。」という無駄な思考が働く。まぁ今朝の感じだと完全にセルは無理だろうと思った。昨日最後にあがっているし、そこから充電もできていないだろうということでとりあえずセルスイッチを押すも、「カチカチカチカチ」というだけ。はいはいそうだよね~と思い、押しがけをすることに!そこのホステルは奥に大きな駐車場があって地面がコンクリートなのでここですることにした。地面が滑ってしまうと押しがけはできない。なんかもう押しがけマスターになっていて、この時は一発でかかった!!アメリカンのバイクを押して速度をつけるのはそこそこ疲れるからすぐにかかってよかった。バイクで今日の最初の目的地であるWrocław(ヴロツワフ) を目指す。この時点で僕の頭の中はバイクのことでいっぱいだった。普通なら旅のこととか動画のこととかでワクワクすべきだが、次止まる時はどうしようとかを考えてしまう。と、思っていたら昨日ガソリンを入れるのを忘れていたのですぐに入れなければならなかった。しゃあないので一番近いガソリンスタンド(SHELL)でガソリンを入れる。さぁ問題のセルだが、、、またかからない。はぁ、また押しがけかよ、、、ということでガソリンスタンドの奥にバイクを持って行き押しがけをする。が、、、、この時は全然かからなかった。アメリカンバイクを5回くらい押していると体力をかなり使う。ましてやバイクスークだから一瞬で汗だくになる。ジャケットを脱いでヘルメットをはずし、挑戦してもダメだ。ちょっと休憩しては押してを繰り返していたら、15回目くらいでかかった。やっとだ~~と思ってバイクスタンドを下ろしたらエンジン止まってしまった。ミスった、、、ニュートラルにしてからスタンドを下ろさないとエンジンは止まってしまうのだ。せっかくのチャンスを無駄にしてしまったが、またやるしかないということで次やったらすぐにかかった。今度はちゃんとニュートラルにしてからスタンド下ろす。ゼエゼエ言いながらジャケット着て、ヘルメットをして出発をする。もうこの時点でバイク屋にメッセージを送ろうと思ったが、送ったところで遠すぎるので行けるとこまで押しがけをするしかないと思った。一旦エンジンがかかってしまえば、わりと元気に動いてくれる。なので乗ってしまえば楽しくなってくる。そんな感じで道を運転していたら時々エンジンの吹き抜けが悪くなるのを感じた。ガソリンはあるしそんなに気にならない程度だったので普通に坂を下っていると急にエンジンが停止した。下り坂の途中だったので急いでクラッチを握りスルスルと下って行き、ちょうど下に車を寄せれる場所があったのでそこにバイクを止める。バイクを見てみると、ついにニュートラルメーターのランプすら点灯しなくなっていた。セルを押しても音すらしない状況なのでバイク屋にメッセージを送る。「走行途中にバイクが止まって、ついにニュートラルランプすらつかなくなった。」と送った。そしたらどうやら別のバイクを持ってきてくれるような感じになったが、僕の今いるアドレスを送ったら遠すぎるとのこと(笑)たしかに今はブロツワフら辺にいるからかなり遠い。バイクに電気自体通ってないので押しがけも無理と判断して店の連絡を待っていると「近くのバイク屋で直すのはどう?」と返ってきた。よくよく場所を調べたらここはLubin(ルビン)というまぁまぁ栄えている街の端っこだった。バイク屋までは歩いて30分くらいの場所にあるのでバイクを押していくことに。つくづつ本当に僕はついていると感じる。だいたいバイクが止まる場所は街の中など人がいるとこらだ、今回も街の中なのでどうにかなる。これが山奥とか田んぼのど真ん中だったらどうにもならなかっただろう。重いバイクを押して歩いていると途中に道路工事があった。最短距離も場所がなっていたので大回りをしなければならなかった。トボトボ歩いて地図でバイク屋を確認するとバイク屋が線路の向こうにあることがわかった。このアメリカンを押して橋を登るのか。。。と思い。広場を見つけたのでもう一度押しがけを試してみる。実はこの時ニュートラルランプが点灯するようになってたので行けると思った。やってみたらここでは一発でかかった(笑) バイクに乗り、線路を超えてやるぜ!と意気込んで行ってみたらそこは橋ではなくて線路だった。なのでバイクを押してでも全然行けた。まぁエンジンがかかったことはよかったのでそのままバイク屋まで行く。10時オープンでその前に着いたのでちょっと待機して、10時になったらスタッフに声をかけてバイクをチェックして欲しいとお願いをした。誰も英語ができないようなのでとりあえずバッテリーということを伝えた。スタッフがエンジンをかけようとするとかからないのでとりあえずガレージに持って行ってくれてバッテリーを充電し始めた。僕的には充電したところで今はかかるけどまたダメになるだろうと思ったが、説明のしようがないのでとりあえずスタッフにまかせてみることにした。充電をして電圧も大丈夫ということでセルを回すエンジンはかかる。「それはわかってるねん!」と思いながらもこれが限界だな~と思い値段を聞くと「Nic」と言ってくれた。ニッツはnothingという意味なので何もいらないよとここと。いやぁ、こういうのは本当に嬉しいよね。なんか本当に。。。

