イギリス



フォートラングレー

[amazonjs asin=”4478046131″ locale=”JP” title=”A02 地球の歩き方 イギリス 2014~2015″][amazonjs asin=”4140883545″ locale=”JP” title=”「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)”]

[ad#text2]

イギリス

▼首都▼ ロンドン
▼主要都市▼  バーミンガム、マンチェスター 、リバプール、ヨーク 、エディンバラ 、カーディフ 
▼主な国際空港   ロンドン・ヒースロー空港、ロンドン・ガトウィック空港、ロンドン・スタンステッド空港、ロンドン・ルートン空港、ロンドン・シティ空港、マンチェスター空港、リバプール・ジョン・レノン空港、リーズ・ブラッドフォード国際空港、バーミンガム国際空港、、、
▼行き方▼  
【列車】パリ北駅(フランス)やブリュッセル(ベルギー)からユーロスターと呼ばれる高速鉄道がロンドン・セントパンクラス駅まで乗り入れている。入国審査は駅で行われるが簡素です。
【バス】大型長距離バスはフランスとベネルクスから英国を訪問する最も安価な方法である。ユーローライン (Eurolines) はパリ、アムステルダムとブリュッセルからロンドンのヴィクトリア駅 (Victoria coach station) まで毎日運行している。夜行大型長距離バスと限定された昼間大型長距離バスは、英国とアイルランド間を毎日運行している。接続は、ユーローラインの乗車券を購入する時、ほとんどの目的地行きの乗車券を安く購入できる、英国国内のナショナルエキスプレス大型長距離バス網を経由してイギリスのほとんどの場所へ行く事が可能である。所要時間は8時間から14時間である。
【飛行機】直行便あり。
▼隣接国▼  島国
▼言語 英語
▼英語 イギリスは英語圏なのでバリバリ通じます。
▼両替▼ できれば、両替は日本で行った方が良いです。レートが良いことと、日本語が通じるためです。もし、イギリス国内で両替する必要がある場合は、銀行や郵便局などの金融機関、または両替商を利用します。大抵の場合、大きな駅の構内や観光スポット周辺には必ず1、2軒の両替商があるので、困る事はありません。空港はレートが悪いです。
▼通貨レート  1UKポンド = 170.5 円

▼物価▼ イギリスの物価は高いと言われています。よく言われるのが1ポンドが100円だったら日本と同じくらいと言われています。実際は1ポンド170円なので東京の1.7倍高いイメージです。
▼安宿 料金はエリアによって大きく変わりますが、安いところだと10ポンド~から泊まれるところもあります。
▼水 イギリスの水道水は飲んでも問題ないとされています。しかし、硬水なので気になる方はミネラルウォーターを買いましょう!
▼チップ レストランやタクシーは10%。ポーター1ポンド。ルームサービス1ポンド。ファーストフードは不要です。
▼治安 イギリスは、他のヨーロッパ諸国に比べれば、比較的治安のいい国だと言われています。常識的な範囲で行動していれば、旅行者が凶悪犯罪に巻き込まれる心配は、ほとんどありません。ATMの盗難にも気をつけましょう!
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 74位
▼ビザ 短期滞在⇒6か月を超えない滞在のことです。短期滞在では事前に査証を取得する必要はありません
▼大使館▼  No 1 Ichiban-cho, Chiyoda-ku, Tokyo
日本 https://www.gov.uk/government/world/japan.ja
▼電圧コンセント 240VでBF型 
▼SIMフリー▼  イギリスではSIMはかなり普及しています。日本人でも使用しやすいです。参考サイト
▼Wifi  ヒースロー空港全てのターミナルで無料のWifiが使えます!イギリスではネットカフェも普及しています。
▼服装  
▼国内の移動▼  
▼国際運転免許▼  英国入国後又は居住開始後1年間は、日本の運転免許証(国際運転免許証を含む)で自動車の運転が可能です。
▼シーズン▼ 
▼時差 時間
▼病気 イギリスに行くのに予防接種は必要ありませんが、皮膚炎、インフルエンザ、花粉症、流行性脳せき髄膜炎、食中毒等に注意が必要です。なお最近、麻しん(はしか)や百日せきの流行も伝えられています。長期滞在者は、健康維持の観点から、一般的に日照時間が短い季節にも注意して、なるべく屋外で日に当たるように心掛けることをお勧めします。
▼トイレ▼  洋式・水洗タイプのトイレです。トイレットペーパーは日本の様にロールではなく、四角いティッシュを引っ張り出すタイプです。公衆トイレは有料です。ちなみにトイレではなくRestroomというので注意しましょう!
▼クレジットカード▼ イギリスはクレジットカード社会なので、細かいお会計でもクレジットカードで支払うことが普通とされています。
カードの取り扱いは自分自身になります。VISA,Masterカードに続いてAmerican Expressが使用可能です。
▼小ネタ  
▼法律・マナー▼ 電車、地下鉄、バス等の公共交通機関は、日本と異なり「乗越し精算」制度がないため、料金不足となった際は高額な罰金が科せられます。
 
[forecast location=”London,United Kingdom” caption=”イギリス” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4478046131″ locale=”JP” title=”A02 地球の歩き方 イギリス 2014~2015″][amazonjs asin=”4140883545″ locale=”JP” title=”「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)”]
 

About 旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :)

将来不安なジャパンから脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて今こんな感じ。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味で大体のことは人並み以上にできます。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)

現在はヨーロッパのリトアニアにて活動中!

座右の銘「去る者追わず 来るもの拒まず」

全部見てみる