in

八木キャンプ場で1泊2日のキャンプをしてきました! [夢の吊り橋・茶名館]

最終更新日

こんにちは!実は先日、久しぶりにキャンプをしてきました 🙂 ヨーロッパや南米にいた時はできなかったので、最後にカナダでキャンプして以来のキャンプでした!  キャンプ以外にも観光をしてきたので、まとめてご紹介しようと思います。

八木キャンプ場

今回僕らが行ったのは静岡県榛原郡川根の八木キャンプ場という場所に行きました。

ここを選んだ理由は

  • 愛知県から近い
  • 夢の吊り橋から近い
  • 値段がお手頃
  • トイレが綺麗

ということだったのでここに行ってみることにしました!あとから書きますが有名な観光地である夢の吊り橋という場所からも近かったのも理由の一つです 🙂 

八木キャンプ場

所在地: 〒428-0412 静岡県榛原郡川根本町奥泉761−2

電話予約(川根本町まちづくり観光協会):TEL 0547-59-2746

http://www.okuooi.gr.jp/wordpress/camp/camp_yagi/

現在地
ルートを検索

 

まずは茶名館へ!

愛知からそのままキャンプ場へ直行してしまってもつまらないので、途中にある「道の駅フォーレなかかわね茶茗舘」という場所へ行きました!

ご存知の通り、静岡はお茶の名産地なのでそのお茶に関する施設です!ここでは300円で新茶を入れる体験ができるということで、それを体験してみました 🙂 

道の駅フォーレなかかわね茶茗舘

↑こちらが正面入口です!大きく「茶」って書いてあるのは印象的ですね!

道の駅フォーレなかかわね茶茗舘

↑子供が喜びそうなやつを進んでやってみる27歳。

道の駅フォーレなかかわね茶茗舘

↑そしてこれがお茶体験セットです。新茶を4回ほど飲むことができ、お茶菓子もついてきます!

道の駅フォーレなかかわね茶茗舘

↑お湯を入れるタイミングなどでお茶の味が変化することを楽しむことができました 🙂 

 

道の駅フォーレなかかわね茶茗舘

所在地: 〒428-0312 静岡県榛原郡川根本町水川71−1

電話: 0547-56-2100

http://www.okuooi.gr.jp/wordpress/chameikan/

現在地
ルートを検索

 

そして八木キャンプ場に到着!

道はそこまで複雑ではないので道なりに進んでいくと八木キャンプ場に到着しました!だいたい昼過ぎには到着することができました!

僕らは予め予約しておいたので、まずは車を停めて管理棟に行き、チェックインをしました!GWの最終日に行ったのですが、受付のおじちゃんが言うにはGWはめちゃめちゃ混んでいたようですが、僕らは最終日だったのでガラガラでした!

僕らは持込テントだったので

持込テント 1200円

タープ 500円

入場料 300円x2人

駐車代 300円

ということで大人2人で2600円でした! 🙂 この設備のあるキャンプ場にしては割とお得な値段で泊まることができました!炊事場、シャワーありで、トイレは綺麗です!

八木キャンプ場 レビュー

↑今回持っていったのは僕の小型テントと、実家にあったタープテントです!管理棟で宿泊許可の札をもらえるのでテントの見える場所にかけておきましょう!今回僕らの番号は「32」でした!ちなみにここのキャンプ場は直火OKでしたら、BBQコンロを持って行きました!

八木キャンプ場 レビュー

↑睡眠用のテントの中はこんな感じ。ここのキャンプ場は下が砂利なので何も敷かないと結構キツイです。今回はジョイントマットを持ってきたのですが、これが大当たり! 🙂 地面のゴツゴツが全く気にならずゴロゴロできました!

八木キャンプ場 レビュー

↑タープテントの方は、BBQ用のセットをまとめる場所として使用しました!実は夜には雨が降ってきて、最終的にはこの中に睡眠用のテントを入れて雨をしのぐ形になりましたが、、、笑

八木キャンプ場 レビュー

↑久しぶりのBBQ!飯盒で上手に米を炊くことができました!

ちなみにですが、この日は本当にガラガラで宿泊者はボクらを含めて2組しかいませんでした。なので場所を気にせずにテントや車を置くことができました!

