各国情報

リヒテンシュタイン

最終更新日

[amazonjs asin=”4261072319″ locale=”JP” title=”ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」”][amazonjs asin=”489610658X” locale=”JP” title=”リヒテンシュタイン物語”]

[ad#text2]

リヒテンシュタイン

▼首都▼ ファドゥーツ
▼主要都市▼ シャーン 、トリーゼン
▼主な国際空港   空港がない国。最寄の国際空港はスイスのザンクト・ガレン=アルテンハイン空港とドイツのフリードリヒスハーフェン空港。最寄りの主要空港は、スイスのチューリッヒ空港です。
▼行き方▼  リヒテンシュタインには空港がないので隣国から陸路での入国になります。スイス領内からはスイス国鉄+バスの利用がスムーズ。チューリッヒ中央駅とクールを結ぶ幹線にあるザルガンス(Sargans)からリヒテンシュタイン・バス11番がファドゥーツ、シャーンの市街地を通り再びスイス領内のブックス(Buchs)まで運行しています。ザルガンス駅からファドゥーツ中心部までは約30分程度、ブックスSG駅からは約25分となっています。途中ライン川を渡るときに国境を越えますが、出入国・税関検査はありません。また、リヒテンシュタイン領内には鉄道駅が4つがありますが、オーストリア国鉄管轄の駅でブックスSG駅とフェルトキルヒ(Feldkirch)を結ぶ路線ですが、完全にローカル線で1日に数本しか停車しないので、旅行に使うには実用的ではありません。参考サイト レンタカーでも可能です。
▼隣接国▼ スイスとオーストリア
▼言語 ドイツ語
▼英語 基本的にはドイツ語ですが、観光地などでは比較的に英語は通じるので問題ないです。
▼両替▼ 通常はスイスから入国するので、スイスに入国したとき、又は宿泊したときに、空港、銀行、駅、ホテルなど各所で、円、ドル、ユーロからスイスフランに両替しておきます。また、駅の両替所は24時間、休日でも営業しているので便利です。
ユーロは現金で使用できます。最近は日本円でも支払えるところが増えてきました。
▼通貨レート  1スイス・フラン = 113.8 円

▼物価▼ 世界一物価が高い国の一つ。 ビックマクセット1200円。コーラ120円。卵6個約500円
▼安宿 約3000円で泊まれればいいほうです。
▼水 水道水を飲むことができますが、ミネラルウォーターを買うのが無難です!
▼チップ 基本的に不要です。
▼治安 治安の良い国として知られていますが、工業、商業及びサービス業の発展に伴い外国からの移住者が増え、一般犯罪は増加傾向にあります。
[ad#text2]
▼地球幸福度▼ 
▼ビザ▼ 日本とリヒテンシュタインとの間には、スイスに準じた査証免除取極が締結されているため、観光などを目的とした90日以内の滞在については、査証の取得は不要です。
▼大使館▼  http://www.mfa.gov.hu/kulkepviselet/JP/jp/
▼電圧コンセント 220VでC型
▼SIMフリー▼  
▼Wifi  ホテルや宿にWi-fiがあるところもあります。また、カフェやファーストフード店にはWi-Fi環境が整っている所もあります。市内にはインターネットカフェがあるようですが、そこまで数は多くないようです。店舗によっては日本語対応しているようなので、使用前に店舗に確認をした方が良いでしょう。
▼服装  
▼国内の移動▼  国内の主要な交通は路線バスであり、各所を結ぶ路線が頻繁に運転されている。黄色い車体のリヒテンシュタインバスをよく目にすることができる。主なバス停は郵便局の前であることが多い。バスはライン川対岸のスイスの鉄道駅(ザルガンスやブックス)のほか、オーストリアのフェルトキルヒ駅への路線もある。また、ユーロで運賃を支払うこともできる。
国内を鉄道が走っており、駅が4駅ある。運行をしているのはオーストリア国鉄である。オーストリアとスイスを結ぶ国際急行列車も通るが、リヒテンシュタイン国内の駅は全て通過する。汽車みたいな形のバスが観光バス。
▼国際運転免許▼  リヒテンシュタインの交通規則は、スイスのものと同じです。スイス国内の運転が可能な条件をお持ちの方(スイスの免許証・EU圏内の運転免許証・国際免許証)であれば、この国でも運転ができます。
▼シーズン▼ 
▼時差 時間
▼病気 
▼トイレ▼  市内には無料のきれいなトイレがあります。
▼クレジットカード▼ リヒテンシュタインではクレジットカードではVISAやMASTER、EUROKARTE(オイロカルテ:ヨーロッパで普及しているクレジットカードのブランド)が、ほとんどの店・レストラン・電車の駅で使用でき便利です。ファドゥーツのおみやげ屋でのみ、JCBも使用可能なようです
▼小ネタ 世界で6番目に小さい国。「二重内陸国」の一つ。「ルパン3世カリオストロの城」のモデルになった国と言われています。リヒテンシュタインは切手が名物。、リヒテンシュタインでは冬場でも水風呂に入る習慣がある。
▼法律・マナー▼ 
 
[forecast location=”Vaduz,Liechtenstein” caption=”リヒテンシュタイン” measurement=’C’ todaylabel=”今日” datelabel=”date(‘y/m/d’)” highlow=’%%high%%°/%%low%%°’ numdays=”5″ iconset=”Incredible” class=”css_table_class” cache=”true” width=”100%”  background=”white”]
[amazonjs asin=”4261072319″ locale=”JP” title=”ミニ国家「リヒテンシュタイン侯国」”][amazonjs asin=”489610658X” locale=”JP” title=”リヒテンシュタイン物語”]
 

タグ
記事を表示する

旅人ほだ

貴重なお時間をこのブログに割いていただきありがとうございます :) 将来不安なジャパンから脱出するために色んな国で生活をしている平成生まれです。旅人と言っていますが、ただ海外にいるだけです笑。自己満足の旅よりも人助けをして生きていたいので現地の人と関われるスタイルを求めて今こんな感じ。起業家、投資家、Webデザイナー、アプリ開発者、投資家、ラジオパーソナリティ、写真家、ギタリストとかなり多趣味で大体のことは人並み以上にできます。ここ数年はネットで稼いだお金だけで生活中。誰もやらないようなことが大好物。僕の作ったアプリは世界201カ国でダウンロードされています。 あ、ブログではテンション高めですが、実際は静かな人間です :)
Back to top button
Close