in

スリランカ

最終更新日

[amazonjs asin=”4478045941″ locale=”JP” title=”D30 地球の歩き方 スリランカ 2014~2015″][amazonjs asin=”4795827133″ locale=”JP” title=”旅の指さし会話帳56.スリランカ (ここ以外のどこかへ!)”]

[ad#text2]

スリランカ

現在地
ルートを検索
▼スリランカの首都▼ スリジャヤワルダナプラコッテ
▼スリランカの主要都市▼  コロンボ 、キャンディ 、ポロンナルワ、ニゴンボ
▼主な国際空港  バンダラナイケ国際空港 
▼スリランカの行き方▼   
▼スリランカの隣接国▼   
▼スリランカの言語 識字率は95%以上です。 シンハラ語 タミル語
▼英語 観光地は通じます!
▼両替▼ 両替でホテルはレートが悪いので、空港で少し換金して町の銀行で換金するか、ショッピングセンターなどに換金場所があります。
▼スリランカの通貨レート  1 円 = 1.3 スリランカ・ルピー   (05/08)
▼スリランカの物価▼ 物価はかなり安いですが、日本人と見ると高めに言って来るので値切る交渉も必要です。日本人が行くようなところは高い可能性があります。
▼スリランカの安宿 参考サイト⇒http://sekatyoku.blog46.fc2.com/blog-entry-538.html
▼スリランカの水 スリランカでは衛生的にミネラルウォーターを買いましょう!
▼チップ チップはお世話になった人にはあげましょう。
▼スリランカの治安 スリランカは気ににするほど危険ではないです
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 
▼ビザ 30日以内の観光なら不要だが、出国の航空券が必要。陸路入国15日以内なら不要。パスポートの残存期間は6ヶ月以上。
▼スリランカの大使館▼  住所: 〒108-0074 東京都港区高輪2丁目1-54
電話: 03-3440-6911、03-3440-69121  http://www.lankaembassy.jp/
▼電圧コンセント 230V~240VでB型、B3型 
▼SIMフリー▼  24時間ネットつなぎ放題で500円弱。参考サイト⇒http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-146.html
▼スリランカのWifi  空港内ではいくつかのWi-fiアクセスポイントが見つかります。DialogやZTEなどが使えるようです。
しかしDialogなどはプリペイドカードを購入する必要があり、IDを入力すると利用可能になります。
▼服装  
▼国内の移動▼  スリーウィーラー(トゥクトゥクとも呼ばれる。通常は値段を交渉してから搭乗するが、2011年現在、特にコロンボ市内及び周辺では、メーター付の3ウィラーも増えつつある。)コロンボ市内ならば
およそRs150からRs300くらいでほとんどのところへは行ける
メータータクシー(バジェットレンタカーなど)
ホテルタクシー
運転手つきレンタカー
バス(コロンボ市内)
バス(長距離)
列車 参考サイト⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%BA%A4%E9%80%9A
▼スリランカの国際運転免許▼  国際運転免許が使用できます
▼スリランカのシーズン▼ 
▼時差 3時間30分
▼スリランカの病気 (1)一般的な病気等への対処法
高温多湿のため,あせも・かぶれ・湿疹等原因不明のアレルギー性皮膚炎にかかりやすくなります。頻繁にシャワー,着替え,ダニ対策のための絨毯掃除,寝具交換等を心掛ける必要があります。
(2)注意が必要な感染症
スリランカでは,蚊の媒介による感染症として,デング熱・チクングニヤ熱・日本脳炎・フィラリア・マラリア等があります。特にデング熱,チクングニヤ熱は都市を含めて全土で流行しており,大きな社会問題となっています。まれに致死率の高いデング出血熱(出血傾向,循環障害)となることもあり,免疫力の低下している人は注意が必要です。3日以上高熱が続く場合は,医療機関にて血液検査を受けることをお勧めします。血清抗体検査は,アシリ病院,ナワロカ病院等で可能です。発熱時は出血傾向を助長する可能性のあるアスピリンは使用せず,パナドール(アセトアミノフェン)の使用が勧められますが,基本的に特効薬はありません。
これら蚊の媒介による熱帯病は,蚊に刺されないことが予防の最大のポイントですが,日本脳炎はワクチンによる予防が可能です。また,フィラリアには経口治療薬があります。いずれの病気も感染のおそれがある場合は,早めに医療機関を受診して血液検査を受けるようにしてください。
また、経口感染症として,腸チフス,赤痢,A型肝炎,下痢性感染症等があります。飲料水はペットボトルを利用し,食事もよく加熱したものを食べるよう心掛けてください。また手洗い(特に食事前)を励行しましょう。家庭内の使用人等にも手の消毒を徹底してもらう等の衛生教育が必要な場合があります。
その他に狂犬病があります。野良犬はあちこちにいます。犬のほか,猫,リスなどに咬まれた場合は速やかに医療機関でワクチン接種等の治療を受ける必要があります。また,有害動物として毒ヘビ・サソリ・ムカデ等もいるので動物にむやみに触れないようにし,現地の人から情報を得るようにしてください。
(3)予防接種
通常スリランカに長期滞在する場合,破傷風・A型肝炎・B型肝炎を,さらに住む地域によっては狂犬病,日本脳炎等のワクチンの渡航前接種をお勧めします。現地入り後は腸チフス・ワクチンの接種もお勧めします。
▼スリランカのトイレ▼ 紙はないことが多いです。お客さんをもつサービスのところはおおむねトイレットペーパーも備えていたりします。
▼クレジットカード▼ VISA、MASTER、アメリカンエキスプレスはすべてOKですが、JCBは使えないお店が多いです。
▼スリランカの小ネタ  シリマヴォ・バンダラナイケは世界初の女性首相。非常に蚊が多い。世界で57番目に人口が多い国
▼スリランカの法律・マナー▼ 
 
[forecast location=”Sri Jayawardenepura KotteSri Lanka” caption=”スリジャヤワルダナプラコッテ” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4478045941″ locale=”JP” title=”D30 地球の歩き方 スリランカ 2014~2015″][amazonjs asin=”4795827133″ locale=”JP” title=”旅の指さし会話帳56.スリランカ (ここ以外のどこかへ!)”]

パキスタン

アラブ首長国連邦