吊り橋を攻める!

キャンプ場から夢の吊り橋へは車で行く必要がありますが、実はキャンプ場の近くに「八木の吊橋」という吊り橋があったので行ってきました!

八木の吊橋

個人的にはこの吊り橋も夢の吊り橋に劣らず、名所だと思いました!吊り橋には定員数があるので乗る人数に注意してください!

八木の吊橋

足場はこんな感じです!結構揺れるので小さいお子さんには怖すぎるかも、、、

 

夜は時之栖もりのくに温泉へ!

キャンプでワイワイした後は近所の温泉に行きました!管理人さんからキャンプ場から温泉までの抜け道を教えてもらい、歩いて温泉まで行くことができました 🙂 

「時之栖もりのくに」という温泉があり、キャンプ場に宿泊すると割引券をもらえるので通常より安く入ることができました 🙂 

時之栖もりのくに

一つ注意なのが、暗くなるまで温泉に入っていると帰り道がマジで真っ暗です笑 街頭は一つもないのでランタンなどの明かりが必須になります。また、キャンプ場は森の中ですので夜は野生動物もいる恐れがあるので暗くなってからは注意しましょう!

時之栖もりのくに

〒428-0412 静岡県榛原郡川根本町奥泉840−1

http://www.tokinosumika.com/morinokuni/morinoizumi/index.html

現在地
ルートを検索

 

さぁ!夢の吊り橋へ!

2日目はキャンプ場をチェックアウトして夢の吊り橋に向かいました!ネットで調べていたら道が細すぎて行くのが難しいと書いてありましたが、そこまで細い道はありませんでした。途中道が細くなって一台しか通れない場所があるので、ちゃんと対向車と譲り合って行くようにしましょう 🙂

↑看板に従って進むとこのカモシカが見える広場まで行くことができます。車で行けるのはここまでなので、この近くの駐車場に車を停めて歩いていきましょう!

駐車場から夢の吊り橋まではそこそこ距離があります。所々に看板があるので迷うことはないと思います!

↑そしてずーーーっと歩いて行くと「夢の吊り橋」に到着しました!!さきほど紹介した八木の吊り橋よりも長いです!

ここの吊り橋の定員は10名なので一気に乗らないようにしましょう!吊り橋は結構揺れるので時間をかけて景色を楽しみながら渡りましょう。

吊り橋を渡った後のルートは2つあります。1つは吊り橋を逆戻りして帰る方法、もうひとつは吊り橋を渡ったあとにそのまま進んでいくルートです。今回僕らはそのまま進んで行くルートを選び、山の上の方まで進みました。時間はかかりましたが、上から夢の吊り橋を見れたり、綺麗な景色を見ることができました。 🙂 

またまた温泉!

夢の吊り橋まで結構歩くので、戻ってきたら温泉に入りたくなると思います。そんな時は駐車場の近くにある「町営露天風呂 美女づくりの湯」がおすすめです!「美女」と書いてありますが、もちろん男性も入浴可能です笑

↑ほったて小屋のような見た目ですが、れっきとした温泉です。お値段は安くて、400円で入浴することができます。お風呂はシンプルで1つしかありませんが、硫化水素系・単純硫黄泉ということでお肌がスベスベになりました!

町営露天風呂 美女づくりの湯

〒428-0411 静岡県榛原郡川根本町千頭368−3

http://sumatakyo-spa.com/spa/index.html

現在地
ルートを検索

 

そして帰路

夢の吊り橋からは愛知県に直行しました。キャンプ中に雨が降ったりしましたが、GW最後にリラックスした時間を過ごすことができました! 🙂  愛知県にお住いの方で、キャンプを楽しみたい方は八木キャンプ場は本当にオススメです!近すぎず遠すぎず自然を満喫することができました!僕らは帰る時に気付いたのですが、実はキャンプ場にはみんな大好きのFree Wifiが飛んでいてネットを使うことができました :) こんな感じでとても便利なキャンプ場なのでまた行こうと思います!みなさんも是非!

最高の愛車「ヤマハ XT250X」のレビュー・インプレ

Amazonで購入した LIMEY バイク用 LEDヘッドライトを取り付けてみた YAMAHA XT250X