in

ブータン情報 物価,治安,英語,通貨

最終更新日

ブータン

▼首都▼ ティンプー
▼主要都市▼ パロ、プナカ
▼主な国際空港   パロ空港
▼行き方▼  バンコクから入国。ドゥクエアが就航している都市・空港を経由
▼隣接国▼インド、中国
▼言語 ゾンカ語 25%ネパール語40%ツァンラカ語25%
▼英語 そこそこ通じる
▼両替▼ ブータン国内であれば容易に両替・入手することが可能です。
ブータン国内にはブータン銀行(BOB Bank of Bhutan)、ブータン国立銀行(BNB Bhutan National Bank)、ドゥクPNB銀行(Druk PNB Bank)、などの支店・カウンターが国内各地にあり、日本円・USドル・ユーロを始めとする主要通貨の両替が可能です。
▼通貨レート  1 ニュルタム = 1.7 円  (04/15)
▼物価▼ 1人1日あたり200ドルかかる。物価は安い
▼安宿 400円~ 
▼水 ミネラルウォーター 
▼チップ 不要
▼治安 世界でも有数の治安がいい国と言われているが、南部に注意情報が出ています。
[ad#text2]
▼地球幸福度▼      
▼ビザ ビザを発行してもらわない限り入国ができません。
ビザを発行してもらうには、基本的には旅行会社を通さなくてはいけません。さらに、ブータン旅行の国内での滞在費はブータン政府観光局(Department of Tourism)が定めているお1人様1泊250ドルが基本です。 人数やご旅行される月などにより割引・割増があります。
▼大使館▼
▼電圧コンセント 30Vから240VでB型、B-1型 
▼SIMフリー▼  データ通信無制限が月1500円です。ブータンテレコムというところで買えます。
▼Wifi  ネットカフェが営業している。ホテル・レストランにもWifiが普及している!
▼服装  
▼国内の移動▼  ・タクシー(軽バン)・バス
▼国際運転免許▼  
▼シーズン▼ 
▼時差 3時間←現在時刻
▼病気 日本脳炎やマラリア、高山病、狂犬病
▼トイレ▼ 
▼クレジットカード▼ トラベラーズチェックは使用可能。ティンプーではクレジットカード使用可能。
▼小ネタ  外国人観光客の入国は制限されており、バックパッカーとしての入国は原則として不可能。かならず旅行会社を通し、旅行代金として入国1日につき200米ドル以上(交通費、宿泊代、食事代、ガイド代を含む。ローシーズンは若干減額される)を前払いし、ガイドが同行する必要がある。
▼法律・マナー▼
 
 
チベットとブータン 【爆サイ】ブータンの真実 【爆サイ】中国と韓国では、 【爆サイ】ブータン国王の嫁さんがバーキン持ってたのが違和感? 【爆サイ】ブータン国王がアントニオ猪木に見えた 【爆サイ】ブータンの通過 【爆サイ】中村萌子って可愛いな 【爆サイ】天皇を笑いのネタにされたようなものだよな 【爆サイ】いいともの年末SPのモノマネで劇団ひとりがブータン 【爆サイ】ブータンに援助 【爆サイ】お前ラに猫ひろしを非難する資格はない 【爆サイ】ブータン国王に闘魂注入されたい 【爆サイ】ブータン王妃、綺麗だな 【爆サイ】知恵袋で【ブータン 猪木】と検索 【爆サイ】アントキノ猪木とブータン国王 【爆サイ】すっかりブータンがブームになりましたが 【爆サイ】ブータン人になりたい 【爆サイ】ブータンでは 【爆サイ】人は見た目か 【爆サイ】猫ひろし端から無理やン 【爆サイ】ブータン王国ってまだあんの? 【爆サイ】ブータン人って 【爆サイ】痩せたい

バングラデシュ情報 物価,治安,英語,通貨

インド情報 物価,治安,英語,通貨