ビラーゴが完全に故障

ビラーゴが完全に故障

ンジンがかかって、何回かセルが使えそうなので大きな決断をして、今日中にグダニスクまでもどる事にした。言ってしまえばポーランドの南から北まで行くことになる。が、もうこのバイクに乗りたくないのでこれしか選択がない。バイクを持っていく分で12時間くらい延長できればいいや~と思い。グダニスクを目指す。400キロくらいあるのでそう簡単ではない。看板を頼りに少しずつ近づいていく。ポズナン、レシュノなどを通過していく。ポズナンとかは少し寄って見ていきたい街だがそんな場合ではない。旧市街にバイクを止めて、押しがけをしようものならめっちゃガン見されてしまう(笑)それは別にいいのだが、僕はあまり観光地とかに興味はなくてバイクに乗っていることが好きだ。今日はグダニスクまで戻るというなんとも言えない気分だったのでヘルメットの中で歌を歌いまくった。そんなこんなでトルンに着いたバイク屋にメッセージをして「バイクを交換しに帰る」と言ってひたすら進む。バイク旅をしてから初めて今日は雨が降らなかった。

 

ダニスクに急ぐあまりに、ずっと真っ直ぐ走ってたらなんと有料道路に入ってしまった!いわゆる高速道路だ!「A2」とかAのついているのは高速道路の印らしく今までは「A2」「E53」とかのセットだったのでお金はかからなかったが今回は普通に高速道路に入ってしまった。入り口は日本と同じでチケットを取るだけだった。高速道路の値段がわからないのでとりあえず一区間だけ走ってみる。高速道路とは言うものの、普通の自動車道と速度は変わらない。そして出口が見えたのでそこでおりてみると、日本と同じように係の人がいるのでチケットを渡す。そうするとわかりやすいように金額がパネルに表示されるのでそれを払う。ってか今回は何と2.90zlだった。めっちゃ安いやん!この時ももちろんエンジンはONの状態だ。実はトルンまではセルが使えたから、このままバイク屋まで行ければOKと思ってバイクを走らせる。しかしどうしてもあと一回給油しなければならなくなったので最後のガソリンスタンドに寄る。あと少しで着く所なので満タンにはせず、5Lだけ入れて出発しようとしたら「カチカチカチカチ。。。。」まじかよ~、あと一回かかってくれればいいのに!!!と思い、押しがけを始める。こういう時に限ってエンジンがかかってくれない。今朝にガソリンスタンドで中々かからなかった時くらいかからない。何度も押していたら雨が降ってきた。そんなこと気にしてもしゃあないから押しがけを何度もやるがかからない。そしたら、一人のポーランド人のお兄ちゃんが手伝ってくれると言ってきた。本当にポーランド人は優しいな~と思う。お兄ちゃんのおかげでやっとのことでエンジンが点いた。Dzienkuje bardzo! と握手をして僕は出発した。あと50kmもってくれればOKだ!そしたらバイク屋まであと40kmのところでまたノッキングが始まり、バイクが止まってしまった。クラッチを握りそのままバス停までスルスルと行って停止した。もうダメが、押しがけをするスペースがないしもう疲れたのでバイク屋にメッセージしたら違うバイクをもって着てくれるとのこと。40分後くらいにバイク屋のスタッフがきた。彼は本当に良い人で、「色んなトラブルがあって本当にごめんね。前の人から君に渡す時に十分にチェックしなかったからこうなってしまったよ。本当にこっちのミスだ。。」とめちゃくちゃ謝ってくれた。まぁ僕はバイクでここまでこれて楽しかったからいいけど(笑) ということで新しいバイクYamaha XJ600S を手に入れた。荷台がないのでバックパックを背負って乗ることに。このバイクも一つちいさな問題があって、ライトがハイビームしかならない。ポーランドでは24時間点灯義務なので対向車には申し訳ないが点けさせてもらう。バイク屋を待つ間にグダニスクからちょっと南に離れた街で宿をとった。しかし、田舎にありすぎて全然場所がわからない。何度もとまって地図を見て、全然わからないので違う名前のホテルっぽい場所で「ここってどこですか?」と聞いたら、「ここがその場所だよ。」と言ってくれた。おおおおお~やっと着いた~ということでそこのおばちゃんというかお母さんが部屋まで案内してくれた。庭を通って外から部屋に入るのだが、ホテルというよりも自宅の部屋を貸出している感じだ。ここは1300円くらいなのだが、信じられないくらい豪華な部屋だった。まず広いし、キッチン・トイレもついている。これで1300円ならここに住んでしまおうかとも思った(笑) すぐにシャワーを浴びで日記を書いて明日に備えて眠る。そう言えば昨日の時点ではチェコに行く予定だったけど行けなかった。キャンセルは無料でできたので大丈夫だった。明日は無事にマルボック城が見れればいいと思う。

This photo is taken by AllWinner's v3-sdv

また泊まりたい部屋No.1

バイク旅シリーズ!
バイクでポーランド一周した!1日目 (グダニスク)
バイクでポーランド一周した!2日目 (ソポト・グディニャ・コシャリン)
バイクでポーランド一周した!3日目 (シュチェチィン・ベルリン)
バイクでポーランド一周した!4日目 (世界一のキリスト像・ジェロナグラ)
バイクでポーランド一周した!5日目 (バイク故障)
バイクでポーランド一周した!6日目 (マルボルク・マズーレ・リトアニア)
バイクでポーランド一周した!7日目 (リトアニア国境・ワルシャワ)
バイクでポーランド一周した!8日目 (カジミエシュ ドルニ・ジェシュフ)
バイクでポーランド一周した!9日目 (ザリピエ・ビエルスコ ビャワ)
バイクでポーランド一周した!最終日 (オルシュティン・グダニスク)

コメントはこちらに Leave a comment

メールアドレスは公開されません Your email address will not be published.


*


CAPTCHA